お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

シン・ゴジラ

G

ニッポン対ゴジラ。

東京湾・羽田沖。突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに大量の浸水に巻き込まれ、崩落する原因不明の事故が発生した。首相官邸では総理大臣以下、閣僚が参集されて緊急会議が開かれ、内閣官房副長官・矢口蘭堂は、海中に棲む巨大生物による可能性を指摘。周囲は矢口の意見を一笑に付すものの、直後、海上に巨大不明生物の姿が露わになった。慌てふためく政府関係者が情報収集に追われる中、謎の巨大不明生物は上陸。普段と何も変わらない生活を送っていた人々の前に突然現れ、次々と街を破壊し、止まること無く進んでいく。政府は緊急対策本部を設置し、自衛隊に防衛出動命令を発動。そして、川崎市街にて、“ゴジラ”と名付けられたその巨大不明生物と、自衛隊との一大決戦の火蓋がついに切られた。果たして、人智を遥かに凌駕する完全生物・ゴジラに対し、人間に為す術はあるのか?

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

特撮邦画ランキング

シン・ゴジラの評価・レビュー

3.9
観た人
172000
観たい人
38836
  • 4.0

    オオタニサンさん2021/09/27 10:57

    二度見したくなる映画。非常事態時の日本をリアルに見ているようだった。単なるアクションというより、緊迫したヒューマンドラマの要素強めで面白すぎ。

    ☆謎の巨大生物ゴジラが日本に襲来。その時政府はどうする。国民は生き残れるのか…という話。

    非常事態における日本政府の脆弱さを、面白く描いています。一つの意思決定をするために、必要な手続きや会議が多すぎて、思わずスピード遅すぎやろ、とボヤかずにはいられなくなるでしょう。

    登場役職や会議の名前も長いので、字幕は出るけど読むだけでしんどくなる。セリフやカットのテンポが早いので、スピード感について行くのがやっと。そのへんも織り込んでの編集なのかもしれません。

    フクシマフィフティで描かれた原発事故、そして最近のコロナ禍などなど、さまざまな事象と重ねてみると、民間の有志や国民の自助、共助の努力こそが日本を支えているともいえるかも。それだけ政府の意思決定力に期待できないのがちょっと悲しくなる…。

    本作の監督は、エヴァンゲリオンシリーズの庵野秀明氏。カメラワークや編集などは彼のカラーが強いかも。
    それにしても俳優陣が豪華すぎる。日本の俳優さんをみんな出しちゃったような感じ。今は観ることのない俳優さんのお姿も…。
    石原さとみの英語の発音も、なんかいいっすね。長谷川博己もかっこいいなぁ。

  • 4.5

    トムさん2021/09/26 23:46

    ゴジラの圧倒的強さと政治部分の見せ方が上手く面白かった!
    噂に聞く内閣総辞職ビームの威力が想像の範疇を超えていて一気に恐怖を植え込まれた。あの映像と最終決戦だけでもこの映画を見る価値があったと思う。

  • 4.8

    takujiさん2021/09/26 15:41

    コロナ期間の再上映で遅ればせながら見ました。

    いやー、これはもっと早くに見ておくべきだった!個人的には庵野監督作品の中ではエヴァシリーズより対象との距離がとれている分、安心してみていられたのも良かった。特撮史や日本社会への批評的意識が鋭利。

  • 3.8

    ハヤタキさん2021/09/25 00:40

    日本版のゴジラ初めて見たけど、描写がリアルで良かった!

    退屈に感じるシーンも多かった。

    第2形態の気持ち悪さが最高に好き。

  • 3.9

    NMKZMNTさん2021/09/24 21:10

    前半、一人の人間の避難遅れを発見したためにゴジラへの攻撃を決定できず、ズルズルと被害が拡大してしまう点は、普段から問題だと叫ばれる、大事なところで決められない日本人のメンタリティの弱点だ。だが、危機が拡大するにつれ、残った人間たちは何も言わずとも黙々と己の仕事をこなし続け、気がついたら一丸となっている。日本人は何も変わっていないが、未曾有の危機を前に突然目を覚ましたかのように結束し、高パフォーマンスを発揮し始める。
    危機にも自分の仕事に没頭する様はサラリーマン根性のようでもあるが、最終的にゴジラを倒すのは、特別な平気ではなくその愚直な奉仕精神でした。


    『シン・ゴジラ』のスタッフルームには、庵野総監督からの参考作品として『日本のいちばん長い日』『激動の昭和史 沖縄決戦』『ブルークリスマス』と3本の岡本喜八作品と、シドニー・ルメット監督『未知への飛行』のDVDが置いてあったらしい。

    『シン・ゴジラ』における引用については喜八作品のスタイルの踏襲や『未知への飛行』の政治会話劇に留まらず、正直追い切れないくらいの要素があるわけだが、引用をただのオマージュでなく、ちゃんと表現の手段にしていて、作品単体として輝くように作られているのはタランティーノにも似ているかも知れない。

    日本人以外には説明のしづらい魅力だが、ここまで的確に日本人の不思議な精神性を描いた作品は少ない。非常に貴重な傑作

  • 4.1

    たいやきさん2021/09/24 03:02

    当時映画館で観ており2度目の視聴。
    やっぱり面白かった。
    パニック映画ではあるけど、日本の政治的側面をめちゃくちゃ強めに描いている。
    石原さとみが可愛い。

  • 4.0

    Yまさん2021/09/23 21:59

    ゴジラ映画全作レビュー30作目。

    久しぶりに見たらめっちゃ面白かった。官僚ってみんなこんな早口で話すのかな?

  • 5.0

    えいわさん2021/09/23 08:54

    過去の鑑賞記録。

    IMAXで4回観る程大ハマリした。

    Blu-rayも買ったし。

    エヴァはあんまり興味ないけど、シン·ウルトラマンとシン·仮面ライダーも楽しみ。

  • −−

    ゆめのさん2021/09/23 01:52

    現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

    パニック映画かと思いきや
    めちゃくちゃ政治的な話だった🎞

    エヴァっぽさと日本ぽさが良かった〜🥰
    だも最初の方のゴジラ気持ち悪すぎた😭😭😭💧

    2021年189本目

  • 4.5

    えりさん2021/09/23 01:27

    ただただ圧倒された劇場鑑賞を2回、地上波、配信…回数を重ねても新たな発見がある。テンポ感最高。
    特撮の面白さを知った作品。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る