お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

女神の見えざる手

G
  • 吹替
  • 字幕

オリンピック誘致、トランプ当選……その陰では彼ら(ロビイスト)が活動していた!

ワシントンD.C.で、スパーリング上院議員による聴聞会が開かれていた。証人は、敏腕ロビイストとして名高いエリザベス・スローン。大手ロビー会社、コール&クラヴィッツ=ウォーターマン在職中に手がけた仕事で、彼女は不正を行っていたとされ、その真偽が問われている。聴聞会から遡ること、3ケ月と1週間前。エリザベスのもとに、銃擁護派団体から、新たな銃規制法案に対し女性の銃保持を認める働きをし、廃案に持ち込んでくれという依頼が来る。団体の代表者であるサンフォードは、議員たちにも強い影響力をもつ人物だが、エリザベスは彼の目の前でその仕事をきっぱりと断る。上司デュポンの説得にも、彼女は銃規制法案の廃止を断固として拒否。デュポンはエリザベスに「この仕事を断るなら、会社にいる必要はない」と通告するのだった。その夜パーティに出席したエリザベスは、別の小さなロビー会社、ピーターソン=ワイアットのCEO、シュミットに会う。彼の会社は、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するという。エリザベスはピーターソン=ワイアットへの移籍を決意する。ピーターソン=ワイアットに移ったエリザベスは、賛否を決めかねる議員を取り込むために様々な奇策を打ち出し、ライバルとなったコナーズらを焦らせるが、世論がどんどん銃規制法案の賛成に傾くなか、さすがのエリザベスも予期しなかった事件が起きる。この事件をきっかけに、エリザベスとコナーズ、両陣営の争いには、さらなる大きな波紋が待ち受けることに……。

詳細情報

原題
MISS SLOANE
作品公開日
2017-10-20
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
作品公開日
2017-10-20
制作年
2016
制作国
フランス/アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2018-04-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

女神の見えざる手の評価・レビュー

4
観た人
26571
観たい人
33729
  • 4.0

    シネラーさん2020/06/04 10:32

    日本ではあまり浸透していない
    ロビイストのロビー活動を
    題材にしている為、
    内容に関して難しさを
    感じない訳ではないが、
    良い社会派サスペンスだった。

    序盤は私自身の勉強不足もあり、
    ロビー活動にその周辺人物の
    立ち位置の把握に難しさが
    感じるられた。

    しかし、大まかに内容が掴めてきた
    中盤以降になると
    ジェシカ・チャステイン演じる
    主人公スローンの人間描写に
    惹き付けられた。
    自分の理念や目的の為に
    手段を選ばない冷血な人物かと思えば、
    か弱い人間的な部分も見受けられる。
    恐ろしくもあり味方にも敵にも
    したくない人物だが、最後には
    尊敬をしてしまうような
    魅力的な人物だった。
    序盤から伏線や前振りがされる為、
    軽く鑑賞するのに適しないと思うが、
    爽快感あるエンディングには
    惚れ惚れする。
    只、突破口となるスローンの切り札
    に関しては、サスペンスとして
    便利過ぎるように思えた。

    社会派サスペンスとしての面白さ
    もあるが、その人間模様が
    とても好きに感じられた映画だった。

  • 4.9

    ともぞうさん2020/06/04 00:46

    知的で面白かった!
    職人の脚本家が練った緻密なストーリー。相手の策略を常に上回る策略。早口でまくし立てるような会話が疲れるけど、だれさせない。
    それにしてもジェシカジャスティン。見たことはあるけど、そんなに注目はしていなかった女優さんだったが、本当に演技が上手い。受けるマークストロングも。
    最後の余韻のある終わり方も◎
    こんな映画をもっと観たいと思わせる作品。

  • 3.8

    Momoさん2020/06/03 17:53

    スカッとジャパン(観てないけど)の2000倍くらいスカッとする。

    政治が苦手なのでついてゆくのに必死すぎて、伏線に全然気付けなかったのがもったいない!
    そもそも、ソクラテスが伏線だなんて、たぶん頭が良くてもわからない!!!笑

  • 3.8

    番長キングさん2020/06/03 17:05

    難解なテーマがストーリーなので見ながら何かをするのはオススメしない
    じっくり時間のある時に集中して見た方が良い。
    勝つことに手段を選ばない女性ロビイスト
    耳慣れない言葉だが見ていけば理解出来る作り方になってると思います。
    前半部分で伏線を貼っており、感のいい人はなんとなく想像つくかもしれませんが
    そうかな?いや違うな?と思わせる展開も上手いと思いました。
    グレーなことも仲間を裏切るようなこともする
    勝利至上主義の主人公
    最後のやり取りのセリフが彼女が"それ"だけではないと決定付けている。

  • −−

    マイキーさん2020/06/02 21:57

    おもしろかった!
    会話のテンポがよくて展開も飽きさせない。
    主人公のエリザベスの美しさったら…ほれぼれする。


    当たり前かもしれないが、プライムのサイトを眺めていると、目には入るけど見ようとまでは思わない作品というのがある。単純に見聞きしたことないものだったり、タイトルやポスター画像にそこまでひかれなかったり。実はこれもそのうちの一つだったのだけど、見てみるとめちゃくちゃおもしろかったので、偏見を持たずにいろいろな作品を見るのは大切と思うなどした。やはり星の数というのはある程度当たり外れの目処がつくから参考になる。

  • 3.8

    adonaiさん2020/06/02 15:47

    馴染みのない職業だが、そのストイックさと天才ぶりはキャラクターのビジュアル含めた凄みですんなり受け入れられるはず。
    良質なカタルシスを得られる傑作。

  • 4.5

    渡辺和希さん2020/06/02 13:26

    中身が濃いので1時間のとこぐらいで残り時間見て「まだ半分もあるのか」と(良い意味で)思った。
    聴聞会とか銃社会とか選挙とか日本とは違うとこがあると思うので、予め知ってればもっと分かりやすかったかも。
    味方が傷付いても勝てば良かろうとか盗聴とか、主人公とか味方側がやることじゃないですね(笑)

  • 4.2

    つもりさん2020/06/01 22:42

    日本は銃社会じゃないから、この映画を満足に楽しむにはもっと勉強が必要だった…それでも十分面白い作品でした。

    「敵に切り札を出させてから、自分の手を見せる。」
    まさにその通りで、圧倒的不利な状況からの大逆転劇、これもスローンの仕組んだ策略。最後はかっこ良すぎて鳥肌が立った。もはや立ちすぎて鳥になりそうだった。

    米銃社会の現状とかロビー活動のこととか、もっと勉強してからこの映画を再度視聴したい。

  • 4.0

    berry21さん2020/06/01 21:06

    じわじわ引き込まれる系。
    仕事で疲れきった時に見たので爽快感でスッキリ!
    ストレートボブの髪型にしたくなった。

  • 4.0

    yrkschさん2020/06/01 20:56

    観ました(わたしには難しかったから2回)

    弱さを隠すほどの強さでなりたつ大逆転。
    かっこよかった。
    社会風刺っぽくて勉強になりました

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す