お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

裏門釈放

G

正に計算外!思いもかけぬ宿命のしがらみが、崩落の陥穽(ワナ)へといざなう…

大阪西刑務所の中、けたたましいサイレンの音が響き渡る―。
天王寺・稲村組幹部・竜崎栄治(木村一八)が所内病舎の屋上から飛び降り自殺をしたのであった!刑務所側は一切の作業を中断して、囚人全員を舎房に戻す。とある舎房の房長の菱川勇五郎(宅麻伸)が同房の囚人たちに、竜崎栄治の波乱の半生を語り始める…。12年前、竜崎は少年院時代の仲間で稲村組若い衆・大芝順次を頼って新世界にやって来た。くすぶり生活の中、屋台のオヤジ・元大和久組舎弟の矢部政吉(火野正平)と懇意となる。矢部は
若い頃の己れの姿を竜崎に重ね、竜崎の影の軍師となった。水を得た魚の如く、竜崎は緻密に計算された売り出し人生にのめり込んで行く…。囚人、死しても未だ仏となれず…果たして、この言葉の意味は?初めて解き明かされる囚人の死の実体…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(一般作)邦画ランキング

裏門釈放の評価・レビュー

3.7
観た人
10
観たい人
4
  • 4.0

    メイプルわっふるGさん2020/05/02 06:48

    視聴 2020.05.02 エンタメ~テレ(録画)

    竜崎(木村一八)の人生ドラマ 渡世の愚痴
    菱川(宅麻伸)が昔語り

    どんな世界でも人間関係で成り立ってる
    その人間関係が崩れたときにどう対応するかで人生は大きく変わる
    by.菱川(宅麻伸)
     
    囚人死しても未だ仏と成れず

    一文上がりの三文下り
    七文 八文 滝下り
    昨日の 兄ィも 今日の三下

    喧嘩 懲罰 皮ワッパ
    独居 独居で 名を売れば
    点検 マンマで日が暮れて
    明けりゃ満期が近くなる

    memo
    大阪西刑務所 竜崎屋上から飛び降り
    宅麻伸 菱川勇五郎 神戸三代目浜辰連合舎弟
    木村一八 竜崎栄治 元・稲村組幹部
    竜崎の渡世の愚痴=生き様 菱川の昔語り
    新世界 盃 文言 飲み屋のおやっさん(火野正平) 酔っ払いながらただモンじゃないと見抜いた竜崎 男になりたい 野球賭博に手を出した新世界 機が熟したら殴り込み
    稲村組 老舗の博徒 ポン引き 競輪競馬 キリシ 客ハリコ ハンデ 愚連隊新星会 集金係の大芝マーク 新規獲得 ブラックの鉄(川本淳市) 新星会に段平持って斬りかかる 鉄砲で撃たれる おやっさん通報 警察突入 警察病院入院 稲村組幹部から高評価 懲役5年 危険な賭けの代償
    出所 一本で〆るって三三七拍子 盃直し 兄貴らと五分の兄弟分 放免祝い 一家名乗りの許可 おやっさんに感謝 ムショは勉強になった 自分のヘタ打ちじゃなく、組のためという大義名分があると周りの評価が全く違う おやっさんを顧問に勧誘 断れる 居酒屋のおやっさんのまま相談役
    竜崎組立ち上げ ブラックの鉄が竜崎狙ってる 長椅子ソファ おやっさんがブラックの鉄をとりなす 竜崎の器量を認めたら舎弟になる 組全員が竜崎の心配 ブラックの鉄殴り込み 竜崎の大きさに負けを認める鉄 舎弟になって一緒に天下取ろうぜと誘う竜崎 噂が噂を呼び時の人となる
    面白くない面々もいる カシラ 竜崎が頭をとばして親分と直に話す パンパン屋を鉄に任せたい 筋が違う 極道の筋 しのぎが絡んだ話 屁理屈ばかりこねる自体が筋が違う 話をなかったことにする 了見の狭いカシラ 竜崎が売り出してきたせいでやっかんでる 親分みずからカシラではなく鉄に任せる 渡世の世界は器の世界 今はカシラと張り合う時期ではない カシラの塚本組に鉄出向 第三機関立ち上げ 鉄+塚本の舎弟二人 広川の兄弟 渡世入り時の兄貴 塚本頭から頭補佐連中に竜崎つぶしの指示 リョーコ 広川の妹 バツイチコブ付き 竜崎と兄弟分3人が塚本頭に頭下げてゴタゴタにケリ リョーコの息子リョータ 雄ライオンはヒモみたい 鉄 観光案内所という看板 パンパン屋→出張サービス 塚本のカシラ シノギの金額疑惑 鉄は塚本の懐に入りスパイ 塚本の盃 舎弟の盃 打ち出の小槌 金の流れが不自然 会計 大友の兄貴 銀行通帳すら見たことない 組の新しいシノギを理由に大友に近づいた シノギは折半が常識 親分になんぼ渡してるか不明 すべてカシラの裁量 鉄がきっちり調べる 虎穴に入らずんば虎児を得ず 鉄のやりたいようにやってくれ 前半終了

  • 5.0

    能戸淳さん2017/07/05 21:51

    木村一八さん主演!
    京極鉄次を演じた「代紋の墓場」シリーズが終わって、出演作来ないかな・・・と待ちわびていたらやっと・・・!それもとっても魅力的なストーリー。

    もう冒頭から木村一八さん演じる竜崎栄治は刑務所で自殺!?という設定。
    それを病院(?)で一緒だった宅麻伸さんが振り返るというストーリー。
    この竜崎英二が「代紋の墓場」シリーズの京極鉄次のように明るく、男気あふれる人間なので観ていて清々しい、しかし・・・ってな進行。

    ってか、「裏門釈放」という題名から考えると、ひょっとして実は生きている!?とか妄想も出て来るが、このシリーズ、後編で完結じゃなくて「代紋の墓場」並に続いて欲しいなー!

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る