お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

BRAVE STORM

G

伝説の昭和特撮番組『シルバー仮面』『レッドバロン』が最新の特撮&デジタル技術により新たに実写映像化!

宇宙人に侵略された未来よりタイムスリップしてきた、「シルバースーツ」を持つ春日光二(大東駿介)とその弟妹、光三(タモト清嵐)、はるか(山本千尋)は、侵略を阻止するため、現代のロボット工学者、紅健一郎(吉沢悠)に巨大ロボット製作の協力を求めた。しかし健一郎には協力する一つの条件があった…。健一郎の弟 健(渡部秀)は、巨大ロボット「レッドバロン」の操縦者として、地球存亡をかけた戦いに巻き込まれてゆく——

詳細情報

制作年
2017
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2018-03-20 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

特撮邦画ランキング

BRAVE STORMの評価・レビュー

3.1
観た人
499
観たい人
418
  • 3.5

    WATさん2020/06/27 23:11

    70年代特撮作品『シルバー仮面』と『スーパーロボット レッドバロン』を掛け合わせてリブート‼️という企画がまず凄い。

    いい意味で同人誌的と言うか「俺たちはこんなのが好きなんだ、好きだから作りたいんだ、作ったからとにかく観ろ!」みたいなスタッフや出演者の熱量をすっごく感じる作品でした!

    まぁ、確かに安っぽい部分もあるし、ストーリー展開もありがちっちゃあ、ありがちなんだけどね。

  • 3.6

    光邦さん2020/06/09 17:52

    マイナーヒーロー(?)作品2つのコラボ&リブート作品。そういう意味ではMCUの「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」に近い作品とも言える。

    ロボットやスーツ(特に改修後)のデザインはスタイリッシュで、主要キャストも特撮慣れしているためかこの手の特撮映画の中では比較的見やすい作品だと思う。話も単純でわかりやすく、CGもかなり綺麗。

    一方でアクションはダメダメ。敵のゆったりした弱々しい攻撃でヒーローが苦しむようなシーンが多く、敵味方どちらも強そうに見えないのはヒーローものとしてどうなのか。
    キャラクターも全体的に薄味でイマイチ気持ちが乗れ切れない印象。原作オマージュなのか妙な言い回しをする事が多く、演者も苦戦している様子が垣間見える。リブート作品ゆえの宿命だろうか。


    総括すると、他の特撮リブートよりは遥かに観やすいが、個々のキャラクターにイマイチ魅力を感じないのが欠点といった所。とはいえ、大ヒットシリーズ「アベンジャーズ」も初期の頃は決していい作品ばかりではなかった。方向性自体は悪くないので今後の展開に期待したい。

  • 2.0

    のぢさん2020/05/06 23:35

    「ブレイブストーム」を見ましたよ

    いにしえの名作「スーパロボットレッドバロン」×「シルバー仮面」!

    どっちも名前しか知らない!

    キルギス星人という悪の宇宙人が、全人類の96%を死滅させた2050年から、未来を変える使命を帯びた春日兄妹が、サイキック能力、エイリアン判別メガネ、シルバースーツを引っさげタイムスリップしてくる!
    そして現代で紅健一郎博士の力を借りて巨大ロボット「レッドバロン」を完成させ、その弟である、紅健はパイロットとなる!
    さあ!レッドバロン、そしてシルバー仮面よ!キルギス星人を倒すのだ!

    ロボットの戦闘はCGもしっかりしていて、見応えは十分!
    しかしシルバー仮面の方は旧スーツでの動きがもっさりしすぎていて、戦闘が退屈してしまった。新スーツで口元が隠れるとまるで序盤とは別人のような動き!(アクター変わったな?)あと、なんか弱い…アイアンマンなどのアメコミヒーローと違ってやたらダメージ描写がリアルな分弱々しく見えてしまうのが残念

    レッドバロンもシルバー仮面もリデザインはこれ以上無いくらいにカッコよくなってる!それぞれ単体でドラマとか出来るんじゃないの?

    ヒロインは「ウルトラマンジード」など特撮作品でおなじみの山本千尋さん
    今作でも短時間ながら見事な剣さばきを披露!カッコイー!

    あとやっぱり巨大ロボットが大技を放つ時は技名を叫んで欲しいな

    続編も期待したい!

  • 2.2

    青星叫さん2020/05/06 21:33

    キルギス星人とやらが地球に攻めてきて
    エラいことになった未来から
    エラいことになる前の過去に行って
    事前に食い止めよう作戦

    ターミネーター的でドラゴンボール的なことを
    しに来るも巨大ロボットを作った博士は
    弟しか乗れない巨大ロボットしか作らないと
    なんだかよく分からない過去の約束を守り
    そいつの説得からスタート

    まぁそれくらいのイベントないと一瞬で終わってしまう
    もう少しだけ戦闘シーンにゴタゴタが欲しかったな

  • 3.5

    けんいちさん2020/05/02 17:29

    どうせならパシフィック・リムにレッドバロンって機体名で出てほしかったな~。あと、シルバースーツは宇宙刑事(古!)っぽくてかなり好き!

