お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ザ・インターネット

G
  • 字幕

高度情報化社会が持つ危険な側面を、鋭いタッチで描いたハイテク・サスペンス!

優秀なコンピューター・アナリスト、アンジェラ。インターネットを通じて、政府の機密データにからむ陰謀にアクセスした彼女は、その裏に潜む巨大な組織により、個人データを犯罪者のものとすり替えられ命を狙われる。唯一の味方だった昔の恋人までもが殺され絶体絶命のピンチを迎えた。しかし彼女はキーボードとマウスを武器に、たったひとりで戦いに挑む…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

ザ・インターネットの評価・レビュー

3.2
観た人
3396
観たい人
559
  • 3.7

    佳子さん2021/04/14 22:43

    サンドラブロック大好きです。
    この作品も当時めっちゃ面白い‼️と思いながら観ました。

    インターネットといっても95年当時は、まだGoogleすらこの世に存在していなかった。調べ物は図書館でそのジャンルの本を探したり、百科事典開いたりしてたんです。
    一般人にはガラケーすら浸透してなくて、通信手段が📟ポケベルでしたからね。
    だから、当時はめちゃくちゃカッコいい!ってなったんですけどね。最近でいうとsearchを観た時のような感動があったのです。

    この映画暗号を隠した記録媒体がUSBですらなくフロッピーデスクだったり。
    いや、もう懐かしすぎですよね。
    これから観る人は、現代との間違い探しをしながら観ると面白いかも😁😁

  • 4.5

    Knaさん2021/04/01 09:14

    映画放映時は主人公のような生活してる人の方が少なかったけど、今の時代はすごく身近にありそうな話としてみられる気がする

  • −−

    かんなさん2021/03/14 01:54

    こわっ…。というのが1番ですね。

    キャラクター設定勝ちな映画だった。
    こんな感じのキャラクター設定で物語描いたら気持ちいい作品できるだろうなぁって思った。

    20年以上も前にこんな映画見せられたら怖くてインターネット使えなくなっちゃうよね

    個人的に、これのサンドラ・ブロックが1番好きかも。他の作品よりも!

  • 2.0

    battutaさん2021/02/19 17:15

    自己にまつわるデータを消去されて、誰も自分を認識しなくなるサスペンス。
    敵が戻る前に、フロッピーへのデータコピーを完了させないといけないサスペンス。

    前者は上滑り。後者はまずまず。
    大きいサスペンスより小さいサスペンス。
    結局ネットという見えないものを映画に落とし込むことに成功してはいない。

  • −−

    もぐもぐさん2021/02/19 10:45

    かなり昔の作品で、たまたま観たのですが面白かったです!

    パソコンを使っての仕事で、人と会う事もなく過ごしていたら、自分の顔を知っている人達がいなくなっていき、自分の存在が消されそうに!?

    設定や発想が1995年に生まれたのが本当にすごいなと思いました。

    今まで、外にも出ていなかった女性が
    事件を解決しようと動くのすごいなと。
    (さすがに主人公補正ありますが)

  • 2.2

    映画は遠い過去のはなしさん2021/02/16 09:54

    ◎テーマはコンピュータ、個人情報、機密データなんだけど、やってることはご都合主義な展開が続く逃亡アクション。

  • 4.5

    keiさん2021/01/27 20:05

    ちょっと怖いですね。自分の存在を消されたら。。。うーん恐ろしい。でも開き直って新しい人生を始めるというのもありかな。

  • 3.0

    ひかげんさん2021/01/03 17:47

    『The Proposal』でのSandra Bullockの流れで、むか〜〜し見た『The Net』を鑑賞。
    昔見たときはすごくドキドキした覚えがあるけど、今見るとかなり陳腐ではある。ま、仕方ない。
    インターネットが全世界に普及し始めた時期に「コンピュータに保存されている個人情報が筒抜けになったら・・・」という不安をサスペンス仕立てで物語にした最初期の一つ。

    当時はこれが最先端だっただろうけど、物語から25年経ってさらにコンピュータへの情報依存は進んでいるし、個人情報なんてあるようなないような。

    個人的にはSandra Bullockを最初に意識した映画だと思う。『Speed』とどっちが先だったかな。
    「自分を作っているのは自分を知っている人」という点で哲学的。

    主人公の名前に「NET」が入っているのは敢えてなのだろうなやっぱり。

    U-NEXTで鑑賞。

  • 3.0

    月の狼さん2020/12/24 23:29

    現代では勿論IT技術も発達して
    この様な事態にはならないだろうが、
    主人公と同じ環境の人だったら
    怖く感じてしまうだろう。

    気になったのは
    脚本の作りが雑で、テンポが悪いこと。

    休暇先で出会った理想の相手が
    いかにも怪しく、関わらない方が良いのに
    ホイホイ付いて行ってしまう主人公。
    相手とのイチャイチャ時間が結構あり、
    「はやく進め」と感じてしまう程。

    主人公が暗殺されなかった理由も
    『惹かれてしまったからだ』という、
    余りにもお粗末なのも残念だった。

    不測の事態に何度陥っても焦る感じが薄く、
    「あー、どうしようか」位に見えるのは
    サンドラ・ブロックが下手なのか、
    演出を抑えられたのか分からない。

    逃げては位置がバレて、また逃げてはバレる。
    そんなのが30分位ダラダラと続く。
    近年の映画で慣れてしまったためか、
    「90年代半ばのサスペンス映画って
    こんなもんだったっけ?」とギャップを感じた。

    ラスト30分はテンポが上がって
    主人公の反撃が始まるのでソコソコ楽しめる。
    得意のスキルを武器に黒幕まで辿り着くのも、
    話のオチも悪く無かった。

  • 3.2

    おまつりさん2020/12/19 15:58

    今年の1月に午後のロードショーで流してくれた録画をやっと消化。今年の案件は今年のうちに。(世紀末の映画ですが?!)

    昔の“ハイテク”観るの好きなんですよねえ…懐かし楽しかったです。カリカリ音のするパソコンもフロッピーも使ってましたし電話線につないで夜な夜なチャットしてました。
    (「ネットこそ究極のコンドームだ」わかる…)

    おうちのインテリア(水槽→暖炉)までブラウン管ディスプレイなのがよい。「データが全て」って今も変わらないなと思った。本人がそう言ってるのに「ここにそう書いてあるもん」って、コンピュータの信頼度高すぎよね。人はウソをつくけどコンピュータだってエラーも吐くのにね
    最初の“殿堂入り”強力ウイルス使うの好き。
    あ、続編あるんですね!インターネットがどう進化したのか見たいな。

    「取り戻した」とはいえあの家にいたら危険じゃない?!こんな国家絡みの犯罪、目に見える黒幕逮捕だけでオールクリアにはならんでしょ…というか正当防衛とはいえあなた人1人殺ってますし?(あ、これ死んだ?と思ったら本当に死んでいた) で、結局巻き込まれた原因はたまたま知ってしまった仕事先の人から送られて来たディスクのせいだけど、チャット仲間のデブリン(IceMan)はたまたま関わっていたってこと?

    関係ない元彼とチャット仲間(Cyberbob)も消されてしまったの悲しすぎるな😂
    事件性が不明な時とはいえ、自分のところに来ようとしてた知人が亡くなって旅行行けるメンタルもよくわからん。。(「あーごめん!まだ聞いてなかった?死んだんだよ」の軽い打ち明け方も…吹替だからかな?!)

    アンジェラの吹き替え、松本梨香さんだけど淡々としすぎてて…これに限らずだけど洋画の吹替が苦手なのは嘘くさく感じて入り込めないからかなあ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す