お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

セトウツミ

G

「喋る」だけの青春。ありふれた毎日こそが、面白い。「現在」の空気を切り取る、まったく新しい青春映画!

クールでインテリの内海と元サッカー部でお調子者の瀬戸。高校生の二人は、内海が塾に行くまでの放課後を河原で喋りながら過ごす。真逆のような二人だが、言葉遊びで盛り上がったり、時にはちょっと深いことも語り合ったり……二人でいれば中身があるようでないような話も尽きない。そんな二人を見守っているのは同級生の美少女、樫村一期。 まったりと流れる時間の中で移り行く季節。二人の未来は、そして樫村との三角関係の行方は……?

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2016
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2016-12-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

青春邦画ランキング

セトウツミの評価・レビュー

3.6
観た人
56070
観たい人
25077
  • 3.4

    AikaNakamichiさん2020/06/04 20:53

    2020.114本目

    漫画を読んだ身からしたら、
    やっぱり漫画の方がテンポよかったな!!
    でもナイスキャストだと思う

  • 3.3

    ホラーの鬼さん2020/06/04 20:20

    2020年 127作目

    男子高校生が河川敷の階段に座って、あーでもないこうでもない言ってる様子が主体になっている映画。
    ほとんどが同じ場所からとられていて、クスッと笑わせてくれる要素が多くあっておもしろかった。
    しかし、自分は物語があまり進まない映画が少し退屈に感じてしまうので、評価的には低くなるが二人の俳優の演技の幅がよく分かる映画だった。

  • 4.1

    ユウゴさん2020/06/04 19:38

    いやー、面白かった
    こんな映画始めた見たなあ
    着眼点がすごいなあ
    レビュー見たら面白そうで時間も短かったから鑑賞したけどこれは正解やったわ

    池松壮亮と菅田将暉の男子高校生感と違和感のない関西弁、ちょうどいい間の取り方がどれも良くて2人ともいい俳優さんだなあ、、と。
    基本的に2人の男子高校生が放課後に近所の河原で駄弁ってるシーンしかないんだけど、途中で回想シーンを入れたり、各話ごとに分けたりすることによって足りないシーンを補う構成もあっぱれ。
    各話ともフリとオチがしっかりしているから、景色は変わらないのにずっと見ていられる。

    基本的につまらん話を2人の面白い掛け合いでどんどん広げていくパターンなんやけどたまに深い話するのがまた面白い。

    高校生の頃に戻りたーい!!!!
    何回でも見たい映画
    原作も読んでみたい

  • 4.6

    ばりぬさん2020/06/04 18:42

    このくらい日常的なお話になるととても親近感が湧いてくる。こんな友だちを高校の時に戻って作ってみたいなって思った。スケールがちょうどいい。だらーっとしながら見れる映画もいいのかもしれない。

  • 4.0

    けいすけさん2020/06/04 18:28

    明るい性格でお喋りな瀬戸・陰気で偏屈な性格の内海の男子高校生2人が繰り広げる放課後の河原での「ダベり」。

    気になる子へのメールの文章添削、突然始まる言葉遊び、特段変わりばえの無い日常で起こる退屈しのぎの数々。

    高校生が主役の物語であるけれど、基本的な場面は「河原」で瀬戸と内海が話すシーンが殆ど。

    大きくカットが変わるわけではないからこそ、脈絡なく変わっていく話題、相手の話の遮り方、季節の変化に合わせた制服の着崩し方の対比など、脚本、演出、そして主演の池松壮亮、菅田将暉2人の呼吸のリズムが合わさっているのを小気味よく感じることのできる、ゆったりとした映画でした。

    高校生の男の子特有の「青臭いことは意地でも言わない」けれど、互いの事をちゃんと思い遣っている空気感がとても良く伝わる作品。

  • 4.5

    ゆーこさん2020/06/04 15:38

    笑った!
    関西人からすると大阪弁が上手なのも、すっと話が入ってきてうれしいポイント。

    なんだろう、この笑いと哀愁の波は。
    俳優はもちろん、この監督がいいんだろうか。ずっと見ていたくなる。

  • 4.0

    ZOMBIETIMEさん2020/06/04 08:43

    中々どうしてこの映画を包括する空気を好きにならざるを得ない
    笑いの構成は掛け合いの漫才に近いのだけれど恐ろしくオフビート、このユルい進行は映画の話が物語られるという前提があるからこそ成し得られる芸当だと思った。かと言って中だれることはない、巧妙なフリとオチ、静と動の緊張に目が逸らせない

  • 5.0

    さとうきびきびさん2020/06/04 00:08

    こんな放課後過ごしたかったなあ
    男の友情って不思議だなあ
    なんだかんだ、居心地いい関係ってやっぱりいいね
    話が変わる時にしか音楽がかからないのがいい。
    音が少ない映画すきなのかもしれん。

  • 3.0

    Sayawasaさん2020/06/03 23:50

    シンプルにおもろい。
    池松くんなかなか関西弁上手いなあと思ったけどなぁ。

    菅田将暉も中条あやみも関西人っていうのがいいね

  • 3.3

    oinariさん2020/06/03 23:24

    原作がとてもよい
    それを崩してないし盛ってもない
    ちょうど良さ
    いまどきのユルさやヌケ感が上手い

    もっともっと尺長くてもいい

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る