  • 2.9

    なつみかんさん2020/04/25 08:10

    開始早々、導入に流れるテロップの世界観説明にいきなり萎えてしまった!

    MCUとは、何が違うんだろう?

    シルバー仮面もレッドバロンも、特撮で放送された頃を知ってはいるけれど、ソコには思い入れは無いのです。
    こうやって過去のヒーローキャラを順にリメイク?リブート?してゆけばいずれ出来上がってくるだろう、なのでその出来上がりがどうなのか?
    なんですが、CGのロボバトル・アクションは割と見てられるものだったのですが、やっぱり〝話〟かなぁ〜?
    セリフのひとつひとつなら、胸熱でグッとくるものなのに、流れで見るとしっくりこない!
    なんだろう、予算はそれほど大きくないのだろうけど、見た目の出来はそれなりに思えたのに、やっぱり〝脚本〟にかけるお金って足りなかったのかなぁ・・・😅

  • 2.1

    JEDIobiさん2020/04/18 15:44

    全体のストーリーは、まあまあ。

    それに肉付けするべきセリフが、ことごとく幼稚で薄っぺらだから、ストーリーに全く深みが出てない。


    巨大ロボットは、デザイン、アクションともに悪くはないけれど、今となっては新鮮味が無かった。

    映画の内容とは関係ないことだが、
    敵の宇宙人に、実在の国名をそのまま使うのって、どうなんだろう?
    何か意図があるんだろうか。

  • 3.5

    友一さん2020/04/14 02:40

    この手のジャンルのツボを分かりまくったオタクが本気で作った良質なB級映画って感じで最高でしたよ。

    岡部淳也監督といえば円谷プロ時代に『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説』をプロデュース&脚本を担当して海外から坂本浩一監督を呼んだ張本人ですよね確か。それ以降坂本浩一監督は日本の特撮アクション界を刷新して今や業界引っ張りだこな凄い人なわけで、彼を日本に連れて来た功績はデカイですよね。

    あと自主製作なのかなんなのか『座頭市VSプレデター』という短編映画を監督したりしてましたよね。これ最高なんで未見の人は是非。

    上記の仕事ぶりを見るに、まぁ特撮アクションSFオタクからしたら"信頼出来る人"感びんびんなわけですよ。なのに何故今まで見逃していたのか。全く自分が許せないですね。

    この作品がお世辞にもふんだんに予算が使える製作体制でないことは明白なわけで、そこをアイデアと工夫とちょっとの強引さで見せ切る姿勢にグッときたというか。

    ロボットの重量感、一般市民からの視点で巨大ロボの戦いを見せたり、強化スーツや銃の何段階かにわかれたギミック。クリーチャーの造形、見せ方。その工夫のひとつひとつに作り手の魂がちゃんと宿ってるんですよ。

    いくら金をかけたって実写版『ガッチャマン』のようななーんもわかってないゴミ映画は永遠と作られ続けているんだから、それら有象無象に比べるとこの作品の志が高さが良くわかると思います。映画は予算じゃねぇ!

    音楽のマイケル・バータさんはまさに『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説』からの起用かなと思われるんですけど、この方のジョン・ウィリアムズリスペクトに溢れたオーケストレーションがこの作品の"本気のごっこ遊び"感を際立てていてとにかく素晴らしかったです。

    キャストも文句無しでしたね。
    特撮俳優がどかどか出るのでオタクの目には優しかったです。

    山本千尋さんが控え目なサイキックとして登場したときは「あぁ、なんか戦わなそうだな」としょんぼりしたんですけど、彼女がとある場面で満を持して剣を抜く瞬間、心の中で拍手が起こりました。作り手も文脈が完全にわかってるので、クイーンエイリアンに立ち向かうリプリーみたいに(唐突なエイリアン2ネタ)ちゃんとその瞬間を盛り上げてくれるんですよね。

    あとランタイム81分って凄くないですか?実写『ガッチャマン』なんて113分もあるんだよダサくない?寒くない?(しつこい蒸し返し)とにかく本作のジャンル映画への理解度の高さに感服します。感謝しかないです。

    はやく続きを作ってくれるんだろうねぇ...。







  • 4.5

    yutantanさん2020/04/11 11:10

    アマプラにあったので、なんとなく再生。

    レッドバロンとシルバー仮面のリブート作品とのことで、
    あまり原作は知らなかったが、
    オリジナルからの変貌ぶりがすごい。
    ライダー、ウルトラマンなどの俳優が多く出演しており、テンションが上がった。

    ストーリー的にはありがちなものではあるか、嫌いではない。
    続くのだろうか…。

  • 1.1

    アヒル隊長さん2020/04/06 00:34

    ええぞ!(よくない)
    巨大ロボ見たさに手を出してしまいました。開始2秒でジュース吹いたので優秀な出来だと思います。でも18分で脱落したのでどっこい生きてる!シャツのーなーかー🐸

    映画を完成させたという意味で+0.1ポイントです。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る