アダルト
  • トップ
  • ランキング
  • 無料動画
  • 定額見放題
  • キャンペーン
  • 作品配信カレンダー
  • パ・リーグ
  • ジャンル
  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 韓国ドラマ
  • 中国・台湾・タイドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • キッズ
  • 宝塚
  • 舞台
  • グラビア
  • パチ・スロ
  • スポーツ
  • バラエティ
  • ミュージック
  • ドキュメンタリー
  • ライブ
  • アダルト
  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 韓国ドラマ
  • 中国・台湾・タイドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • キッズ
  • 宝塚
  • 舞台
  • グラビア
  • パチ・スロ
  • スポーツ
  • バラエティ
  • ミュージック
  • ドキュメンタリー
  • アダルト

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

パレードへようこそ

G
2時間 字幕あり 音声:英語

境遇の違いを乗り越えた友情は、やがてサッチャー政権を揺るがす伝説のパレードとなった…。

1984年のサッチャー政権下、不況に揺れるイギリス。ロンドンに住むゲイの青年マークは、スト中の炭坑労働者とその家族を支援するため、ゲイ&レズビアンの仲間たちと『LGSM』という組織を結成し募金活動を始める。しかしいざ募金を集めてみると、彼らへの偏見で支援の申し出はことごとく断られてしまう。そこに唯一支援を受け入れてくれる炭坑が現れたが、それはちょっとした勘違い。お礼に招いたウェールズの炭坑町の町民たちは、初めて出会った『LGSM』の面々に驚き、偏見を持って…続きを見る

キャンセル

詳細情報

イメージを拡大する

あらすじ

1984年のサッチャー政権下、不況に揺れるイギリス。ロンドンに住むゲイの青年マークは、スト中の炭坑労働者とその家族を支援するため、ゲイ&レズビアンの仲間たちと『LGSM』という組織を結成し募金活動を始める。しかしいざ募金を集めてみると、彼らへの偏見で支援の申し出はことごとく断られてしまう。そこに唯一支援を受け入れてくれる炭坑が現れたが、それはちょっとした勘違い。お礼に招いたウェールズの炭坑町の町民たちは、初めて出会った『LGSM』の面々に驚き、偏見を持って冷遇する。しかし、最初は冷ややかだった町の人々も交流するうちに徐々にお互いの心が開き始める。だが一方、炭鉱労働組合と政府の交渉は決裂しストは長期化、さらにサッチャーは組合員の家族手当を停止を宣言。苦境を知った『LGSM』の面々は更なる支援資金集めのコンサートを企画するが、その先には思わぬ困難が待ち受けていた……。

最新!ドラマ洋画月間ランキングもっと見る

アウトポスト アウトポスト

米軍の補給経路を維持するための重要拠点とされていたキーティング前哨基地だが、基地として致命的な欠陥が存在していた。四方を険しい山に囲まれた谷底に位置しており、敵に包囲されれば格好の的となる。いつタリバン兵の銃弾が撃ち込まれてもおかしくはない。そして、ついに恐れていたタリバン兵の総攻撃が開始された。それは後に「カムデシュの戦い」と呼ばれる、アフガニスタン紛争で最も過酷な激戦の幕開けだった。

¥1,100

(0.0)

スコット・イーストウッド

1位

ノマドランド 本編 ノマドランド 本編

企業の倒産とともに、長年住み慣れた企業城下町の住処を失った女性、ファーン。彼女の選択は、一台の車に亡き夫との思い出を詰め込んで、車上生活者、“現代のノマド(遊牧民)”として、過酷な季節労働の現場を渡り歩くことだった。毎日を懸命に乗り越えながら、往く先々で出会うノマドたちとの心の交流とともに、誇りを持った彼女の自由な旅は続いていく…大きな反響を生んだ原作ノンフィクションをもとに、実在のノマドたちとともに新しい時代を生き抜く希望を、広大な西部の自然の中で発見するロードムービー。

¥550

(3.1)

フランシス・マクドーマンド

2位

アンダー・ハー・マウス(R-18) アンダー・ハー・マウス(R-18)

スタッフ全員が女性!女性が創りあげた官能恋愛作品!

¥440

(2.7)

エリカ・リンダー

3位

聖なる犯罪者 聖なる犯罪者

少年院で出会った司祭の影響で熱心なキリスト教徒となった20歳の青年ダニエルは、前科者は神父になれないと知りながらも、神父を夢見ている。仮釈放が決まり、ダニエルは少年院から遠く離れた田舎の製材所に就職することになった。製材所への道中、偶然立ち寄った教会で出会った高校生マルタに「神父だ」と冗談を言うが、新任の司祭と勘違いされそのまま司祭の代わりをすることになった。司祭らしからぬ言動や行動をするダニエルに村人たちは戸惑うが、若者たちとも交流し親しみやすい司祭として人々の信頼を得ていく。一年前、この村で6人もの若き命を奪った悲惨な事故があったことを知ったダニエルは、この事故が村人たちに与えた深い傷を知る。残された家族を癒してあげたいと模索するダニエルの元に、同じ少年院にいた男が現れ事態は思わぬ方向へと転がりだす…。

