お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

恋愛小説家

G
  • 字幕

人間嫌いの毒舌小説家。お人好しのウェイトレス。ゲイの画家、そして愛犬バーデル。3人と1匹のニューヨーク物語。

甘い恋愛小説で暮らしを立てているくせに、極めつけの毒舌家で異常なほどの潔癖症。誰もが認める変人男のメルビンが、なんと子持ちのウェイトレスのキャロルに恋をした。想いは募る一方なのに、口を開けば暴言ばかり。果たして偏屈な恋愛小説家にハッピーエンドは来る?

詳細情報

原題
AS GOOD AS IT GETS
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1997
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2015-11-17 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー洋画ランキング

恋愛小説家の評価・レビュー

3.8
観た人
10221
観たい人
5353
  • 3.7

    Tommyさん2020/06/04 23:23

    ジャック・ニコルソン演じる潔癖性で人との交わりを嫌うロマンス小説家と、問題を抱えるシングルマザーの交流と愛を描いた作品。

    ゲイの画家とその飼い犬がいるからこそ物語に深みが生まれている。

    彼らの一つ一つの動作や言動が、観客に彼らの個性を一つ一つ示している点が秀逸。

    メルヴィンよりキャロルの方がよっぽど気難しいと思うのだが。。。

  • 3.8

    YoshiMiaさん2020/06/02 00:26

    なぜか見てなかった名作。
    当時主演男優賞、女優賞を総ナメした今作
    確かに。両方ともに良かった!(*_*)

    気難しい恋愛小説家のジャックニコルソンがシングルマザーのウェイトレスに恋をし
    成長していく大人の恋愛物語。

    レイシストだし潔癖だし毒舌だし
    今で言うADHD(しかも重度)のジャック。

    前半なんかもう救いようがないんだけど
    たまにバシッときめる台詞が
    究極のツンデレで
    どんどん虜になってしまった。。


    でもヘレンハントも負けてないくらい
    相当情緒不安定じゃない?
    ってな行動してたけどw




    20代の恋愛とはまた違って
    後先を考えないといけないし守るものもあるし
    失敗したくないし…と
    シガラミの中進んでいくさまが
    とってもリアルで面白かったです。


    そしてラストが分かっちゃいるんだけど素敵だった〜、、


    2時間半近くとラブストーリーにしちゃ長めだし
    映像も古いのに
    スラーっと見れたので良作の証拠。

  • 3.9

    内田眞由美さん2020/06/02 00:23

    不器用な男の人って
    変わり者とか偏屈だって
    周りから敬遠されがちだけど
    本当はとっても心優しい人
    だったりするんですよね、、
    ちょっと素直になるのが
    恥ずかしいだけで。

    そんな主人公を
    まったくもう可愛いなあ
    と思えちゃう映画

    -君と出会って
    いい人間になりたくなった-

    ってセリフにきゅんとした♡

  • 3.8

    sonokokiyoharaさん2020/06/01 00:52

    極度の潔癖性で偏屈で人嫌いなジャック・ニコルソンが、行きつけの店のキュートで飾らないウエイトレスと、面倒だけど憎めない隣人たちと触れ合って、少しずつ変わっていく話。

    ジャック・ニコルソンの偏屈親父がとにかく可愛い!ブサカワの犬みたいな可愛さがある。あと潔癖だけどそんな嫌な種類の潔癖じゃないというか、共感できる部分も多々あった

    おじさん主人公の職業が恋愛小説家っていうのはもちろん面白い設定なんだけど、邦題はこれじゃなくても良かったんじゃないかなとも思った

  • 4.0

    EDDIEさん2020/05/31 12:01

    周りと違うってことは当たり前。変わり者だって恋はできる。精神疾患で偏屈な潔癖恋愛小説家が人や犬との触れ合いで自分の殻を打ち破るラブストーリー。

    ジャック・ニコルソンが可愛いんです!
    正直自分の身の回りにいたら近づかないし、仲良くもなれない変わり者なんだけど、観てる分には憎たらしいぐらいに愛らしい。もちろん彼にも人生があるわけで、潔癖症で何に対しても敏感なメルヴィンはなぜか行きつけのレストランのウェイトレスであるキャロルには心を許すことができます。
    ただ座席は自分の中で決まっていて、そこに誰かが座ってようもんなら追い出すぐらい。お店にとっても迷惑な客なんですよね。そんな彼にキャロルは歯に絹着せぬ物言いで立ち向かい、最初は最悪の第一印象。
    じゃあどうしてこの2人が恋仲になるのかってのが肝になる話なんですが、きっと2人だけではドラマチックな話は盛り上がらないんですよね。

