お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

手紙は覚えている

G
  • 字幕

手紙が彼の【記憶】

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程、もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡きあと誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、70年前に大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙と、かすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

手紙は覚えているの評価・レビュー

3.8
観た人
13575
観たい人
12919
  • 3.9

    みずけんさん2021/09/21 00:07

    「サウンド・オブ・ミュージック」などで有名なクリストファー・プラマー主演。
    ヨボヨボのおじいちゃんが繰り広げる大冒険、みたいなコメディ映画かと思ったら、めちゃくちゃシリアスな方向に話が進みびっくり。

    ラストはあまりに衝撃的で空いた口がふさがらなかった。「メメント」を彷彿とさせる見事な脚本。

  • 3.5

    ktyさん2021/09/19 01:20

    アウシュビッツで家族を殺されたアメリカの老人ホームに住むおじいさんが、認知症を患いながら旅に出る話。

    主演のクリストファー・プラマーが、物忘れがひどいのに、ブルーノ・ガンツ演じる友人の手紙に従って、旅をする。
    彼の演じる「ゼヴ」は認知症で狼狽し、忘れてばかりいるので手紙から必死で、次にすべきことを読み取ろうとする熱く重厚な演技に引きつけられました。

    また周りの人々の、見ず知らずの老人への気遣いから、困った人には優しい国民性を垣間見ました。

    ネタバレになるから何も言えないですが、衝撃的なラストでした。

  • 4.5

    ガラスの林檎さん2021/09/16 20:59

    老人と訳ありの手紙、それだけで興味の湧いてくる設定だったけれどサスペンス感に満ちている物語だった。いろんなドキドキハラハラがあるものだ!!
    ゼブ老人は認知症が始まっていて、仕掛けた側からしたら一か八かの気持ち、想像もできなかったラストシーンに呆然とした。

    小さなバッグひとつだけ、無防備な老人の旅。病室で少女が手紙を読むシーンが良かったし、どのシーンも味わいがあった。

  • 3.7

    れじみさん2021/09/12 21:36

    年老いた主人公が認知症を患っているという設定の妙味。妻が亡くなったことも、自分が今何をしているかも分からなくなった老人の悲哀が漂うが、最後まで観るとそのまま全てを忘れてしまった方が幸せだったのでは?と思わせる大胆な物語の転換が訪れる。秀逸なミステリーだった。

  • 4.1

    だんぼさん2021/09/10 00:03

    最序盤から無駄なくめちゃくちゃ引き込まれた。寄り道なく、結末まで一直線で目が離せない展開。

    勘が鈍い自分は案の定『❗️』でした。
    あまり有名ではないと思うけれど、めちゃくちゃオススメ!

  • 4.5

    ToonieTuesdayさん2021/09/06 20:42

    結構大事なことって、なかなか覚えてられないのに、ネガティブな忘れたい過去は、頭から消えない現象は、なんていうんだろう

    第二次世界大戦から、何十年も経ってるのに、アフガンとか、どうしてなんだろう

  • 5.0

    ハニルくんさん2021/09/05 18:02

    これはすごい映画。生涯忘れられない映画になるかも。主人公は老人介護施設で暮らす90歳のゼヴであり、彼は認知症が進んでいて、朝起きるたびに死んだ奥さんを探してしまう。ある日、友人のマックスから1通の手紙を渡されるが、そこには2人がかつてアウシュビッツ収容所にいた時に家族を殺された、ナチスの生き残りを探し出して家族の敵討ちをするという計画が書かれており、いまだ脚が達者なゼヴが代表で、施設を抜け出してその復讐の旅に出ることに。大どんでん返しも。

  • 4.0

    ShohgohHirumaさん2021/09/04 23:46

    斬新な設定で驚きの結末。如何にナチスの問題が根深いか感じさせるとともに、実際にその時代を生きていた生き証人が既に老人ばかりであり忘れ去られようとしていることが伝わる。日本の戦争の歴史も同様だが凄惨な経験の被害者の思いは強烈であり、後世に歴史を繋いでいく努力を怠ってはいけないのだろう。

  • 3.9

    うさどんさん2021/09/04 19:54

    これは怖い、ドキドキする映画。
    最初はそうではなかったけれど、話が進むにつれて…。
    作品のことを調べあげずに、ふと観てみるのがお薦め。

  • 3.8

    あけみさんさん2021/09/03 22:20

    そうだったのか!
    衝撃のラストは
    とても悲しい。

    最初はロードムービーっぽく
    軽い気持ちで観ていたが
    ナチ信奉者の男に出会うあたりから
    話は重くなってくる。

    認知症になる事で
    セヴは救われたところがあるのかも
    しれない。

    マックスがセヴに
    妻の死後に旅にでるように
    示唆したのもうなづける。

    ナチスのやった事は
    今でも多くの人達を苦しめている。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す