お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

愛を語れば変態ですか

G

そこで愛に目覚めてろ!どんな男も拒まない!全ての男を愛する救世主、あさこ誕生!!

ある平和な日常、郊外の住宅街で一組の夫婦がカレー屋の開店を明日に控え、幸せいっぱいに準備をしていた。そんな中、珍客が次々と現れる…オレ様調のバイト志願者、レトルトカレーを開店祝いに持ってきた若者、全身傷だらけで1億円を抱えた不動産屋。何故こんな不思議な人達が集まってきたのか!? その答えを握っていたのは、妻・あさこだった!世界中を幸せにするため、あさこが立ち上がる!

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2015
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2016-04-05 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

愛を語れば変態ですかの評価・レビュー

2.8
観た人
1097
観たい人
1182
  • 1.0

    Tさん2021/08/16 00:28

    これは、、、ひどい。
    見始めた手前途中でやめるのはと思っていたが、全く、、、

    カレー屋とか関係ないし、カレーに謝ってほしい。

    クソビッチ女から展開するのは良いのだが、何を伝えたいのかが全くわからない。

    全体展開的に舞台の流れ?となっており、引きの映像が多くカット割り的に舞台見てる人の目線になってるのかもしれない。

    最終盤からかは映画らしくなるのだが、遅い。。。
    どうせなら、もっと前からぶっ飛ばないと感じた

  • 1.2

    ゴッセイさん2021/08/13 23:52

    頭のおかしい尻軽女の逆切れ物語。愛を馬鹿にするなと戯言を吐くこのアマは法律を無視し、旦那や間男の気持ちも平気で踏みにじる。まずお前の言う愛の定義を聞かせろ。

  • 3.7

    いのさん2021/07/26 20:32

    要はバカにされていた。見下されていた。わたしを好きだというオトコどもは、結局はわたしをコケにし、愛を軽んじていた。


    そこからの反転。覚醒。


    いいんじゃないっスかね。



    *黒川芽以史上、いっとう可愛い映画(だと思う)。
    *黒川芽以が、目で訴え、目でモノにしているところもgood!
    *いかにも演劇ちっく。からの、ひと部屋を飛び出し世界へ。
    *〝あさこ〟という名前は、映画界に於いて魔性の女を意味するのだろうか?「寝ても覚めても」も 朝子。
    *『腑抜けども、~』とソックリなパケだったから気になっていた。腑抜けども~とソツクリだったかのかどうかは、みなさま 観てのお楽しみ♪






  • 2.8

    ピエロさん2021/07/01 07:30

    ポスビジュが戸田恵梨香にしか見えなくて気になって観たやつ。

    黒川芽衣って人らしい…

    内容はなんか薄い。

  • 3.4

    bluemercenaryさん2021/06/16 08:50

    夫婦の時間を作りたくて出版社を辞めた治は優柔不断なくせに理屈っぽい。
    妻のあさこは誰にでも優しく接し過ぎる。それはそうされた男はついその気になってしまうレベル。

    開店を翌日に控えた店内にやって来た男が4人いた。
    ボンは治の後輩―――手伝いに来たのに不器用過ぎて使えない。
    西村はアルバイト面接にやって来た----面接される側なのに俺様目線、ただし観察眼が鋭い。
    釣川は一年前、あさこと不倫した男――初めての相手あさこが忘れられない純粋で単純明快なお馬鹿。
    望月は本業不動産屋、副業ヤクザ――何故か1億の大金抱えてやって来た。

    あさこの優しさ、その気になる男達、そうなると優しさはエスカレートして最後まで。
    ここ巡って喧嘩する男達に対して、あさこの論理が凄かった、飛躍してた、何だその斜め上路線は!

    人気舞台を映画用にアレンジした作品は何か勿体無い。
    「ここはもっと暴走しても良いでしょ。」というシーンと、「まだ、ここ引っ張るの?諄くない?」というシーン。
    アンバランスさが生み出す、一瞬の間みたいなタイムラグが劇中に散見されてて、それがツボにハマれば良いんだけれど、そうはなってなかった。
    そこ差し引いても充分面白かったですよ。
    黒川芽以ちゃん可愛いし。

  • 2.5

    itzukiyaさん2021/05/10 22:58

    『愛のむきだし』(2008)を観て、何となくタイトルから同系統の話かなと思って選んだが勘違いだった。前者の「愛」の壮大なロシア文学のようなスケールに比べると、全然「愛を語れ」てない。タイトルを再考してほしい。

  • 3.0

    キリンさん2021/04/22 18:39

    よくわからない感じが不思議で
    面白かった

    同しようもない感情が、異様とも
    思える行動に反映されていたり
    そして、異様と思える行動が
    「タロウのバカ」にあるような迷惑
    行為ではなく、ちょっとクスッとしてしまう
    ようなものだったり

  • 2.0

    Rさん2021/03/29 23:30

    今年観た映画『美人が婚活してみたら』の主演女優=黒川芽以が出ている映画なので観てみたが、一風変わった作品だった。
    この作品でも、黒川芽以は「私の様な美人にキスされたら…」といった発言があり、「やはり、この映画でも、黒川芽以は美人の設定なのか…」と思う。確かに、綺麗。

    物語は、ある夫婦(妻が黒川芽以)が幸せそうに、カレー屋の新規開店準備をしていると、変なバイト志望者や妻の以前の浮気相手などが出て来る。これが、会話のズレを笑いにしようとしているのかは分からないが、全体的にスベっている感じが残念。

    そして、妻が愛を語り出すのだが、それは自分が多数の人にキスをして皆を幸せにしようとするもの。
    なんか不思議な映画を観てしまった (^ ^;

  • 2.6

    すぽんじさん2021/03/08 01:02

    浮気、何回まで許せる?

    まるでコントw
    バイト希望からバイトリーダーへの昇格スピードw
    4人+1人の修羅場のとこは笑ったw
    外に出てから雲行き怪しくなって最終的にSFになってしまったw
    昔苦手だった永島敏行が最近『我が青春のイレブン』観て以来だんだん好きになったの嬉しいw

    2021/03/07GYAO無料配信

  • 3.9

    ただのサックンさん2021/03/07 17:27

    映画というより舞台に近い。

    シットコムみたいな。

    よく見たら舞台役者ばっか出てた。


    カレー屋オープン前日の出来事だと思うと段々笑えてきた。

    今野さんが今野さんらしい役で面白かった。

    私はこの手のシュールなコメディ大好きです。

    しかし黒川芽以さんはずっと綺麗だなあ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る