    本作でキーパーソンが2人?います。
    1人はメルヴィンの隣人でゲイの画家サイモン。もう1人?1匹はサイモンの愛犬バーデルです。
    メルヴィンの奇行はとどまることを知らず、隣人トラブルも相次ぎます。奥の部屋のおばさんなんてメルヴィンの顔を見ただけで部屋に引き返すほど。
    キーパーソンならぬキードッグのバーデルだって、最初はメルヴィンが犬を毛嫌いしすぎてダストボックスに捨ててしまうわけですから。最悪の隣人です。

    サイモンは本作の中で人生を左右する大きな転機が訪れます。もはや立ち直れないほどの出来事が起こるわけですが、その手助けにメルヴィンがひと役買うことになり、なぜかキャロルも2人のボルティモア行きの旅に同行。謎の珍道中が始まるわけです。
    キャロルを誘った理由も単純に好きだからというわけではなく、これまた謎な理由。途中その理由をキャロルに告白して、キャロルは激怒したり、サイモンとキャロルが仲良くなって嫉妬しているメルヴィンがいたり、もうメルヴィンの感情の行き場がめちゃくちゃです。

    ここで我々は思うのです。メルヴィンもっと素直になったらいいのに、と。
    だけど精神疾患の彼にとってはそれがとても難しいことなんですね。だけど、彼がその殻を破るきっかけも訪れるわけで、なんというか人間の底力というのを見せてもらった感覚です。

    犬のバーデルも最初は苦手意識を持っていたのに、とあるきっかけでメルヴィンはバーデルを預かることになり、そこから愛着が湧いてくるんですよね。動物を愛する心もちゃんと持ってるわけです。
    やはり犬映画にハズレなし。

    本作でメルヴィンを演じたジャック・ニコルソンはアカデミー賞主演男優賞を受賞。ヒロインのキャロルを演じたヘレン・ハントも同賞主演女優賞を受賞するというダブル受賞の快挙!
    2人の演技合戦を観るだけでもかなり楽しめる作品です。

    ラストの終わり方がとても心地いいです。
    それにしてもバーデルも素晴らしい演技。アカデミー賞動物演技賞があったらバーデル役のワンちゃんもきっと受賞者になり得たでしょう。笑

    ※2020年自宅鑑賞184本目

  • 4.0

    Mewさん2020/05/31 02:46

    気難しい性格だけど根は優しい、上手く感情表現できない人程、損をする。
    でも可愛らしく見える、ジャックの演技が冴える作品。

  • 3.7

    ペさん2020/05/30 13:51

    ジャック・ニコルソン
    こんな役もしていたのか…と
    頬が緩みながら鑑賞

    心がぽかぽかしている

    音楽も良い

    彼の 観客しか認知していない 部分
    鑑賞しながらギュッと息を押し込めていた

    皮肉さに見え隠れする
    優しさ 繊細さ

    終盤は思わず
    台詞を聞いて 涙が溢れた

    凄く全体のバランスが良く
    観ていてあっという間でした
    俳優陣の一つ一つの表情 仕草が良い

    大切にしたい作品

    わんちゃんも名優。拍手。

  • 4.0

    MGJさん2020/05/30 11:59

    望んだとおりの楽しいことだけの関係なんて見せかけ。
    人がわかり合うには角がぶつかり合って丸くなっていく過程がある。

    キャロルの母親がキュートでまっすぐで素敵。
    その影響を受けたであろうキャロルのまた違ったストレートさも素敵。
    そして一番の名演は居並ぶ俳優を押し退けてワンコです。
    別に動物好きじゃないけど、この子はすごい!

    You make me wanna be better man.

    いつか誰かに言ってみたい名セリフだわ。

  • 3.8

    ほのかさん2020/05/30 11:40

    いつも神経質な恋愛小説家が、鍵かけ忘れるのに気付くところとか、地面の境目気にせず歩くようになるのとか、好きなシーンがちらほら。

    褒め言葉にはグッときた。。いい映画みたな〜って感じ

  • 4.5

    UUUさん2020/05/27 22:13

    すごくみやすいちょうどいい、素敵な映画だった。
    ジャックニコルソンの演技やっぱ最高。
    犬の演技も凄かった。

    わかりやすいなぁーと笑えるくらい態度が変わっていく様子も、はじめの几帳面で潔癖症な性格も、全部ジャックニコルソンの魅力によってめちゃめちゃ惹かれる。
    結果悪いやつじゃないじゃん。

    休日のお昼から見るの最高だった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す