¥440

(0.0)

バルトシュ・ビィエレニア

4位

カポネ カポネ

1940年代半ば、長い服役生活を終えたアル・カポネは、フロリダ州の大邸宅で家族や友人たちに囲まれ、静かな隠遁生活を送っていた。かつて“暗黒街の顔役”と恐れられたカリスマ性はすでに失われ、梅毒の影響による認知症を患っている。一方、そんなカポネを今も危険視するFBIのクロフォード捜査官は、彼が仮病を使っていると疑い、隠し財産1000万ドルのありかを探るために執拗な監視活動を行っていた。やがて病状が悪化したカポネは現実と悪夢の狭間で奇行を繰り返し、FBIや担当医師を困惑させ、愛妻のメエも彼の真意をつかめない。はたしてカポネは、本当に身も心も壊れてしまったのか。それともー。

¥440

(2.3)

トム・ハーディ

5位

グリーンブック グリーンブック

旅の終わりに待ち受ける奇跡とは?

¥330

(4.7)

ヴィゴ・モーテンセン

6位

グレイテスト・ショーマン グレイテスト・ショーマン

本年度アカデミー賞ノミネート!”すべての人が輝く“心震える感動のエンターテインメント!

¥330

(4.8)

ヒュー・ジャックマン

7位

彼の見つめる先に 彼の見つめる先に

世界中で話題をさらった、少年少女のオシャレで可愛らしい胸キュン青春映画の傑作!

¥330

(5.0)

ジュレルメ・ロボ

8位

パレードへようこその評価・レビュー

4
観た人
9510
観たい人
15256
  • 3.8

    Seiraさん2021/07/23 13:09

    めちゃめちゃいいじゃない!ロックだね!
    これ実話ってとこがいいよね。
    LGSM作った人26歳という若さ、、、見上げる。
    “Have some pride! Because life is short.”
    警官も政府も味方じゃなくて敵ってのは悲しいけど、共通の強敵がいたら絆深まる。
    あとやっぱ歌とダンスは素晴らしい、人を繋ぐ。

    偏見を持っちゃうのは仕方ないんだと思う。
    そういう社会で育ってきたんだから。
    でもちゃんとお互い歩み寄れたら素晴らしいよね。
    頑固者はいかんよ。

    誕プレもらった瞬間のJoeの表情が素晴らしかった。
    21 LEGAL TODAY!
    未成年者が同性愛者だと犯罪というわけ分からん法律。
    まあもっと前は死刑だったんだもんなあ。ちょっとずつ変えてきたのね。
    Unnaturalって言われるの腹立つよね、全部naturalでしょうが。

  • −−

    miiiiiiiio16さん2021/07/22 22:05

    良作。

    イギリスの炭鉱とLGBTがテーマで、
    こういうの観ると、その行動力に感嘆する。

    生きづらい、とかじゃない。
    むしろ、めっちゃ生きてる!!

  • 4.0

    cuummaさん2021/07/22 14:18

    当時社会から虐げられていた炭鉱労働者とLGSM。縁のなさそうなこの2グループがひょんなことから手を組んで、渦を巻き起こす。

    ユーモア溢れるヒューマンドラマです。

  • 4.6

    taruponさん2021/07/22 14:05

    前から見たいと思いつつなかなかきっかけがなかったが、すごく大好きな作品だった!面白かったし、見終わった後、すごく元気が出て前向きな気持ちになれる作品だった。
    ストーリーは、イギリスサッチャー政権下での、1984~85年にかけて起きた炭鉱ストライキの際にLGSMというゲイの団体が炭鉱労働者の家族のために寄付を募り金銭サポートを行ったという実話に基づいたもの。
    LGSM創設メンバー達と、彼らの寄付を受け入れたディライス炭鉱のあるオルウィン村の人たちとの交流、葛藤、それぞれの心の成長が描かれている。
    この作品は主軸は、ゲイ達が、自分たちの権利の主張だけでなく、同じように自分たちの権利が認められないという状況で政府や警察に対して抵抗している炭鉱労働者を支援しようと発案し、動き出し、自分たちとは全く無縁な忌避する相手と思っていた人からの支援を炭鉱の村が受け入れ、ともに戦う仲間として連帯していくというところ。でも、単にLGBTの問題にとどまらず、LGSMはレズビアンアンドゲイサポートマイナーズの略である通り、たとえマイナーであったとしても、人が自分らしく生きるために、自身をどう解き放っていくのか、頑な心でバリアーするのではなく自分とは違う他者を許容することで、自分自身がどうしなやかに生きていけるのか そんな姿をいろいろに描いているところに、感動がありすごく勇気づけられるのだと思う。
    そしてそれが全編笑いに包まれながら描かれるところが心地よい。
    途中、村での集会で1人の女性が歌いだすのに合わせて全員で大合唱になるところがすごく素敵、ここは涙がとまらなかった。
    安定のビル・ナイ、イメルダ・スタウトンをはじめ、キャストもすごくよかった思う。


