お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

幸せを呼ぶミナの文房具店

G
  • 字幕

チェ・ガンヒ主演・最新作!昔ながらの愛らしい文房具店に訪れた、ノスタルジックな奇跡の物語。

ソウル近郊の公務員として、平凡ながら安定した暮らしを送っているアラサー女性カン・ミナ。しかしある日、田舎の父親が病に倒れ、父親が営んでいる小さな文房具店の面倒を見るハメになる。しかも父親はその細々とした店を続けるため借金までこしらえ、その返済の催促がミナにまで来る始末。この際、厄介なこの店をきれいさっぱり売り払ってしまおう、ミナはそう決心して久しぶりの故郷に戻ってきた。実は彼女には子供の頃から引きずるいやな思い出があった。父親の店は、自分の通う小学校の目の前にあった、生徒相手の何でも屋だったので、クラス中から、駄菓子屋の子供とからかわれ、また店に入り浸る子供たちの相手で手一杯の父親からはろくに面倒も見てもらえない。ミナにとってこの文房具店はトラウマそのものだった。帰郷早々、まずは在庫を処分しようと店を開けたミナ。しかし、それを待ち構えていたようにわらわらとやってくる常連客の子供たち。我が家のごとく店に居座る彼らに邪魔されて在庫整理もままならない。そんな中ようやく、ここにファンシーショップを開店したいという買い手も現れた。だが、一筋縄ではいかない子供たち相手に悪戦苦闘するうち、ミナの胸の中に、ずっと忘れていた小さな思い出がひとつふたつと甦ってきた。それと同時に、当時は分からなかった父親の自分への愛情にも、いまさらのように初めて気づかされる。さらに、小学校時代の自分の幼馴染が、まさに今、この小学校の先生として赴任してきたことを知り……、果たしてミナは無事に店を売り払って、都会の生活に戻ることが出来るのだろうか?

詳細情報

原題
Happiness for Sale
音声言語
韓国語
字幕言語
日本語
制作年
2013
制作国
韓国
対応端末
公開開始日
2016-04-21 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

韓国映画洋画ランキング

幸せを呼ぶミナの文房具店の評価・レビュー

3.2
観た人
218
観たい人
143
  • 2.9

    Takumiさん2021/04/05 06:59

    父親役のチュ・ジンモが好かった❣️ あとはグダグダ言ってばかりの主人公に我慢出来れば(自分はギリで)ほっこりな世界が待っている…はず🙄

  • 3.1

    mumbleboyさん2021/02/06 17:06

    面白そうな雰囲気がすると思って観ましたが、ちょっと期待はずれでした。2013年の作品ですが、もっと前の様に感じてしまいました。作りようによっては可能性のあるストーリーだとは思いますが全面的にポテンシャルを活かせてないという感じで、ちょっと疲れてたせいもあって何回か眠ってしまいそうになりました。子供達と若者の映画はうまくやればすごく面白い作品になると思うのですが、ちょっと残念でした。

  • 3.6

    TadashiSakabeさん2021/02/05 21:01

    とても良い物語だと思うけど…
    無名で容姿もあんまりな女優さんだから、みんな観てないのかな?
    ラストは感動したよ😊

  • 3.2

    kannyさん2021/02/05 15:30

    子供に対してあたりが強く、愚痴っぽい主人公に最初は何だかなぁと思っていたけどそれだけで終わらなくて良かった。
    ハートフルムービー🎞

  • 3.0

    Hirokingさん2021/02/04 08:24

    こういうのも悪くないと思えるストーリー。
    後になって気付けることもたくさんあると。
    ほのぼのした作品でした。

    2021年195本目

  • 3.8

    mametoumeさん2021/01/22 14:54

    冒頭のミナが税収という仕事をやってむかついてるシーンが
    すごくて、その後の子供とのいろいろがほっこりしてしまう。
    万引きしていたソヨンの変化が一番印象的だった。

  • 3.2

    ayuさん2021/01/11 12:25

    過去の経験から、嫌いで仕方ない場所なはずなのに、
    大人になってからわかることってたくさんあるよね〜。

  • 3.0

    もねさん2021/01/10 14:27

    NHKあたりでやってそうな。

    オールドミスのミナは役所の税務課勤務。恋人は若い女と二股をし、税金を支払わない市民を轢きかけ停職に。
    散々なミナは停職中に実家の文房具店を売るために田舎に帰る。

    学校前の文具店兼駄菓子屋ってことでからかわれる嫌な思い出があるのね。
    小さい時に嫌だったことが大人になってみれば親の気持ちがなんとなくわかる、と。
    「ツバキ文具店」と同じ流れ。あちらは代書することで人との交流をつなげる話だけど。

    ほっこりするまでのミナの子供に対する態度とか、打算で子供を集めたりとかイライラの方が長いな〜。
    あんまりポンテギュの存在とか変人振りに意味がなかったような。
    ミナの子供時代の子が可愛かった。

    近所の文房具の兄弟の捨て台詞が良かったよ。

  • 5.0

    tanakacheさん2020/06/27 23:20

    隠れた名作
    「体に出来た傷は元通りになる」
    「心を癒すのは大変」
    子役も皆演技上手い。
    この中から十年後の主演が出て来るのかなぁ

  • 3.2

    みゆうさん2020/02/03 21:27

    韓国映画、もしかしたら初めて観るかも。
    そういえば、おばあちゃんが小さい文具店をしてて。お店番するの楽しかったなあって思い出して。
    途中からラストの想像はついたけど、気持ちがほっこりあったかくなるような映画でした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す