お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

グラディエーター

G
  • 吹替
  • 字幕

壮大なスペクタクル・ロマン!!剣闘士(グラディエーター)となった英雄が誇りを胸に復讐を誓う!

西暦180年、大ローマ帝国。皇帝マルクス・アウレリウスは、将軍マキシマスに全幅の信頼をおき、次期皇帝の地位を約束する。だがそれを知ったアウレリウスの息子コモドゥスは皇帝を殺害。マキシマスに反逆罪をなすりつけ処刑を企てる。間一髪で逃げ延びたマキシマスが故郷に帰ると、そこには変わり果てた妻と息子の姿があった。その後、彼は奴隷商人プロキシモの手に落ち、死ぬまで戦うことを義務づけられた剣闘士(グラディエーター)として、ローマが誇る巨大コロシアムに出場することになるが…

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
495
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

グラディエーターの評価・レビュー

3.8
観た人
32924
観たい人
11703
  • −−

    油田さん2022/01/21 18:32

    音楽めっちゃパイレーツやんと思ってたら作曲家が師弟関係?らしい。にしてもこんな似るものなのか。
    途中、鑑賞時の自分のコンディションのせいでもあるけど珍しくかなりウトウトしてしまった…闘いのシーンは見入るんだけどそれ以外のストーリーへの興味が続かず。こればっかりは相性の問題ですね

  • −−

    香さん2022/01/18 14:16

    何回見てもかっこよいっす
    ラッセル・クロウ氏(マキシムス)最高っす
    ホアキン・フェニックス氏(コモドゥス)ビバ悪役

    本筋とはまったく関係がないのだが
    一番最初に「蛮族」として出てくるGerman=ゲルマン人
    Wikipediaによれば”ローマ帝国を脅かす蛮族”とのことだが、彼ら側からしたら、「皇帝軍=ローマ軍」に「侵略された先住民」なのだろうな、、、

  • 4.5

    ヒメさん2022/01/17 00:37

    監督 リドリー・スコット

    米アカデミー大量12部門にノミネート
    ゴールデングローブ.英アカデミー他、
    36個の賞を受賞
    コロッセオの英雄・剣闘士を描いた
    ローマ帝政時代背景のスペクタル史劇

    実際は史実とは違い
    マキシマムも架空の人物らしいです
    ストーリーは残酷極まりなく
    血しぶきもトラウマ級なのだけど
    個人的にブレイブハートにしても今作も
    主人公が愛妻家の設定本当弱い..。

    妻と子、故郷を心の底から愛し
    「戦いは虚しいこんな事をして楽しいのか」
    と、どんな状況でも決して人を殺さない
    マキシマムの人間性
    これ観るとラッセル・クロウ♡ってなる

    善と悪、英雄と暴君
    助演ホワキン・フェニックスと
    音楽.映像.迫力.衣装デザインも◎
    ジュバとマキシマムの会話のシーンも好き

    ただ、やはりマキシマムが剣闘士という
    奴隷になった理由は理不尽だし
    愛する妻子の変わり果てたシーンなど
    本当に切ない。

    昼はハーブ、夜はジャスミンの香る裏庭
    門の横のポプラの木、オリーブの丘
    イチジク、リンゴ、ぶどう..妻子が待つ
    大好きな大好きな故郷へ。
    ラストはやっぱり涙涙でした。名作😭

  • 3.8

    ぽてぞうさん2022/01/17 00:00

    観てなかったグラディエーター、リドリースコット監督の代表作をやっと見た。

    ラッセルクロウがとにかくかっこいいし非の打ち所がない。人間臭くないとも言えるし展開は読めるけど、マキシムスのかっこよさとグラディエーターのシーンの迫力に色々どうでもよくなる。
    ホアキンフェニックスの気持ち悪さもすごい。

