お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

リーザと十二月の神々

G
  • 字幕

異次元をかける少女リーザ。12人の神から“幻の花”を手に入れろ…

少女リーザは、家族と森の城へと旅行にやって来たが、そこにいるのは支配人のパベルをはじめ怪しい人間ばかり。夜も更けた頃、城の中を歩き回っていたリーザは壁の中に吸い込まれ、異次元の世界へと迷い込む。そこは、魔法と不思議にあふれた冬の王国だった。リーザは女中としてなんとか城に紛れ込むが、王国では王女のワガママによってゲームが行われるところだった。それは、咲くはずの無い春の花マツユキソウを見つけるというもの。リーザもそのゲームに参加することになるが、それは危険な冒険のはじまりだった…。

詳細情報

原題
12MONTHS:A NEW FAIRY TALE
音声言語
ロシア語
字幕言語
日本語
制作年
2015
制作国
ロシア
対応端末
公開開始日
2016-08-04 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

アドベンチャー洋画ランキング

リーザと十二月の神々の評価・レビュー

2.4
観た人
55
観たい人
38
  • 3.0

    コノーヨイさん2020/09/06 03:02

    これがロシヤだ!というのを余すところなく投げてくる潔さがある内容、児童向けに作っているので、ややクドイが判り易く楽しい。

    「森は生きている」の世界観というよりロシア古来からの慣習や文化、価値観、美徳や悪徳なども素直に表現する辺りが好印象だった、トマソンの扱いも割と大事にする一面を持っているのがロシアスタイルの様に思う。

  • 3.0

    かきフライさん2018/10/17 20:03

    ロシア映画のB級だけど、許せる範囲。
    天てれのドラマを長くしたような感じかな。
    それぞれのキャラにもっと意味を持たせたらもっと点数上がったのに、ちょっともったいない。
    主人公は美少女。
    リ・メイクではなく、リ・イマジネーション!

    2018/10/17/50人

  • 2.0

    星さん2017/12/15 20:27

    小学生の頃好きだった物語「森は生きている」をベースにした映画ということで観てみた。
    映像はなかなかきれいで、ファミリーで観るにはいいかなという感想。演出もストーリーもわかりやすい。
    生意気で大人ぶった主人公リーザの家族がおもちゃのようなお城に泊まりに来るところから話が始まる。
    とりあえずロシアの少女はなんでみんな美少女なんだ?と思う。
    「森は生きている」とは話は別物。

    2 2 2 2 2

  • 1.9

    おささん2017/11/12 14:42

    原作「森は生きている」がベースとなっているようですが、12月の妖精が出てくるというところ、指定された植物を探しに行く…という所くらいしか被ってません。ちょっと設定をいただいた、程度です。原作ファンは原作通りの展開を期待すると裏切られます。
    話の展開もいくら子供向けとはいえ、安直すぎて子供が見てもつまらないかもしれません。
    でも、中世風の衣装だったり、お城だったりが好きな人なら、それだけで楽しいかもしれないけど…と言いたいところだけどすごくつまらない。

  • 2.0

    yasshyさん2017/07/14 02:06

    ロシア作品とは思わずに見はじまり、見ている最中に気が付きへえという感じでした。
    ファンタジーですが、
    悪だくみをする二人組が、男女ペアにはなってますが、何となくホームアローンの泥棒ダメダメコンビを思い出させる感じでした。
    木の妖精とか十二月の神々がツッコミどころ満載ですが、
    ロシア映画ということと、最後のハッピーエンドで大目に見ましょう!

  • 2.2

    RumiAoiさん2017/06/18 14:36

    現実的で冷めた性格の女の子がファンタジーの世界に迷い込んでしまい、様々な出会いを通して成長しながらふたたび現実の世界に戻る…
    よくあるストーリーだけど、ロシア映画というだけで割と新鮮な印象。
    ロシアの吹雪の森で生き残れる気がしない(笑)

    子供向けで尺も短いためか、あまり丁寧に作られている印象は無いけど、
    ファンタジーの世界の衣装は見ていて楽しいものばかり。

    タンバリンカエルとソリの馬はただ喋るだけじゃなく、カエルや馬だからできるような活躍があれば(あるのかw)もっと楽しい映画になりそうだなぁ…と思ったり。

    あと、リーザちゃんのスノーボードはどこにあったのか気になる(笑)

  • 2.9

    アナクスナムン豆乳さん2017/05/18 22:00

    悪役の男性がロビン・ウィリアムズに似ていました


    タンバリンカエルに愛着を持てませんでした

    1999年当時、スター・ウォーズエピソードⅠファントムメナスが公開され、楽しみにしていたアメリカの子供たちが、新キャラであるジャージャー・ビンクスを観て衝撃と嫌悪感を抱いた気持ちがわかった気がします。

    ちなみにぼくはジャージャー好きです

    ストーリーとしては子供向けということで、分かりやすく何ともステキな内容でした

    何かとほっこりできるので、
    ものすごく観るものがなくて、ありえないほど暇なときに観れば少しは時間を有効にできるのかなと

    ほんとに悪くはないので(笑

  • 3.9

    カントさん2017/05/01 15:08

    往年のロシア名作童話「森は生きている」を現代的にリブート💡絢爛豪華なロシア児童ファンタジーに昇華されている秀作✨

    VFXは今風なんだけど、石彫や木彫が動く所はロシアっぽくて素晴らしい🌠
    無名のヒロインも美少女だし、何より雪深い天然の森と本物のお城が、ハリウッドの作り上げた臨場感とは一線を画する…と思う😌

    ✏リーザは家族とお城へヴァカンスにやって来た。お城の支配人パベル。雑用ヤコブ。女中頭マルティナ。召使アンナとフィリップ。

    リーザは広いお城で迷う内に時空を超えてアンナ女王の支配するお城へ迷い込んだ。そこでは十二月のゲームでマツユキ草を見つけなれば新年を迎えられないと言う。
    しかし悪者ヤコブとマルティナが結託してマツユキ草を隠してしまった。リーザはマツユキ草を見つける事が出来るのか💡

    …尺が短いので後半の展開が早すぎるかな😅でも、良く出来ているファンタジー・アドベンチャーでした😄✌

  • −−

    EriTeraguchiさん2017/02/18 22:01

    みました‼NHKとかで流れてそうな映画でした!たしかに可愛いんだけど12月っていうが3月以外はぜんぜんいらない役な気がもっと重要なキャラにしてほしかったなって思いました。。
    もう知ってると思うけど的な感じで話が進んでしまうのがなんかなぁ。。。。ってなりました‼

  • 1.5

    Kさん2016/09/12 23:24

    アルバトロス(B級映画配給会社)にやられた(°д°)w
    予告を見た時は面白そうに感じたのに、見てるうちに入り込めなくなるヤツやった(°д°)
    設定が雑なきがして、演技もイマイチ…許せるところはギリ世界!ww

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す