お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ラスト・ボディガード

G
  • 字幕

孤独なボディガードが自らに課した最後のミッション…愛する女を守るため、男は怒れる凶器と化す!

元軍人のヴィンセントは、除隊後、自らを見失い孤独に生きてきた。ある日、ヴィンセントの元にボディガードとしての仕事が舞い込む。大邸宅の警護―完璧な警備システムを配した広大な敷地内で、静寂とは裏腹な不穏な空気が漂う。実業家の夫が留守中、妻ジェシーと子どもの警護に当たっていたが、外出中に突如何者かの襲撃を受ける。激しい銃撃戦になるが、軍人としての本能により、間一髪でジェシーと子どもを助け出すことに成功。事件を経て、ヴィンセントに信頼を寄せるようになったジェシー。また、ヴィンセントも、裕福ながらも孤独なジェシーに好意を抱くようになる。しかし、ふたりは決して恋に落ちてはいけない立場…。そんな矢先、襲撃犯が夫の武器売買ビジネスが絡んだプロの犯罪組織であることを突き止めたヴィンセント。高まっていく緊張の中、何者かが邸宅に侵入した警報音が鳴り響く…。

詳細情報

原題
Disorder
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
2015
制作国
フランス/ベルギー
対応端末
公開開始日
2016-11-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

ラスト・ボディガードの評価・レビュー

2.7
観た人
323
観たい人
201
  • 3.7

    シノブレドさん2022/01/09 00:14

    嫌いじゃない。
    どちらかと言うと好き。
    主人公が雇われた家の内部で戦うのは、守りの堅い家とい彼自身の内面の世界であって、何者かと彼は闘っている、そんな意味なのだと理解した。
    冒頭の治療の時に聞かれた性的欲求についても問題無いという彼の答えがラストシーンにも繋がっている様に思える。
    何かと闘い安らぎが欲しい。
    そんな彼を表した虚像なのかもしれない。
    そんなダンディズムとニヒリズムが交差する映画だと評価できるが、もしもそうではなくて物語がリアルな現実だとしたらこの映画は間違いなくホラーだと思う。
    デイビッドリンチの方向に向かうという考え方もあると云える。

  • 4.1

    Takasakaさん2021/10/30 00:30

    ずっと耳鳴りが鳴っている感覚だった
    終盤何も異変のない監視カメラ映像が不穏だけど全編その緊張感
    道路を横切るごみ袋がすごい
    ジェームズ・マンゴールドとテイラー・シェリダンでリメイクするニュースで気になっていたけど頓挫してしまったぽくて残念…
    他のアリス・ウィンクールも観よう
    青いセットアップジャージが欲しくなる
    フランスっぽい

  • 1.2

    kenさん2021/09/28 20:31

    旦那の危険な仕事も知りながら、護衛まで雇い、襲撃も受けて明らかに危険な状態なのに緊迫感の無さ。ラストの襲撃も静かで呆気ない。ちょっとだけ期待したアクションは無いは、一線越える前に終わっちゃったからエロも無いなんて、何て日だ!(2021-371-9-35)

  • 1.6

    theocatsさん2021/09/28 19:34

    傷病軍人ボディーガードによるかなり不思議な要人警護ストーリー。
    要人とは言ってもかなりいわくつき人物の美人妻なんだけど・・・

    とにかく変なのがなぜ敵方がてんでんばらばら散発的に襲撃してくるのかということ。
    そもそも襲撃者たちの親玉が分からないし、襲撃意図もわからない。
    そんな訳わからん状態で主役ヒーローが散発攻撃者を次々撃破しても何ら痛快感が生じるわけでもなく、ただただ「何なんだこの映画は???」という怪訝さしか残らないっつーの。

  • 3.7

    lemmonさん2021/09/27 18:44

    娯楽アクションものでもサスペンスものでもない。
    ひとりの男がPTSDに苦しみながら警備の仕事を全うする。

    目線がずっと主人公マティアスだったのが良い。
    でかい図体だが繊細に演技できる人なんでずっと釘付け。
    肉体からほとばしる哀しみがなんともカッコいい。
    本人は大変に決まってるが。

    物語の展開に関してはそこまでの粋さはないが、まあわかりやすい。
    最後そこで終わるのか?と残尿感半端ないが、マティアスが御贔屓なので個人的には満足!

