お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ハイキック・ガール!

G

世界初!失神体感アクションムービー!きみ、蹴られたいの?イクよ!

ある空手道場へ通う女子高校生、土屋圭(17)。圭は天性の運動神経で男子顔負けの強さで道場でも一目置かれている。だが、師匠の村松(44)は黒帯を許してくれない。「空手の極意は型にあり」と教え、組手で相手を叩きのめすことばかり考えている圭を認めず、延々と基本と型ばかりの稽古を指示するのだ。「私はこんなに強いのに!」、不満でしょうがない圭。師匠に対する圭の苛立ちは、遂に「壊し屋」への参加という最悪の形となって現れる。「壊し屋」は格闘技、武道の達人達を集めて、依頼された標的を“壊す”集団。そこには様々な使い手達がいた。変則蹴りの名手「天衝」。剣術の達人「虎突」。軽業の「跳華」。突きの名手「空拳」等、それぞれがコードネームで呼ばれている。彼らに襲われた相手、肉体だけでなく心までも壊されるのだ。「壊し屋」の入門テストに合格した圭は、壊し屋と松村の因縁を知ってしまう。だが、もはや圭に逃げ場は無かった。師匠の村松を襲う壊し屋の精鋭達。弟子のために立ち上がる村松。遂に戦いの時が…。果たして、型は戦いに使えるのか?そして師匠村松の真意とは?

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション邦画ランキング

ハイキック・ガール!の評価・レビュー

2.8
観た人
230
観たい人
99
  • 1.2

    TTさん2021/08/31 20:50

    師匠出しゃばりすぎ、後半主役になっちゃってるし師匠のPR映画なんて誰も見たくない。脚本も映像も素人。武田梨奈のハイキックをちゃんと見せてくれ。

  • 2.1

    いじみさん2021/07/21 12:31

    ストーリーは単純過ぎてガッカリ。
    役者陣は華が無いが、本格的な格闘家がズラリ。
    格闘シーンは派手さが無く、本物を醸し出している。
    打撃が当たる音は地味だが、本当はこんななんだなと思わせる。
    ジャッキー映画のように、見せたいアクションはスローでリプレイになり、エンドロールではNG集やら撮影風景。

    映画って言うより空手の実演で見るといいかも。

  • −−

    キサトルさん2021/03/21 03:32

    ノースタントでのアクションシーンはやっぱり凄かったのですが、技が決まるシーンでいちいちスローモーションになったり、しつこい程にリプレイしたりで、テンション削がれて興ざめ。

  • 2.5

    ともさん2021/03/15 17:38

    かっこいい女子が見たくて
    空手かっこいい...習っとけばよかった…やっぱりかっこいい女子は憧れ🥰

    ストーリーや編集、撮り方は...今やyoutuberの方が上手くできるレベルやと思う笑

    主題歌すき!

  • 2.5

    黄推しバナナさん2021/03/11 00:38

    監督 : 西冬彦、出演 : 武田梨奈によるワイヤー、スタント、CGを使用しない、実践志向の空手アクション映画。
    全世界で、「マッハ!!!!!!!!!」が大ヒットし触発されて作られた作品の一つ。

    鑑賞する前の注意事項

    ①「マッハ!!!!!!!!!」類似品で見る✕

    ②ストーリー重視で見る✕

    ③アクション映画として見る✕

    ④本格格闘作品としてみる△

    ⑤武田梨奈目当てで見る△

    ⑥あったかい心で見る○

    ⑦持て余した時間で見る○

    本格的格闘映画としての熱量は伝わってくるが、如何せん監督としての力量が足りないため伝えきれていない欲しい作品になっている。

    当時の映画の流行り、時代背景に合わせて頭のスイッチを切り替えられるかが、この作品の良し悪しに関わってくる。

    ①鑑賞年齢30代
    ②心に余裕鑑賞なし
    ③思い出補正なし
    ④記憶明確

  • 2.0

    下僕のボクさん2020/12/16 21:29

    スタントやCGなしで撮影された
    本物の武道家や経験者たちのアクションが売りなのだろうけど
    蹴りなどの攻撃を当てた後に入るスローモーションの連続で
    映画最大の売りであるアクションのテンポを殺してる

