お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

破裏拳ポリマー

G

この世に悪のある限り、正義の怒りが俺を呼ぶ!超個性的ヒーローアクション爆誕!!!!!

過激化する組織犯罪に対抗するため、警視庁と防衛庁は極秘裏に提携し、重火器の無効化という防御能力と、単体で軍をも破壊できる絶大な攻撃力・機動力を持つ
特殊装甲スーツ「ポリマースーツ」を開発していた。しかしテスト版ポリマースーツのうち3体が盗まれ、その強大な力を使った犯罪が頻発する。悪用されるポリマースーツを撃退し取り戻すためには、封印されたオリジナル版かつ完全版である紅きポリマースーツを使うしかない。警察は最強の紅い特殊装甲スーツを起動させることができるただ一人の男、鎧武士を召喚する。破裏拳流奥義を身につけ海外を転々とわたり歩く流浪の探偵、鎧武士。彼がポリマーとして名乗りを上げる時、その運命は変わる。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2017
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2017-09-14 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入770

特撮邦画ランキング

破裏拳ポリマーの評価・レビュー

3
観た人
424
観たい人
296
  • 1.8

    こくさん2020/03/09 00:38

    キャストも豪華だし、仮面ライダーとかを、やや大人向けに真面目に作った感じ。

    スーツのデザインや格闘シーンも良かった。

    世界観がもう少しリアルなら、もっと楽しめた。

  • 4.3

    yutantanさん2020/02/01 18:12

    特撮俳優が何人か出てて個人的に熱かった。
    原作を知らないが、リメイク実写版ってだいたいこんな感じだなーと思った。
    溝端淳平ってこんな演技するんだーと思った。

  • 2.8

    ナさん2020/01/07 14:23

    坂本浩一監督×山田裕貴が観れると聞いて。
    ヒロインの山田裕貴を楽しむ2時間でした。

    アニメの原作があるのを途中で知ったけど、これはまさしくタツノコ作画でみたいやつだ。
    戦隊のスーツともまた違う絶妙に生身なポリマースーツ、好き。

    坂本監督の山田裕貴出演作品、ゴーカイジャー、賞金稼ぎ団、今作、と観てきて、なんとなく監督のフェチが分かった。同じくSEDAI WARSも楽しみたい。

    にしても山田裕貴、彼は本当に「愛され力(りょく)」が高いんだろうなぁって思う。愛されるのも才能。インタビューで「愛される人間になりたい」って度々言ってるけど、彼はその才能すっごいあると思う。彼を「推したい」というより「愛したい」という気持ちが大きい。こちとら人柄に惚れてんだ……

  • 2.7

    NFさん2019/10/08 23:12

    現代的なアップデートを施して大人向けにしてくれてるのかと期待したら、中途半端に子どもっぽい部分もあって馬鹿っぽい。もうちょっと何とかなっただろうに。
    予算が無いのか、生身の格闘シーンが多少多めなのは自分的には少し好きだけども。

  • 2.5

    タケシさん2019/09/30 00:53

    アクションシーン、
    個人的にあまり好きではない。

    俳優もイマイチ。。

    アクション監督って誰かなと調べてみたら
    野口彰宏ですね。


    やっぱりアクション監督と俳優によって
    アクション映画の面白さが違うんだなと
    参考になった。

  • 2.3

    あかぽこさん2019/09/23 14:33

    キャシャーン観たの思い出して、これも半年位前に観たの思い出した。

    ポリマースーツがカッコいいだけ。

    どうせなら実写版『インフィニティ・フォース』撮ればイイのに。

  • 2.2

    はけさん2019/09/23 03:39

    単体で軍をも破壊できる特殊装甲スーツ「ポリマースーツ」を巡る戦い。
    軍をも破壊できる、の軍て部分、言葉の範囲が広過ぎて笑える。
    スーツは強化される毎に顔の横の出っ張り部分が大きくなり、人は悪に染まると化粧が濃くなる。
    原作の存在は、他の方のレビュー見るまで知りませんでした。

    スーツに戦闘データを入力すると、身体能力の範囲を超えた動きが出来るらしいんだけど、これって中の人ヤバくない?
    本人が出来ない動きとかされたら、簡単に痛いなどと言う問題を超えてしまうのではないだろうか。
    年配者がスーツを着るシーンは、「おっさん大丈夫か」とずっとハラハラしてしまった。

    主人公の必殺技はドラクエビルダーズのマーマンみたいですね。

  • 3.1

    Ekenさん2019/09/14 01:30

    生身のアクションとフェチズム全開の撮り方、まさかと思って調べたらやっぱり坂本浩一監督。

    役者がとにかく豪華。それと最終戦で流れてくる「戦えポリマー」は激アツすぎた。あれだけでご飯3杯食べられる。

  • −−

    るうLechattigreさん2019/08/23 11:40

    アクションもかっこいいし無理矢理感はあるけど脚本もいいんだけど、悪者になるとメイク濃くなるのに笑ってしまってね。

  • 2.8

    イギーポッポさん2019/08/13 16:11

    タツノコでも地味目なタイトルをリメイクするくらいなので、製作陣の好きが溢れてて気持ちいい。ニチアサ好きからすると坂本監督の全てがてんこ盛りで満足なんやけど、アクション以外は薄いと言えば薄い。山田裕貴が女性にボコられるシーンが多いんやが、それがご褒美状態に感じてしまうのだが。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る