お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

風に立つライオン

G

ケニアで国際医療活動に従事した実在の日本人医師をモデルに、さだまさしが1987年に発表した楽曲が映像化。

1987年、日本人医師・航一郎(大沢たかお)は、大学病院からケニアの研究施設に派遣される。アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーの自伝に感銘を受け医師を志した航一郎にとって、それは願ってもいないチャンスだった。しかし、それは恋人との長い別れも意味していた。父の跡を継ぎ、女医として離島医療に従事する貴子(真木よう子)を遠く日本に残さなければならなかったのだ。理想を胸に研究と臨床の充実した日々を送っていた航一郎は半年後、現地の赤十字病院から1か月の派遣要請を受ける。物見遊山のつもりで赴いた彼は、重傷を負って次々と運ばれてくる少年が、みな麻薬を注射され戦場に立たされた少年兵である事実に愕然としながらも、この病院への転籍を志願する。そんなある日、病院に少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれる。彼は銃傷よりも、両親を目の前で惨殺され、麻薬でかき消された心の傷が甚大だった。航一郎は、そんな彼の心の闇に真正面から向かっていくのだが……

詳細情報

関連情報
原作:さだまさし
音声言語
日本語
制作年
2015
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2016-01-02 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

風に立つライオンの評価・レビュー

3.7
観た人
5196
観たい人
3189
  • 4.2

    TomokoSakashitaさん2021/06/16 20:55

    JINの大沢たかおが大好きで、何気なく観たけど素晴らしい話だった。
    中学生や高校生の頃に観たかった映画。
    映像も綺麗で、ラストのさだまさしの歌も良かった。

  • 4.6

    Haruさん2021/06/03 08:02

    体調不良で安静中の為、鑑賞。

    ヤバーーーーー。
    涙涙涙。
    さだまさしの曲がこれまたやばい。

    ふとなんのために人は生きるんだろうかーーという今まで頭の片隅にあった迷宮入りしそうなハテナがまたもや浮かぶ。(決して病んでるわけではない)

    泣きすぎてよりいっそう頭痛くなったわ。

  • 3.0

    jozeさん2021/05/30 21:58

    伝えようと、言わんとすることは
    痛いほど伝わるのになんでだろう、
    この映画の中に自分を投影できなかった。

    何かを支えるということの本質が
    もう少し見えると共感は得やすかったのかな

    お願いだから幸せになってください

    これだけは、よくわかった。


    中村哲さんのことを思い出した。
    貧困がもたらすもの、教育の本質、幸せとは、いろんなことを考えさせられた。

  • 3.6

    うめちゅさん2021/05/22 14:05

    もらった招待券で

    大沢たかおがお医者さんってだけでも涙腺が
    JIN好きだったしな

    ちょっと長すぎたのが
    間延び感というか
    だらけてしまった感

    あと個人的に真木さんが役とイメージが違ってて、、、
    MOZUのイメージが強すぎるのかな

  • 3.6

    とーるさん2021/05/18 07:51

    どうしようもないこと、仰々しく言えば”時代の奔流”の中で、それでも自分がやりたいこと、正義だと思ったことを貫いた医師の話。
    ストーリー自体は気を衒ったものではないけれど、実話を基にしてる作品を実力派俳優陣が作ってるだけあってすごくリアル。
    よくある感動ものかな〜、と思いつつ観たけど、いろいろ考えさせられる映画でした!

  • 3.5

    ぴょんきちさん2021/05/16 02:14

    泣いてしまいます。
    もう、内容を聞いてタイトルを読むと情景が浮かんで、それだけでじわっときてます。

    さだまさしが実在の医師を題材に書いた曲「風に立つライオン」に感銘を受けた大沢たかおがさだまさしを口説いて小説化そして、映画化されたもの。
    映画の冒頭部に出てくる大沢たかおの笑顔と白衣は「仁先生」と被ってしまいますが、それはそれ。
    石原さとみも真木よう子も良かった。

  • 4.3

    tさん2021/05/15 09:45

    「ガンバレ」と「ダイジョブ」
    その言葉が引き継いでいく生命畏敬の念。

    ケニアのロキチョキオでの内戦の実情。
    地雷を見つける為に子どもが一列に並んで歩かされる。
    怪我が治ってもまた戦場に戻る青年。
    人を撃つことが好きだという少年。

    彼の心を救い、更生させたのは
    航一郎の笑顔と献身的な寄り添う姿勢

    孤児院を作り、机を運んでいる時の子どもたちの嬉しそうな顔。教育の機会の重要性。

    原作だと更に、東日本大震災復興のため奮闘するミケの姿が描かれるが、映画では「ダイジョブ、怖がらないデ。僕の名前は”ミケ・コイチロ・ンドゥング“」と名乗る所で終わる。
    映画3回目、原作も読んでいるので、言うセリフは知っているのに、涙が止まらない。航一郎がいなくなっても、航一郎と関わった人たちはその思い出を胸に生きていく。航一郎の熱い思いや人を愛する心は人との「つながり」を渡っていき、引き継がれ、受け継がれていく。
    ミケの活躍を映画で観たい気もするけれど、このセリフで終わることで、感動的で「つながり」の大切さが心に残る映画になったのだと思った。

