お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

天使のいる図書館

G

ある老婦人が図書館に持ち込んだ古びた写真。その撮影場所を調べるうちに、時間を超えたある愛の物語がよみがえる。

合理的な考え方を持ち、主観で物事を語ることを嫌う性格の吉井さくら(小芝風花)は、地元の図書館に就職し、新人司書として“レファレンスサービス”という慣れない仕事にとまどう日々を過ごしていた。ある時、図書館に訪れた芦高礼子(香川京子)と名乗る老婦人から、1枚の古い写真を見せられる。写真の撮影場所へ行くことを望んでいると思ったさくらは、そこへ礼子を連れて行くことに。その後も度々違う写真を持ってやってくる礼子を連れて葛城地域の名所をまわるうちに、さくらは礼子に自身の他界した祖母への思いを重ね、図書館利用者と司書の関係を超えた特別な感情を抱きはじめる。しかしある日、約束をしていたにもかかわらず、礼子は図書館に姿を見せなくなる。
そして、礼子のことを知るある男性(横浜流星)がさくらの前に現れる…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2017
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2017-10-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

天使のいる図書館の評価・レビュー

3.2
観た人
430
観たい人
510
  • 2.7

    たなかさん2020/07/08 03:15

    小芝風花を愛でる映画
    冒頭はキャラ色が強く、少々気になったが
    飲みこんでしまえれば、人間味が垣間見えるシーンなんかは特にすごくちょうどいい。

    孫の立場を考えると複雑な気持ちを一瞬想像してしまったが、そこさえ除けば全編すごく平和な映画。心穏やかに見ることができた。

    都会生活で不足している
    コミュニティのある生活・地元感をのんびり眺められました。

  • 3.3

    マトさん2020/07/07 15:37

    物語はそこそこって感じだけど、小芝風花の巧さと魅力でもってる。「富美子の足」の監督とは思えん爽やかさ。
    ドカ弁にうどんの麺だけ入れてきてつゆぶっかけて食う弁当やばいw でも小芝風花がやると可愛い♡
    風花たん機械みたいに喋るの上手やなぁ。そして風花たんの巫女姿かわえぇ〜♡
    横浜流星くんはちょっと控えめな使われ方。
    「ニコニコのニコラスケイジですね!」←お気に入りのセリフ。今度使おう。

  • 3.2

    TRBさん2020/07/03 13:10

    うぉー
    広陵やんか!
    奈良に小芝風花きとったんか!

    会いたかったな〜

    カワユスな〜

    ほんとカワユスな〜

    図書館で本を薦めるターミネーターが、本に携わる人と歴史に触れ、人の温かみを知り成長していく

    ラムネをバーンってして渡してほしい

    柿の葉寿司食うてる〜!
    大好物〜!
    奈良のソウルフード!

    どっちどっち?
    たなかと平宗、それどっち食うてんの?

    屯鶴峯や葛城山など懐かしスナ〜

    なんでしょうな
    とても奈良に会ったストーリーでホッとする

    それでいて小芝風花!

    いや〜カワユス〜

    完全にハマってしまった

    巫女さん衣装を見た瞬間
    昇天してしまうかと思った

    一瞬、メガネ飛んで
    目ん玉がクルッてなった

    知ってる風景が出ると何故かテンションが上がる

    意図せずにそれに出会うと2割増で嬉しい

    しかも可愛い女優付き

    オレが通った図書館にはおばちゃんしかいなかったな

    内場さんの

    「神様はいるのか?」

    の返答が良い

    田舎の素朴な雰囲気とノスタルジーが味わえる奈良の魅力と小芝風花の魅力が味わえる作品。

    奈良のゆっくりした時間、やっぱり好きだな〜

    落ち着く

    小芝風花に恋をした、2020年の夏

  • 3.7

    夙沖波耶音さん2020/06/24 16:01

    105.
    ほのぼの穏やかに流れるストーリー。

    ロボみたいに知識だけを喋り倒す小芝風花さんが何気に可愛い。

    神様はどこかにいるのかもしれないねー。

  • 3.1

    電気羊さん2020/06/22 20:39

    頭も良いし何事にも一生懸命なんだけれど、空気や他人の感情が読めない図書館司書が周囲の人間に支えながら、愛する人と巡り合うほのぼのストーリー。今なら発達障害とかレッテルを貼られるんだろうが、貼られた方が幸せか、変り者と言われた方が幸せか分らんね。まあ俺も他人の気持ちなど考慮しないんでレッテル貼られた方がマシかな。

