お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

涙そうそう 【TBSオンデマンド】

G

南国・沖縄を舞台に、さまざまな試練を乗りこえて懸命に生きる、血の繋がらない兄妹を描いた感動作。

2001年、沖縄・那覇。新垣洋太郎(妻夫木聡)は、いつの日か自分の飲食店を出すという夢を抱きながらアルバイトに精を出す、明るくおおらかな性格の青年。そんな洋太郎のもとに妹・カオル(長澤まさみ)が高校に合格し、オバァと暮らしていた島を離れてやって来た。カオルは、洋太郎が8歳の頃、母・光江(小泉今日子)の再婚相手の連れ子だった。だが、カオルの父は姿を消し、光江も幼い洋太郎とカオルを残して天国に旅立ってしまった。以来、洋太郎は母の遺言である「カオルはひとりぼっち、どんなことがあっても守ってあげるのよ」の言葉を胸に秘めながら、懸命に生きてきたのだった。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

涙そうそう 【TBSオンデマンド】の評価・レビュー

3.3
観た人
20112
観たい人
3284
  • 3.4

    スマトラトラさん2021/11/13 19:40

    想像してたお話と全然違ってた。。。最後のエンドロールでやっと、曲の「涙そうそう」と一青窈の「ハナミズキ」を間違えてたことに気付いたわ"(-""-)" (てっきりハナミズキの曲がテーマのお話だと思って。。不倫物かなぁ?なんて思ってました)
    15歳の長澤まさみは大分無理あったね(;^ω^)

    沖縄、食材とか物価高いのに賃金安いもんね。バイト募集の張り紙見て時給安くて凄く吃驚した覚えがあるよ。

    恋人との格差に改めて悩む1本でした。コンプレックス抱いているかなんて聞けないもの(´・ω・`) 

  • 4.0

    snthejpさん2021/11/13 03:54

    大好きだったお母さんの言葉を、頑なに守り続け、自分よりまず妹の幸せを願う兄。
    無償の愛を送りあえる家族っていいなぁ。
    沖縄の離島行きたくなりました。

    #妻夫木聡って良いお兄ちゃん役似合う、たしかフジのドラマでも演じてた。

  • 3.1

    はぐりんさん2021/11/09 05:08

    長澤まさみが可愛い〜!
    にいにーって可愛すぎでしょ。
    ちょっとひぐらしの鳴く頃にをおもいだすけど。
    最後もこんな感じで終わるんだね。
    おばあが良いね〜。この時代のよく出てるイメージあったわー。今もお元気かな?

  • 4.1

    伊藤蓮太郎さん2021/10/29 00:18

    今日海行ったらにーにーがカオルからの手紙を読んでいる丘の撮影場所があって、涙そうそう観るんだって決めた。
    子供ん時に観たときは内容理解してなかったけど、こんな映画だったんだな。
    にーにー泣かせてくれる。
    昔の農連とか国際通りが出てきて懐かしさ感じたさ。
    鑑賞後にベランダで歯磨きしながら聴いた涙そうそうは肌寒い外の空気と相まって、おれ涙そうそう。

  • −−

    みーまーさん2021/10/27 01:21

    キャスティング、ロケーションが最高! 
    でも悲しすぎて腑に落ちない...これもタイトル狙ってるんだろうけどやっぱり腑に落ちない...泣

  • −−

    サクラさん2021/10/24 23:22

    長澤まさみの『にいに』って声も
    19歳の華奢なのにぴちぴちの体も
    破壊力凄くて可愛いが止まらん。

    麻生久美子も可愛かったし、
    モテキのメンバーは魅力的ね〜

  • 3.7

    葉月さん2021/10/22 20:12

    2人ともキラキラしてて今とは違う魅力があって可愛い✨
    最後にやっと出てきたおばぁ、クセ強すぎてちょっちょっと待ってとなる。笑

  • 3.5

    Yさん2021/10/22 01:06

    センバツ甲子園に出られなかった。
    俺はへこんでいたが、俺以上にマネージャーである長澤まさみが落ち込んでいた。
    俺は長澤まさみに「ごめんな、甲子園に連れて行けなくて」と言うと、長澤まさみは涙を拭いながら「ううん。いいの、だってまだ夏があるから。夏に甲子園連れてってくれる?」と聞いてきた。
    俺は「当たり前だろ」と言い、全力でボール拾いを頑張りたい。

  • 3.6

    tomoさん2021/10/17 09:52

    曲は知っていましたが作品は観たことなかったので鑑賞しました。
    始まり方が好きです、沖縄那覇市の平和通り商店街にてダンボールを運んでバイク配達をしている妻夫木聡さんが活気に満ち溢れている好青年でとても良い!妻夫木聡さん、若すぎて最初ちょっと分からなかったです笑 
    長澤まさみさんも若い、高校生の無邪気さと大学生の大人に近づいた落ち着きを演じ分けるのがとても上手でした!
    血の繋がっていない兄妹は第三者視点から見ると分かりやすい心情変化がありますが本人たちは気づかないものですよね。
    船越英一郎さん、いかにも怪しい登場の仕方だったので疑っていました笑 世の中は善人と悪人でバランスが取れているということです。
    終盤、育て親のおばあちゃんの言葉が全てです、『人には短い命と長い命、それぞれいろんな命がある。しかたないさ、悲しいときは我慢しないでうんと泣いていいさ。』
    涙そうそうとは涙がポロポロこぼれる様子を表現する言葉。

  • 3.4

    Brnさん2021/10/13 19:52

    今まで自分がどんな感情を持って20を過ごしていたのかと思ってたけど、きっとこの妻夫木君と同じだったのだと思う

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る