お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

G
  • 吹替
  • 字幕

ヘレン・ミレン×コリン・ファース×ギャヴィン・フッド、アカデミー賞スタッフ&キャストが描く、衝撃の軍事サスペンス!

罪なき少女を犠牲にしてまでも、テロリストを攻撃するべきか?正義とモラルを問う強烈なラスト!ナイロビ上空6000mを飛ぶ【空からの目】を使い、イギリス軍の諜報機関のキャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のベンソン中将(アラン・リックマン)と協力して、英米合同軍事作戦を遠く離れたロンドンから指揮している。凶悪なテロリストたちが大規模な自爆テロを実行しようとしていることをつきとめ、アメリカ・ネバダ州の米軍基地にいるドローン・パイロットのスティーブ(アーロン・ポール)に攻撃の指令を出すが、殺傷圏内に幼い少女がいることがわかる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

詳細情報

原題
Eye in the sky
作品公開日
2017-07-04
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
作品公開日
2017-07-04
制作年
2015
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2017-07-04 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の評価・レビュー

3.8
観た人
7410
観たい人
6181
  • 4.0

    ケンさん2022/01/23 22:26

    ケニアのテロリストの家を空爆するかどうか、ロンドン・ネバダ・ハワイの作戦基地で話し合ってる間に、パンを売る少女が家の近くに来て問題を難しくさせる話。

    ずっとこの作戦だけを描いてる、ドラマ24みたいな映画。

    上司の意見に委ねるとか、上司が東南アジアで食中毒でトイレしてたり、別の上司は中国で卓球してたり、笑えるところも。

    アメリカのお偉いさんたちが「悩むことない、さっさとやっちゃえよ」ってのがさすがだなと。

    ネタバレだが、

    結局、空爆して少女もケガすんだけど、周りのテロリストたちがピックアップトラックの荷台の銃火器をどけて、少女を病院まで運ぶって演出がナイス。

  • 4.2

    Ryoさん2022/01/23 03:20

    最先端技術を駆使したテロリスト暗殺計画。
    穏便に終わらせるはずだったが、テロリストの近くに一人の少女が。

    少女を巻き添いにはしたくない。ただ、テロリストを野放しにするわけにはいかない。
    人道が勝つのか、理屈が勝つのか、最後までめがはなせない。

  • 3.6

    ナガツキンさん2022/01/23 00:52

    他の戦争映画と異なり主だった銃撃戦はないがこれは確かに戦争映画であり、戦争の残酷さを描いている。
    情報通信の発達で遠隔地でも連絡がとれるが故のたらい回しや、任務が終わったら直ぐに各々の家に帰っていく戦場と日常の近さが現代戦の醜悪さを語っている。
    最後のシーン。子供を巻き込んだ事を悔やむ兵士に「家に帰ってゆっくり休め。12時間後に戻ってこい」はかなりキツい言葉だと思う。

  • 3.5

    のすけさん2021/12/30 21:19

    今までにない戦争映画。
    実際に戦っていない者たちが、部屋の中で戦争を動かし、一人の少女の命すら握っている。
    何が正義なのか。そもそも正義を問うべきか。
    いろいろ考えさせてくれる秀作。

  • 3.8

    あやさん2021/12/16 21:11

    ドローン攻撃系はほんと見てられない。

    関係ない人が犠牲になりすぎて、
    報復が報復を呼んで、
    ただだだ負の連鎖…


    イーサンホークの映画でも出てきた
    ラスベガスの基地はドローン攻撃専門部隊なのかしら。

  • 3.8

    アラバンさん2021/12/12 11:41

    これは緊迫感溢れるトロッコ問題。

    暴走トロッコから5人の人間を救うために、レバーを引いて進路を変え、無関係な1人だけを犠牲にするかどうかは議論の分かれるところですが、目の前にいる1人の人間を線路に突き飛ばして、その先にいる5人を救うかと言われると誰もやらないという、、、。
    同じ1対5なのに、、と。


    今回は、この突き飛ばすバージョンに近い感じ。
    これが少女の映像ではなくて人影とかなら、割と躊躇少な目で爆撃出来たかもしれませんが、単なる数字の問題から、リアルな人間の命の問題に落とし込まれると、AIのようなシンプルで合理的な判断など出来なくなります。

    人道的に揺れるのはもちろん、その判断に伴う政治的問題を考えても、厄介極まりない決断を強いられる上に、どっちを選んでも大間違いと正義のブレンドという地獄の2択。


    この決断までのプロセスが面白く、シンプルな筋立てなのに終始緊迫感が途切れず、さりげない余韻が残る最後の締め方も非常に良かった。

    将来的にはこの手の難題は、無慈悲なAIに判断を委ねるようになる気がしないでもありません。

  • 3.5

    majiziさん2021/11/16 15:10

    パンをはやく買ってください😭
    後半ずっとそれ。

    とにかく作戦がザルじゃない?

    あそこ通行人が皆無ではないし、なかなか巻き込みそうなエリアだと思うんだけど!

    コーヒー飲みながら政府や軍のお偉いさんたちが責任転嫁、たらい回し、上に確認しましょう、部下に押し付け、非難するだけ…などなどミサイルを撃つまでの緊張感と葛藤が描かれます。

    ここまでワンシチュエーションで引っ張るのはすごく上手いし、なんとも後味悪く考えさせられる作品でした。

    だからって、じゃあ彼らの作戦が恥ずべきものなのか?

    第三者からは何も言えないし、何とでも言えるしそれこそ結果論。

    この作品は何を伝えたかったんだろう。
    こういうことが現実でも起きてるってこと?
    それとも倫理観を問いたかったのか。

  • 4.0

    カオリさん2021/11/08 23:22

    いやぁこれは面白かった。

    多数の被害か個人の犠牲か…

    ああ゛ー!もう!パン!買いにいき!たい!もうー!ってなる映画です。

    基本はドキモキヤキモキモキ、しっぱなしでしたが。
    イアン・グレンの食中毒でガウン姿な困り顔に大変癒やされました。
    分かりやすく非常にシンプルでナイスな設定。

  • 3.6

    JTKさん2021/10/29 19:37

    現実はもっと無慈悲で残酷なことが行われているんだろうが、映画に出来るギリギリのところで成立させた緊張感に満ちたエンタメ作品だった。

  • 3.6

    LOSTさん2021/10/29 19:08

    アメリカとの合同軍事作戦を指揮する英軍諜報機関のパウエル大佐は、ケニア上空の偵察用ドローンの情報を基に、自爆テロ計画の存在をキャッチ
    米軍ドローンパイロットのスティーブ中尉に攻撃を命じるが…

    戦地から離れた場所でスイッチを押して瞬殺、恐ろしい時代だなあ

    作品の時間は102分と観やすいが、終始緊張感に満ちていた
    観た人ならば、あのデッカいパン売れてくれと心の中で叫んだはず

    上の人達は判断を他人に委ねていたけど、誰だってこんな選択に迫られたら決断するのは難しい…
    ただ、その下の人達からしたらしっかりしてくれってなるよね

    色んな人が登場したけど、現地工作員のジャマが1番印象が良い

    ハチドリや昆虫のような生き物を模したドローンが使われていて、こんなのもあるのかと驚いた

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました