お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ビターコーヒーライフ

G

末期がんによる余命宣告を受けた俳優、入川保則が自分自身をモデルとして主演映画の撮影に挑んだ作品。

福島県白河市。警視庁捜査一課の刑事だった森川は、今は喫茶店「ビターコーヒーライフ」のマスターとして働いている。仕事ばかりで過程を顧みなかった森川は、一人娘の七海とも疎遠なままに過ごしていた。彼は20年前に逮捕した殺人犯の娘・明日香を引き取り、養女として育ててきた。大人になった明日香は、森川と七海の関係を修復しようと苦心している。一方、自分が末期ガンに侵され余命わずかであることを知った森川は、行方が知れないままの明日香の父親を探すため奔走するが…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2012
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2018-09-26 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

ビターコーヒーライフの評価・レビュー

1.9
観た人
7
観たい人
3
  • 1.0

    nenecoさん2018/11/04 02:49

    記録。

    言うまでもなくB級です。
    映画というより、ローカル局の2時間ドラマで十分な気がしました。
    役者の演技もぎこちなく、不自然な所多々あります、、笑
    (明らかに飲んでいるの空の缶ビール、お茶入ってないコップ、、それを飲む演技の不自然さ)

    秋吉久美子、何のために出てたの~~~?笑
    綺麗に着地することに目を配りすぎて、そこを忘れちゃってるような気がしました(笑)

    暇潰しには良いかも。
    暇潰しというか、流し見でも、、笑

    ただAランチは、懐かしのランチって感じで美味しそうだったな~。

    動画配信アプリを利用していなかったら、この作品とは出会わなかった。笑

  • 1.0

    ロバート山口さん2018/10/09 21:29

    なんだろう?これは映画なのかな。ちゃんと劇場で公開された作品なのかな…などなど観賞中思いながら観てました。

    厳しいんです何もかも。下手な演技、平凡なカット割、説明の多い台詞、安っぽい音楽、適当な衣装・小道具…いろいろありすぎて(困惑)。

    結構ベテランの監督なんですけどね。疑問点ばかりの映画でした。スイマセン。

    (※結局、秋吉久美子は何だったんだろう?)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す