お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アルカトラズからの脱出

G
  • 字幕

絶対に脱獄不可能と言われたアルカトラズ島の刑務所から、たった3人の囚人が脱獄を果たすまでの息詰まる物語。

誰ひとりとして脱獄に成功したことのない刑務所………アルカトラズ島。ここに一人の囚人が送り込まれた。彼の名はフランク・モーリス。所内で以前、別の刑務所で一緒だったアングリン兄弟と彼は脱獄計画の実行を決める……。あの『ダーティハリー』の名コンビ、ドン・シーゲル監督=クリント・イーストウッドが放つ、873日をかけた脱出作戦を事実に基づいて描く脱獄映画の秀作。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

アルカトラズからの脱出の評価・レビュー

3.7
観た人
7068
観たい人
2800
  • 3.5

    greenhealthさん2021/04/04 19:41

    今はもう博物館遺跡のようになってしまったアルカトラズ刑務所。アルカポネも服役したって1世紀前の話。
    ダーティーハリーが成功してイーストウッドが絶頂の頃。このポスターが格好良かった。実際に起きた1962年の脱獄事件をモチーフにイーストウッドが演じたんだけど意外と地味に感じます。
    脱獄って結局コツコツ真面目に準備するのが成功の鍵なんだよね。でもこういうタイプの人だったら実社会でも必ず成功するはずなんだけど。

    このチラシ今ももってます。

  • 2.7

    タノさん2021/03/31 20:58

    脆いところを見つけて計画も立てて出れない刑務所から逃げる根気が伝わった。
    封鎖を決めた原因のようなので、影響は凄かったのかなと思う映画だった。

  • 4.6

    ボンドレイクさん2021/03/29 09:49

     熟成された 渋くて 濃イイ 味はクセになる〜!

     気づいたら悪人どもに 多大な感情移入をして 脱獄計画に 声援をおくりたくなる こと必須。

     淡々としているからこその カッコ良さ、スリル。
     ひたすらにこれが 続いても みるみる引き込まれるのは、 淡々とした一定なテンポ感から。

     光と陰の印象的な演出が アルカトラズの狂気地獄を 浮き彫りにしてましたわ。と同時に主演のイーストウッドさんの 渋イイ 顔も 彫刻されたみたいに うつしだされていましたっ。

     やっぱり ここんところの良さは ドン・シーゲルさんならでは でしたわね!

  • −−

    2秒前さん2021/03/29 00:05

    主人公の過去や脱獄の動機が存在しないのがいい。まさに脱獄するためだけに存在する「キャラクター」だ。
    ダミーヘッドなどのアイデアは事実に忠実だとしても『穴』に一歩劣るか。だが溶接のアイデアは面白かった。
    眉一つ動かさず指をつめるロバーツ・ブロッサム。
    ジャズを演奏するイーストウッド的なシーンもあり。

  • 4.5

    コータさん2021/03/28 16:38

    『ショーシャンク』はかなり参考にしてたみたい。今作に人生哲学を加えたのがあれ。
    ネズミを可愛がるのは同じくS.キングの『グリーンマイル』。

    オマージュ元を見る楽しみには、既視感ゆえの退屈がつきもの。ですが今作は2時間弱のコンパクトな脱獄劇。スピード感と緊張で楽しさが持続。これは『ダーティハリー1』にも共通する特徴で、今作もまた「余計なものは入れない」ド直球ムービー。

    バッツの情けなさと哀しい表情が良い。

  • 3.6

    レイチェルさん2021/03/21 13:29

    刑務所で脱獄を繰り返してアルカトラズに送られたイーストウッド。そもそも最初は何をやって捕まったのか謎。友情が生まれたり仲間に信頼されたり犯罪者に見えないイーストウッド。全裸も披露(?)でびっくり。遠目だけど。今観るとあり得ない気がする実話。エンドクレジットの背景が人形の首、薄ら笑いで怖い。

  • 3.5

    ここにーるさん2021/03/21 11:27

    見事にむさ苦しいオッサンしか出てこない脱獄映画の決定版。イーストウッド×ドン・シーゲルの"ラストダンス"にしては地味過ぎるけど、かなり久しぶりに観て驚いたのがあのフランク・ダラボン監督の名作『ショーシャンクの空に』に類似するシーンがたくさんあって。違う点はこの映画真ん中くらいで一番のクライマックスを迎えてしまうっていう残念な点か。もう山田康雄さんの吹替で観ることは叶わんのか?

  • 3.8

    Maoryu002さん2021/03/20 05:31

    アルカトラズ刑務所に収監されたフランク・モリス(クリント・イーストウッド)は囚人の中に仲間を作り、脱獄計画を立てる。独房の通気口を広げて出口にして、レインコートを加工してイカダを作り、独房の移動の前日にこれを実行する。

    その後の脱獄映画に広く影響を与えたであろう作品。
    所長や看守との駆け引きなどはあまりなく、囚人の中での役割分担や作業を淡々と映像化している。
    クリントイーストウッドというスターが主人公だが、かなりリアリティが追及されている印象だ。一方で「パピヨン」や「ミッドナイト・エクスプレス」のような過酷な牢獄生活の映像はなく、ただ脱獄の過程を楽しめる。

    いつも思うが、刑務所内でも道具がけっこういろいろ揃うもんだなと感心する。

  • 3.9

    ならず者ヨヘイさん2021/03/19 02:03

    脱出不可能と言われる牢獄アルカトラズ刑務所からの脱獄を企む、フランク・モリス。実際に起こった事件を元に描かれる脱獄映画。

    脱獄映画の名作『穴 (1960)』にあるような巧妙な手筈や唸る発想は無いものの、本作は刑務所内で出会う人物達それぞれの内面が多く描かれ、よりドラマ性に長けた作品となっている。

    地道過ぎる脱獄計画に執念を燃やすモリス達を見ていると尊敬する反面、この才能をもっと別の事に生かせなかったのかと思ってしまう(笑)
    それ程までに手に汗握る展開でラストまで駆け抜ける。

  • 4.0

    NOさん2021/03/18 04:58

    U-NEXTでドキュメンタリー(2015)も配信されていたので観た。機会があれば刑務所跡地の観光行きたいな
    脱獄って多くのメタファーになりうるしロマンだよねぇー犯罪だけど😂😂
    ショーシャンクやプリズンブレイク(S1)はオールタイムベストだけど一度原点に立ち返りぜひぜひこの作品に触れるべき
    クリント・イーストウッド良すぎます

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す