    主題歌の『風に立つライオン』を中学校の時に道徳で聴いてからファンになったさだまさし。でもあの頃は
    「僕は今を生きることに思い上がりたくないのです」
    という言葉の意味がよく分からなかった。
    小説化したので本を読み、2015年に映画化した映画を観た。
    大沢たかおが見事にその言葉の意味を教えてくれた。
    『今を生きることに思い上がりたくないのです
    空を切り裂いて落下する滝のように僕は淀みない生命を生きたい』
    人の為に生きること。つらくても自分の成すべきことの為に精いっぱい尽くすこと。
    シュヴァイツァーの言葉を借りるなら
    (生命あるものすべてには、生きようとする意志が見出される。この生きようとする意志は、自己を完全に実現しようとする意志である。)という自己を完全に実現させたいという気持ちが「今を生きることに思い上がらず、淀みない生命を生きる」ことなのだと思った。
    「神様について人について考える…僕たちの国は残念だけれどなにか大切なところで道を間違えたようですね」
    「診療所に集まる人々は病気だけれど、少なくとも心は僕より健康なのですよ」
    と歌詞にある。
    ほんとうの豊かさとはなにか。
    物質的に豊かなだけで良いのか。
    この自然の中で生きていくことに幸せや歓びを感じることがほんとうの豊かさではないかと、マサイランドで焚き火を囲み、お祭りをするシーンから思った。

    風に向かって立つということは困難だけれど、それでも前を見据えて進んでいくことの素晴らしさを感じた。
    一度しかない人生、人と繋がりたいし、自分の得意なことを活かして人の為になりたい。
    人の為に生きるってかっこいい。
    アフリカで働いてる人かっこいい!
    誰かの生きる希望になりたい。
    人との繋がりは素晴らしい。(助け合う、とうもろこしの種、医者となったンドゥング)これを伝えられる人になりたい!

    1回目の鑑賞でこう心揺さぶられ、青年海外協力隊に参加しようと思ったきっかけとなる、人生を変えた一作品です。

  • −−

    リさん2021/05/06 03:11

    一度中学生の頃に見た記憶はあったんだけどすごく印象に残ってる作品だからもう一度

    誰かのためにすべてを捧げるってそう簡単にはできないよねそれだけの覚悟も必要

    この映画を見てアフリカの内戦の実状について触りだけかもしれないけれど知ることができたし私がここで何かを呟こうと所詮綺麗事でしかないわけで

    大丈夫大丈夫って思う、口に出すことも大事だけれどもっと冷静に考えていたら、現地の現実を見ていたら航一郎はあそこで亡くなることはなかったんじゃないかと思ってしまう

    でもンドゥングがあれほど人が変わったように更生するとは思わなかった
    けれども少年に''銃が得意、動いていようが撃てるんだ''なんて言わせる現実が一番残酷

    まとまりがなくなってしまったけれど何度でも見たい、見るべき映画だな

  • 4.0

    醤油屋の弟子さん2021/05/05 12:01

    「誰かのせいにしなきゃ耐えられない苦しみってあるんだよ」
    その誰かを沢山背負って彼は治療し続けてたんだろな。若い子に観て貰いたい映画だと感じました。さだはやっぱり天才だ!

  • 3.7

    StormHunterさん2021/04/26 11:16

    過去鑑賞です!
    ・あらすじ
    日本に恋人を残しながらも、ケニアの地で充実した日々を送っていた航一郎は、現地の赤十字病院から1カ月の派遣要請を受ける。そこで彼が目にしたのは、重傷を負って次々と運ばれてくる少年が、みな麻薬を注射され戦場に立たされた少年兵であるという事実だった。そんな中、病院に少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれた。目の前で両親を惨殺され、麻薬でかき消されたという深刻な心の傷を抱えたンドゥングに、航一郎は真正面から向かっていくが……。

    5年前だったかな??高校の授業の一環で観ました。
    凄くパワーのある映画です。
    原作がさだまさしってのが結構驚き。

    内戦が映画の主軸なんですが、内戦が1番怖いですね。対外戦争とは違って身近な所に命の危険がある。住み慣れた街が壊され、親しい友人や家族が亡くなる可能性が対外戦争よりも高い訳ですから。

    そのような状況で医師として人命救助に徹する航一郎の姿に勇気を貰えるような内容だったと思います。
    やはり印象的なのは、遠い地平線に向かって頑張れ〜!と叫んでいるシーン。
    映画としては割とベタですが、まあまあオススメです。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す