  • 3.0

    磯フラボンさん2021/07/19 10:04

    同性愛者が公然と「変態」と罵られてた時代。今では流石に公言する奴はいないけど、心の中の偏見や差別は当時と大して変わらないだろう。炭鉱の労働者にしても、権力や体制に搾取されるがままの存在だった。少数者が声を上げてもなかなか届かないのは世の常。当時から30数年経ってどれほどの進歩があったのか?ストーリーはやや陳腐な感じだが音楽は良かった。Duran DuranとかDead or Aliveとか。

  • 3.9

    ピッツァ子さん2021/07/18 19:24

    最後のパレードのシーン、泣いてしまった…
    その人の性格と趣向は違う、ってなんで分からん人が多いのだろう

  • 3.7

    Ryotaさん2021/07/17 15:48

    こんな映画を見ては、本を読んでは、1980年代に生きてみたかったなあ、とおもう。
    それにしても連帯の歌、ダイコクドラッグの店内音源に使わないでほしかったよな。ずっとダイコクドラッグリフレインしてる。

  • 4.2

    MrFahrenheitさん2021/07/16 21:02

    80年代のイギリス、サッチャー政権下で虐げられていた同性愛者たちが、同様に虐げられていた炭鉱労働者たちを支援した実話をベースにした映画。

    異なる立場の人たちが交流し、打ち解け、連帯していく。あらすじから想像するままの予定調和ではあるが、予想以上によかった。ラストは思わず込み上げてしまった。

    家族にゲイであることを隠し、最初は物怖じしながら運動に参加する学生のジョーが成長していく様も瑞々しい。

    一つ加えると、最後まで理解できない立場の人たちの描写に物足りなさが残った。

    原題が「PRIDE」なのも、語義の深さを感じてよい。冒頭で大のサッチャー嫌いのモリッシー(The Smiths)が流れたのは笑ってしまった。

  • 3.8

    YoshiMiaさん2021/07/15 15:06

    “組合が我らを強くする”

    サッチャー政権下、スト中の炭坑労働者に心打たれた同性愛者達がLGSMというグループで募金活動を行い手を取り合うお話。実話!

    炭坑もゲイも、お互いに敵は同じ!
    というだけで助け合う姿にグッときた〜。

    しかし時代は1985年そこそこ。
    まだゲイレズビアンの肩身は狭かったし、エイズが感染症として世に広まってきていた頃で
    ゲイからの支援なんて!
    と受け取ってもらえないことも。
    なんのプライドでしょうね。


    キャラクターみんなに色があって
    安定のビルナイも存在感を放ち、
    スラスラと見れちゃいました。


    2014年ロンドンで行われたゲイプライドに
    参加してお祭り騒ぎを間近で見たけど
    30年も前はこんなに罵られながら行われていたんだ、と興味深かった

  • 3.8

    MyYouMeさん2021/07/11 14:36

    目的は違うけど、連帯して自分たちの権利を守ろうとしたロンドンのゲイたちとウェールズの炭鉱町の人々の物語。
    史実であり群像劇の要素もあるためか序盤から展開スピードがめちゃくちゃ早い。テーマの割には暗くなりすぎないトーンだったことと、登場人物たちがみんなとてもチャーミングで魅力的なのが良かったな。

    ゲイのメンバーとウェールズの街の人たちとの交流が温かくて微笑ましい。ウェールズは本当に歌と音楽が染み付いた土地柄だというのもよく表れてた。閉鎖的な価値観も残る田舎町なので反発する人も当然いる中、老若男女やセクシャリティに関わらず理解し合い助け合い、陽気に未来への希望を持つ彼らの姿が眩しかった。
    サッチャー政権下のイギリスでは炭鉱労働者も同性愛者も同じマイノリティ。立場は違っても、虐げられる者同士互いに手を取り合えば変化を起こせる。何かを変えたかったら、声を上げることを恐れてはいけないんだという事をしみじみ痛感させられた。実際は難しいけどね。
    生きる時間が限られた人も多くいた80年代のゲイコミュニティだからこそ、彼らの起こした行動はとても尊みがある。

    まだレインボーフラッグが登場する前のゲイプライド。ラストのパレードの清々しさにはやっぱりグッときてしまうね。

    アンスコさんにジョージ・マカイくんにイメルダ・スタウントン、ビル・ナイなどなど演技には申し分のない英国俳優キャストも良かったし、衣装や美術や音楽などの80年代再現度が高くて素晴らしかった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

「パレードへようこそ」:評価・レビュー

レビューを投稿してください。
平均評価:

(5点満点中 点 / レビュー数 件 )

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。



    Rakuten TV ガイド

    Rakuten TVアプリ

    公式SNS・ソーシャルメディアのご紹介

    RakutenTVをフォローしよう
    表示モード:
    スマートフォン
    PC