  • 3.0

    まのさん2020/06/20 21:43

    図書館で勤め始めた女性の話。

    さくらは知識は豊富だけど、何かにぶつかるとまるでロボットみたいにその知識を言うのみで、そこに自分の感情はない。そんなさくらは実は自分が一番嫌いと不器用ながらも自己分析も出来ているのが悲しいですね。

    大好きな祖母を見送る時の心残りがずっとさくらを支配していることが原因みたいで、さくらの繊細さが良く分かります。そんな時に職場の先輩の女性が凄く良かったです。本当にその人にとって必要な本を、少しのヒントで探し出していく様がとても素敵。プロって感じがよく出てました。色んな事を乗り越えてさくらもきっとこんな女性になっていくんでしょうね。図書館の裏側が見えて結構楽しめました。

  • 2.2

    s0o0gleさん2020/06/12 08:11

    凄いしょうもないし、キャラも気持ち悪いんだけど本と図書館が好きだから最後まで観ることが出来た
    「自分が嫌い」というセリフが出てくる映画のハズレ率安定

    「想像力に蓋をするような知識の使い方はするな」っていうのは禿同
    知識の素晴らしいところは目的だった知識が次の知識や想像力を得るための手段になるっていうループが続くところにある

    あと奈良に行きたくなった

    ちなみに私が泣いたことのある本は、作者もタイトルも忘れた白血病のランナーの本と、幸田露伴の『五重塔』

  • 3.4

    わかなさん2020/06/08 16:54

    さくらちゃんの涙にすごく感情移入してしまった…。
    穏やかな話でとても好き。偶然の出会いを大切にしないといけないなと。人生、誰から影響を受けるかわからないですね。
    ただ、前半の方のさくらちゃんのAIっぽい喋り方が気になってしょうがなかった笑

  • −−

    manamiさん2020/06/08 12:29

    か、か、可愛い!小芝風花ちゃんがも〜可愛い。とりあえずキリのいいとこまでにして続きは後にしようと、次の行動に移るまでのブリッジ的なつもりで見始めたのに、小芝風花ちゃんが可愛いせいで、つい最後までいっきに見てしまった。
    彼女が演じるさくらが好きなものは「知識」「客観的事実」。それらを語るときには得意顔したり顔のAIみたいな口調になる。それ以外では無表情、お堅いキャスターのような話し方。でも家にいる時や弟と遭遇して素に戻る時には、ユル〜い姿で奈良弁になる。こんな変テコな役を可愛い子が一生懸命に演じてるんだから、そりゃもう可愛いに決まってるわ。
    ついでに弟も泣きたがり女子も、アホ可愛い。
    ストーリーの方は、なかなか突飛な展開やわざとらしい描写もあり。特に「Aさん」に追い返された直後に雨が降るのはサブイよ、なんでそんなことしちゃったんだろ。
    それと幸介、白クルーネックの下に着てるのがVネックなの、ダッサい。上司のひろみさんに「ダサダサのダサ山ダサたろう」って命名されちゃうよ。
    そもそもキャストのクレジット、なんで彼の名前が二番目なの?そんな役どころじゃないよ?集客力狙いなのがみえみえで、横浜流星にも香川京子にも失礼。
    お話に出てくるのは鳥居で神社で神様なのに、タイトルなぜか天使、他にもツッコミどころありすぎるくらい。でも何度も言うけど小芝風花ちゃんが可愛いし、さくらがちょっとだけ私に似てて親近感わくので、真剣に見なければ楽しい。

    103

  • 3.2

    Keicoroさん2020/06/04 19:48

    寝たり起きたりしながら観ていたので、観直す

    主人公のキャラはちょっと無理があるけど、作品中の事と思えば、まあ、いっか
    恋愛について、語るのはちょっと受けたけど😆

    弟いつき、あの、亀さん飼い出したのね🐢

    上司のひろみさん、弟いつき、結構好き😁

    奈良県民、柿の葉寿司ばっかり食べてると思われそう(笑)

    観ていると知らなかった図書館司書の一面が見られて良かったけど、本離れと言われているし、段々居なく、あるいは、要らなくなっちゃうのかな、、

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る