  • 2.0

    くるーぞーさん2020/10/13 17:45

    まず変な映画である。
    格闘シーンを全部リピート再生するというありえない映像。
    空手教育ビデオみたいな感じ。
    ストーリーもほとんどなくて
    五分に一度の格闘シーンが売りといわれても肝心の主人公が前半だけで
    後は全部師匠の空手シーンだけで終わり。ハイキックガールというタイトルに期待するとダメですw
    ただこの主役の女性が新人とは思えない存在感があります。
    空手もマジでやってるみたいだし。
    武田梨奈。

  • 3.4

    ノリオさん2020/10/10 17:37

    「アクション映画はいかにそのアクションをカッコ良く見せるか」というのがキモになったりするのだが、この作品はまったくの逆で、「カッコいいアクションをいかに堪能してもらう」というコンセプトで作られている。

    ストーリーは、悪者がいるからとりあえずそいつらを退治する、というくらいのもので、きっちりアクションを楽しめるようになっている。


    アクションはほぼ二回ずつ、二回目は御丁寧にハイスピードで見せてくれる。
    それ故にそのシーンの中でアクションが流れるように見ることは決してできない。一つのアクションごとに流れをぶった切られ、その度にシーンとしての躍動感は失速してしまう。

    きっと格闘技をしている人間が見れば、その一つ一つに感嘆でもするのだろうが、まったく格闘技をしていない人間にとってみれば、まどろっこしくて仕方がない。

    そういった見せ方に好き嫌いはあるかもしれないが、それでも主役の武田梨奈のアクションはアイドルが片手間でやっているような安っぽいものではない。
    彼女の流麗なアクションは本当に素晴らしく、いまやアクション映画後進国となってしまった日本に現れたニューヒロインであることは間違いない。

  • 4.0

    荒野の狼さん2020/08/21 12:49

    女空手家が主人公のアクション映画といえば、志穂美悦子主演の女必殺拳シリーズが日本では元祖と言えますが、敵の格闘集団の殺し屋にニックネームがついていたりと、志穂美作品との類似性が見られる作品です。作品全体が暗いところまで似ていますが、高校生の武田梨奈をせっかく主役としているので明るい作品にしてもよかったと思われます(武田の笑顔が見られるのはラストのほんの数秒)。
    この作品ならではの名シーンは武田と空手界のアイドル小林由佳との女子高校生同士の蹴り合いで、相手のミドルキックをあえて身体で何発も受け合うシーンは受けた相手の身体の振動が伝わるほどの迫力です(このシーンはプロレスのキックやチョップ合戦を見ているようなお互いの意地の張り合いのようなものが感じられる点も必見です)。
    武田の師範役の中達也はアクションシーンは見事ですが、それ以上にすばらしいのは空手の型の披露で、アクションファンとしては中達也の空手の型だけでも一見の価値ありです。
    技が早すぎるのでスローモーションで見せてくれるのはアクションの詳細を知りたいファンには有難いのですが、キーになるシーンにとどめたほうが映画としてはスピード感がでたと思われます。他の難点としては、武田が全編を通してセーラー服と空手着しか着ておらず髪型も変えないところで、せっかくヒロインものにしているのですから女優の魅力を引き出すスタイリストが必要です。
    完璧な映画ではありませんが、映画の宣伝にも使われている神社の境内で大男をハイキック一撃で倒すシーン、小林との決闘、中達也の型とアクション映画史に残したいカットが含まれる81分はアクションファンにとっては見ておきたい映画です。

  • 2.6

    じゅくしんさん2020/06/11 21:58

    武田梨奈の制服姿でのアクションシーンが美しい。ガチ空手経験者だからもう体幹が違う。惚れ惚れするし、この頃が一番可愛い。

    ただアクションシーンでおおっ!ってなったあとに毎回スローモーションでリプレイが入るのが死ぬほどテンポが悪くて多分私は一回死にました。余計なことするなよと。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す