    人には祈りが必要なときもあるし、その時に拠り所にする物も必要だなと思う。

  • 3.3

    ラムタラさん2022/01/15 23:09

    昔のローマ帝国のお話。すごい将軍様が皇帝からその地位を譲られそうになるが、皇帝の息子が皇帝を殺して皇帝になる。その後、将軍も殺そうとするお話です。
    成り上がっていったり、奴隷仲間と絆ができたりするところは王道な感じで良かった。飼い主?も格好良かったし。
    でもでも、皇帝の悪行がいまいち。謀略をもっとしっかり応酬してほしかった。単純な復讐劇。時代劇。そこそこでした。

  • 4.0

    由さん2022/01/15 18:32

    2022/01/15

    主人公マキシマスの軍人らしい武骨な精神を演じ切ったラッセルクロウの演技が凄まじい!

    剣闘士の殺し合いも見ていてゾクゾクするほどの迫力がある。

  • 4.0

    Suzuriさん2022/01/15 01:47

    2022年1本目
    すごい映画やったなあ、、戦闘シーン見てるの辛かったけど気づいたら熱中して見てた。最初なんとも思ってなかったのに途中からラッセルクロウかっこよすぎ、、演技力が素晴らしすぎる。ホアキンは愛に飢えた嫉妬丸出しの残忍な皇帝役がハマりすぎ。途中音楽パイレーツっぽいなあって思ったら音楽担当ハンス・ジマーやって、やっぱり?なのかな。

  • −−

    9suzuさん2022/01/13 01:27

    好きな人は好きだろうなあと思った。
    漢の権化みたいな主人公が心を捧げた人のため、そして愛する人のために目的を達成し一生を遂げる話。
    大衆は本当に形のないものでいくらでも流れが変わるものだと改めて思い知った。それをわかった上でうまくバランスを取ることがどれだけ難しいことだろう。

  • 5.0

    朝霞さん2022/01/12 19:16

    Death smilies at us all.
    All a man can do is smile back.

    死は誰にでも微笑みかける。
    人にできるのはただ、微笑み返すことだけ。

  • 5.0

    だすぷーちんさん2022/01/12 16:23

    超大作です。

    面白いです。

    おススメです。

    ローマ時代、皇帝の息子コモドゥスは、部下の将軍マキシマスが、とーちゃんからの覚えがめでたいのが気に入りませんでした。

    気に入らないっていうか、許せない感じ。

    てめーの無能さは棚に上げて、マキシマスを憎む、憎む、憎む!

    憎みすぎて、マキシマスの、奥さん、息子さんを処刑しちゃった!

    げー。

    それでも飽きたらず、マキシマスを将軍から奴隷待遇に突き落とす。

    マキシマスは、奴隷剣闘士として復讐の炎を燃やします。


    はい、


    出来の良い、他人の息子を可愛がるとーちゃんに腹を立てる、無能の跡取り息子。

    この設定は、この映画の後、いくつか創られていて、だすちーも触れたことはあるんですけど、

    実は、この映画の前にもこういう設定の作品があるのを知り、たまげてしまいました。


    それは、

    NHK大河ドラマ、黄金の日日

    すみません、ここからは、よそのドラマのお話です。

    1572年、元亀三年、商都大阪は堺の豪商、今井宗久の下ではたらくすけざ。

    奉公人ですが、才覚、人格に優れた若者。

    宗久は、ダメ息子兼久を差し置いて、すけざを持ち上げます。

    「そちが、我が息子であったらのう」

    ダメ息子、兼久は面白くない。

    面白くないので、すけざに嫌がらせです。

    実は、交易船に乗って南蛮貿易をすけざはしたい。

    なのに

    かねひさ「生野の銀山で銀を掘ってこい!」

    すけざ「いつまで?」

    かねひさ「死ぬまで!」

    すけざ「……」

    こういう、意地悪をする兼久、まさにコモドゥスのような意地悪さ!

    でも、人によっては、コモドゥスこそ被害者だ!という人もいます。

    親ガチャに恵まれても、親子の愛に恵まれないのは、大変不幸なことのようです。

    では。



レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました