お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ビルと動物園

G

あたらしい朝へ向けて、前向きになりたいあなたへ

大手企業でOLをしている原田香子(坂井真紀)。窓拭きのアルバイトをしている音大生の大村慎(小林且弥)。慎は窓越しに出会った香子に一目惚れをする…。そんな2人を繋ぎ合わせたのは、慎の先輩である一太(山口祥行)であった。「無防備な人間がどんだけオモシロいか。それを垣間見れるこの仕事は、俺にとっての動物園!」と、ビルを動物園に見立てて人間観察を楽しむ一太は、香子を「テン」、慎を「キリン」として2人を繋いだのだった。
上司と不倫中の香子、目の前のことばかりで大事なことから逃げていた慎、抑えていた思いと溜息が増す中で、かろうじて2人を引きとめた「音楽」と「動物園」、そして「父のひとこと」。果たして2人に訪れるのはどんな朝なのか…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス邦画ランキング

ビルと動物園の評価・レビュー

2.9
観た人
41
観たい人
47
  • −−

    wakanaさん2021/03/12 01:12

    ゆったり落ち着きのある映画
    久しぶりに動物園に行きたいな

    自分も香子さんや慎みたいに頑張ろうって思った

  • 4.0

    鶏そば子さん2019/02/15 00:30

    21歳のバイトに明け暮れる音大生と29歳の悩みの多きOLの淡いラブストーリー。

    淡々と流れる日常、2人の会話、表情、恋人ではない何だか焦れったい関係性、それぞれ現実にぶつかる姿が自然でリアルで、観ている内に作品の世界に引き込まれました。より切なさも押し寄せてくるというか。
    慎くんの純粋さがとても良かったです、守ってあげたくなるというか。
    終わり方も個人的に好きでした。また観ると思います。

  • 3.0

    クラゲさん2018/01/05 04:50

    兎にも角にも、慎が格好良い。

    先輩に“優しくて、おっきくて、キリンみたいなやつ”って形容されてた通り、真面目で素朴な青年を魅力的に演じてる小林且弥さん、、、惚れました。

    好きなシーンは初めて香子と2人でお酒飲むトコ。ドギマギな姿が可愛いです。

    あと、動物園かなぁ〜。
    坂井さんのが全然キャリアが上だから、元々の距離があると思うんだけど、それが見事に“初デート”な感じで表現されてる。BGMもほんわかしてて、良しです。

    でも、ほんわかしてるだけじゃない。

    2人とも、現実の見なきゃいけないモノから逃げてた。

    慎は“将来”、香子は“不倫”。

    香子の父親が訪ねて来たことで、それに向き合うきっかけになるのが印象的。

    父親、、、というか、家族に向き合うってのはホモの俺からすれば、すげぇキツい。

    逃げられないし、ごまかせない。

    だから、香子が実家に帰った時、父親との距離がリアル過ぎて痛い。そう思った。

    ラストの夕飯を用意する父親の後ろ姿、、、“家事は女の仕事だ”って言ってたのに。

    溢れる涙が止まらない香子の表情が絶妙。

    坂井さんの演技好きかも。

    そして、2人は前に進む為、まっさらにして“新しいそれぞれの朝”を迎えていく。

    ラストのラスト、きっと慎は香子に電話したんだと思う。

    あの終わり方は粋だなぁ。やられた。

    ちなみに、出てきた動物園は名古屋の東山動植物園だった。なんか嬉しい♫

    好き。本当に好きかも。じわじわくる。

    自分の中の水、取り替えてくれたかも。

  • 3.3

    武士さん2017/04/25 23:23

    な~~~~~~~~~んも、これといって見せ場はありませんけど、背伸びしてなくて、時間もゆっくりで、脇役の方々がしっかりしている映画。
    個人的に好きです。

  • 2.7

    夜空のパンケーキさん2017/03/01 22:53

    自分は悪くないのに酷い扱いをされたら、助けてくれる人って誰だろう?
    自分がどう生きればいいのかわからない時、助けてくれる人って誰だろう?

    話的にはイマイチなんだけど、大人だって悩んでフラフラすることあるんだよ…そんなことを教えてくれる作品。

    最後はかなり含みをもたせる終わり方。
    おおはた雄一と持田香織が歌うエンディング曲がすごく良かった♬
    そう言えば『ちょき』もおおはた雄一が担当してたな〜〜。

  • 4.0

    ミロさん2014/04/12 23:31

    日常の流れがそのまま見えて、なんだかすごく温かくなる感じ。

    その人の根本にあるものにちゃんと惹かれる心は忘れずにいたいなって思った。
    見やすいものじゃなくて、見にくいものの方が本物かもね。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る