    スコア低いのもまあ納得。
    ただ自分は好き。
    「オンザロード」「ドライブ」といった趣き。
    主演俳優の演技を楽しむ映画でした。

  • 3.7

    うちゅうゴミさん2021/09/22 22:58

    なんかわからんけどずっと面白い。
    アメリカ製アクション映画の精神性の部分だけを継承してそれ以外をふやかした感じ。「映画の幽霊」っぽい。

  • 3.7

    グラビティボルトさん2021/09/20 23:17

    久々の「ジャケット詐欺」映画だった。
    精神疾患を抱えた兵士がダイアン・クルーガーとその息子を警護するシンプルなプロットでありながら、
    覆面の敵の正体を徹底的に伏せた語りと内面の揺れと現実の不穏を曖昧にする音響&シャローフォーカスが最早ホラー!

    ダイアン・クルーガー母子をビーチまで護送するシーン、黒い膜(?)が対抗車線にチラついてからはもう不穏で、後続車両を警戒してカースタントが始まるんだけど、「実際その車両が敵だったのかは明示されない」という中々前衛的な作りをしてる。
    ここまでだったら「レフン以降の尖り優先のジャンル映画」として片付けられたとは思うが、本物の襲撃者が襲ってくる場面の異様な簡素さには舌を巻いた。
    車がぶつかってくる衝突のインパクトではなく、突如ガラスに夥しいヒビが入る恐怖を優先したかのようなショットが凄い。
    終盤のアクションシーンも、とにかくシンプルな上に籠城している豪邸が夜の闇と直前に台所で成される会話シーンとのギャップで最早ホラー映画的なおぞましさを帯びていく。
    ダイアン・クルーガー(?)が背後にいるラストショット、彼女の全身に影が掛かっているようにしていることで、襲ってきた刺客と同じように彼女も匿名性を帯びてしまったかのような不穏さがある。

  • 3.8

    えすさん2021/09/05 22:21

    ジャケで抱いたイメージとは裏腹に堅実で、全編に不穏が蔓延る傑作。PTSDによる不安、焦燥感がシャローフォーカスを多用して演出される。些細な音に対しても思わず神経質になる様な作りで、ゲサフェルスタインのノイジーな劇伴と環境音、生活音によってじりじりと高まる緊張感は最早ホラー。監視カメラ映像の質感や侵入者が映り込むショットとかもすげー怖い。ラストのあれは素直に救済と受け取っていいのだろうか。

  • 3.7

    tk33220さん2021/09/04 20:42

    とても簡素な作りでありながらアクションやサスペンスが際立っている。終盤のダイアン・クルーガーと護衛二人がダイニングでふざけ合う場面から賊が襲ってくるシークエンスの落差や賊の匿名性などが物凄く怖い。

  • 4.0

    ナーオーさん2021/08/16 04:25

    ダサい邦題とパッケージとは裏腹に結構面白かった!!

    心に傷を負った元軍人のボディガード。
    観る前はA・J・クィネルの「燃える男」、それを映画化したトニー・スコット監督作「マイ・ボディガード」みたいな感じかな?と思っていましたが、全然違いました。どちらかと言うとニコラス・ウィンディング・レフン監督の「ドライヴ」とかリン・ラムジー監督の「ビューティフル・デイ」のような作風で、真面目に生きようとしても暴力の世界に引きずり戻される男を描いた映画でした。

    まず本作はアクション映画ではないです。アクション映画風の日本版パッケージとセンス0の邦題やキャッチコピーは全部嘘っぱちです。アクションシーンはほとんどなく、台詞も極限まで削っており、基本的に静か。また前半は何も起こりません。ボディガードで雇われた主人公が業務をこなすだけ。業務と言ってもただ警備です。金持ちが食べて飲んで楽しんでる片隅でひっそりと見張ってるだけ。だけど、このマティアス・スーナールツ演じる元兵士の主人公が不気味。PTSDの影響で手が震えたり、幻聴を聴いたりと常に落ち着きがなく、今にでも爆発しそうな雰囲気。そして映像。一見スタイリッシュな映像と思えるけど、どこか嫌〜な緊張感があって映画に引き込まれました。

    日本では「アクションがない」とか「退屈」とか中身のない酷評が目立ちますが、なんとこの映画、カンヌ映画祭の「ある視点」部門に出品された作品だそうで、海外ではかなり高評価な作品で、今度「3時10分、決断のとき」や「フォードvsフェラーリ」のジェームズ・マンゴールド監督でリメイク化が企画されているという!!!
    しかも脚本は「ボーダーライン」や「ウインド・リバー」のテイラー・シェリダン!

    このタッグはマジで観たい!!
    実現して欲しい!!!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました