お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

戦争と青春

G

構想20年。あの東京大空襲が現代に蘇る。

現代の一人の女子高生が夏休みの課題で、家族の空襲体験を聞くことで戦争の悲惨さ、生命の尊さを学ん でいくという物語。
舞台は東京のある下町。そこで細々ながらも平和に 暮らす「花房モータース」の主人・花房勇太は、娘ゆかりの質問に口を開こうとしない。そんなある日、ゆかりの伯母にあたる勇太の姉、清原咲子が、町の焼け焦げの電柱横の道路に飛び出した子供を救おうとして、交通事故にあう。「螢子、ケイコ、あぶない!」とさけびながら…。
螢子とは空襲で生き別れになった伯母の娘だった。そこでようやくロを開いた父の話から、伯母の過去の傷痕が語られる。戦争中、伯母は弟(勇太)の担任だった教師・風見和夫と恋に落ちる。その愛を育む間もなく風見に招集令状が届く。しかし風見は徴兵を忌避し、北海道に逃亡する中で、非業の死を遂げる。
伯母は風見の子を身ごもり産むが、3月10日の空襲の混乱の中で子供と生き別れになってしまう。それか ら45年、伯母はいつも、子供と別れた「焼け焦げの電柱」の前で待ち続けていた。そんな折、朝鮮(韓国)から、李順益(イ・スニク)が一目自分を生んだ母親に会いたいと成田空港に降り立つ。自分は赤ん坊のとき、空襲の中で母の手からはぐれ、朝鮮の人に救われ育てられたという。ゆかりは李順益の姿に、伯母の姿をダブらせるが…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

戦争と青春の評価・レビュー

3.1
観た人
41
観たい人
25
  • 5.0

    miyajimaさん2021/02/03 06:26

    再観の1本。

    エキストラで兄貴が出てる。
    空襲の中逃げまとうー
     
    工藤由貴、奈良岡朋子氏らが流石に上手いんです。

  • 2.3

    上海十月さん2020/09/26 17:40

    「日本の戦争映画」春日太一著の中に今井正の項目があり、本作を引き受けた経緯が書かれている。戦前、戦中、戦後、そしてバブル期と映画を作り続けた今井正の遺作。モノクロになると今井正な感じがするがカラーの現代バージョンは、なんか治りが悪い。原作がそうなのか韓国から関係者がやってくる。何か全てがとって付けた様に見えるのが辛い。東京大空襲のシーンは、頑張っているが、型にハマっていて迫力がない。(そういう映画じゃないけどね)私の今井正観は、結構エグい表現が多い監督。「仇討」「武士道残酷物語」等々。なんか当時の若者に講義している様な映画だった。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る