お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

252 生存者あり

G

「絶対に生きて還る」「絶対に助け出す」

発端は首都圏を襲った直下型地震。その強大なエネルギーが自然災害の連鎖を引き起こし、太平洋上に発生した史上最大の巨大台風を引き寄せ、臨海都心を直撃。そんな中で展開する、地下の駅構内に閉じ込められた人々、巨大台風の猛威をついて命がけの救助を続けるハイパーレスキュー隊の決死の活躍を、地下と地上、双方向で描いた究極の人間ドラマ。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション邦画ランキング

252 生存者ありの評価・レビュー

3.1
観た人
5731
観たい人
638
  • 2.5

    ぽっけさん2022/01/21 00:37

    自然の脅威でパニック状態となった大都会。その状況下で生存者を助け出すために命を賭けるハイパーレスキュー隊を描いたヒューマンドラマ

    ツッコミどころ満載な映画だった。
    何も考えないで観たら楽しめるし、感動も出来ると思うけど・・・
    ラストシーンで、泣いて下さいと言わんばかりの演出に興ざめしてしまった。

    テーマが良いので、安易にお涙頂戴しなくてもいいのに、すごく残念。

  • 3.2

    まなんさん2021/12/21 22:30

    多分公開された時にお母さんと観たような記憶がある!
    ちょうど海猿で伊藤英明ブームが来てて、めちゃくちゃ懐かしい
    今見ると所々の荒い部分が気になってしまうかな、、
    自然災害映画は海外のしかほとんど観てないから、日本のがなんだかチープに見えてしまった
    でも地下で閉じ込められたらこうなってしまうのかって怖さを知れたのは良かった

  • 4.0

    はるかさん2021/12/12 20:53

    本当に起こりうる事かもしれないから、すごく怖かった。
    ストーリー的には面白かった。
    しおりちゃん役の子の演技がすごく良くて、途中見せる笑顔が癒しだった。

  • 2.8

    さきさん2021/12/08 22:52

    2021年、最近地震が頻発している時代に見たからか、とても身近な出来事のように思えて見入ってしまった。

    いつどんな天災に巻き込まれるかわからないから、本当に怖いなと思ったし、
    もともと地下鉄はあまり利用したくないと思っているけれど、なおさらその気持ちが強くなってしまった。

  • 3.0

    Hirokingさん2021/12/07 18:16

    〖パニック人間ドラマ〗
    大災害に見舞われた東京を舞台に描いたパニック人間ドラマらしい⁉️
    海猿と同じ感じは、どうしても否めないし、しょうがない。
    長いけど、なんとか楽しめる作品でした😅

    2021年2,058本目

  • 2.7

    あちゃんさん2021/12/05 07:33

    絶対に助け出す
    絶対に生きて帰る
    「252」生存者あり一一



    最初のイルカ?のTHE偽物感から
    あれ?これ期待できない?ってなったけど
    ストーリー的にはおもしろい。
    ただ、日本が終わるレベルの災害が
    次から次へと起こりすぎ(笑)
    ツッコミどころは満載ですが置いとこう

    子役の女の子の演技が抜群。
    あんなもん泣くしかない。
    伊藤英明+救助=海猿。の方程式
    山田孝之のサブに徹することも
    できるところほんとに凄いし好き。

    嫌いじゃないし号泣したけど
    評価低いのはラストのシーンが、、
    「パパぁ」まではすごく良かったのに
    涙引っ込んだ(笑)

  • 3.4

    もっさんさん2021/11/26 19:01

    おー!桜井幸子さんでてる!
    好きやったなあ~。

    とまあ、それはさておき、ここ何年も異常気象が続く日本でもどんな災害が訪れるがわからないので怖いなあと思いながら観てた。
    災害がおこってからから緊迫したシーンが続き見入ってたのだけど、子供が助けられてから急にテンポが悪くなったなあ。
    やたら長いスローモーションとかさあ感動してくださいよーとでも言われてるようで冷めてしまった。
    伊藤英明さんが良かっただけに最後のほうは残念だった。

  • 3.1

    たいよーさんさん2021/11/22 12:14

    あまり良い評判ではなかったから警戒していたけど、悪くなかった。東日本大震災からの10年は日本も災害続きで本当にレスキュー隊の皆さんには頭が下がる。有り難みを感じられる映画になったと思う。


    日テレ開局55周年記念映画なだけあって、かなりお金がかかっている。奮発したであろう大規模なセットは圧巻で、駅に流れ込む水とパニックな様子をノンストップで描く冒頭はかなり怖くて慄く。しかし、プロローグが弱いので台風が出来たと言っても不自然に感じる。この後いくつものパニック映画が日本で作られることを考えると、やはり自然考証は簡単ではないのだと思う。

    今作はレスキュー隊を軸に、救助を待つ側と救う側の2つの視点から描かれる。それぞれに救いのセーフティネットが引かれている点は実に邦画らしく、現実味を割いている。韓国映画ならもっと無情な現実を叩きつけているはずだ。それもあってか、中盤のたるみが気になる。リアルタイムで追い込まれていく雰囲気より、救われるフラグが立っているように見えてしまう。しかし、レスキュー隊だからこそ捉えられる命の重みは一貫している点で良かった。

    伊藤英明も内野聖陽も結局のところ、身内なら動いている感が強いのが残念だが、やはりカッコいい。ワイルドでタフな人物像が似合う。山本太郎を見るとどうしても政党がよぎるけど…俳優としては良いピース。笑


    災害映画と見くびっていたが、割とその時代に頑張れるCGも多用していたし、緊張感を持って観れた。色々思うところはあるけど、やはり災害に備えは必要。準備しておこうと思う。

  • 3.2

    Benitoさん2021/11/22 00:33

    【 日本で災害映画が娯楽として観れた時代 】

    映画の前半に伊藤英明が働くディーラーでBMW.Z4の2006-7年頃のモデルが映る。そう、この映画は2008年の映画。当時は2004年の自然災害パニック映画「デイ・アフター・トゥモロー 」や311のテロを描いた2006年の「ワールドトレードセンター」のヒット作、話題作が出た後。だから、そっくりなシチュエーションが続々と現れる、作られた、3.11の前の時代の事。

    伊藤英明が海猿のごとく不死身。
    原案/脚本は「海猿」シリーズの小森陽一。なるほど、そういう事かと納得。

    そして桜井幸子、山本太郎、香椎由宇、若き山田孝之など珍しい役者の組み合わせも目を引く。

    新橋駅の洪水シーン、地下鉄に流れ込む場面は凄い。CGの事でなく、多くの人間(おそらくスタントマン多数が命懸け)が濁流に流され倒れていく姿が印象的。

    とはいえ、演出は感動押し付け気味でご都合主義な展開。挙句にまだ他の人が救出されてないうちからスローやら俯瞰やら、そして過剰な音楽。そして救出・脱出プロセスが欠如してる描写が気になった…

    劇伴は岩代太郎、ギターには渡辺香津美。

  • 3.5

    ピラメキさん2021/11/14 12:07

    ツッコミ所満載だったけど中々面白い設定で楽しめました。

    が流石にラストシーンはおかしいでしょ!




    ここからネタバレ

    土に埋まってた人がどうやって1人かついで地上に歩いて出て来れるの⁉︎
    最後だけめっちゃ残念でした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る