お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ビジランテ

G

容赦しない運命が暴れ出す法や正義が及ばない世界、響き渡る兄弟の慟哭―-かつてない衝撃作がここに誕生!!

幼い頃に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。再会した三兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2017
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2018-05-08 17:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー邦画ランキング

ビジランテの評価・レビュー

3.4
観た人
3564
観たい人
5280
  • 3.5

    モさん2021/09/08 02:23

    悪くない。吉村界人好きだ〜〜!!
    三兄弟で正義が違ったってことかな
    最初は一郎クソって思ってたけどなんやかんや二郎が1番クソでしたね、三郎はいい奴過ぎたから最後は助かって欲しかったな

  • 3.0

    カーネルさん2021/09/05 21:22

    この所バイオレンスやノワールの良作に接していたのでハードル上がってます。
    入江監督は『SRサイタマノラッパー』シリーズがだーい好きです!
    今作も地方都市の閉塞感漂う一作でした。

    ビジランテって自警団とか私的制裁を下す人みたいな意味らしいのですが、なんかピンとこない。そりゃ吉村界人のヌメッとした笑顔(鉄板だよね、あの笑顔!)でのあの一連の仕打ちはわかるんですけどね。外国人とのイザコザも取ってつけた感があって、すっきりしないな〜。
    あの父親の三兄弟に向けた暴力も私的制裁として受け止めるべきなの?
    ストーリーがシンプルな割に主軸がはっきりわからなくて迷い道ウロウロ〜しちゃいました。
    そもそもなんで一郎が相続できたのか、何故あの土地は絶対手放せないのか、がわからない。(穴の場所って下橋なの?あれ?似たような草っ原だらけでよくわからない〜)
    せめて一郎の背景をもっとキッチリ描いてくれないと………。せっかく大森南朋が救い難いアニキやってくれてるのに、勿体なかったわ。
    真面目で優しい二郎ちゃんと、シャイな優しさのサブちゃんはなんとなくわかるんだけどね。
    二郎ちゃんの嫁さんも謎だったな〜
    変に上からなのに二郎とは離れないでいて、死んだ親父とも曰くありげ。何者?

    〝昔埋めて隠したものを掘り起こす〟と、数ある穴掘りシーンですが、こういう所をちゃんとリアリティーもってやってくれないと、冷めちゃう。掘った穴が機械で掘ったように綺麗な丸だったり、お宝が綺麗なまま出てきたり………穴掘りシーンは気をつけてほしいもんだ!

    初めの方のCDから流れる曲に合わせた画がすっごく良かった!
    もっと長く観たかった!
    ラストは含みを持たせ、綺麗な夜景で終わるのも画的には良いけど………。
    尻切れトンボ感アリ。

    全体的に消化不良気味ですw


    般若演じるヤクザは期待通りでしたが、
    坂田聡演じる横浜ヤクザの方がちっちゃくて地味なのに迫力あったなー
    二郎の子供期を池田優斗が演じてた!

  • 3.5

    THXー8311さん2021/08/22 21:15

    ずっとヒリヒリする閉塞感と暴力。
    暴力に関しては今年1番痛そうなシーンが最高だった。
    あんな世界は映画で観るに限る。
    長男の行動原理がよく分からないけど、役者がみんな良いから、なんか説得力がある。
    大きな逆らえない流れに巻き込まれてもがく映画が好きだから好きな映画だった。
    特に桐谷健太と般若が良かった。篠田麻里子も。

  • 1.5

    すぽんじさん2021/07/28 21:48

    【スクリーンの外にもビジランテ】

    ビジランテ=自警団
    バイオレンス&エロ。以上です。笑
    え、いや、この映画の本編始まる前に
    劇場内でお客さん同士が大モメしまして、
    本編始まってから外で本格的に喧嘩し出したので正直あんまり集中出来なかったのかも…笑
    これが本当の4DXか…(違います)

    2018.01.25劇場@ユナイテッドシネマ

  • 3.7

    Sinamonさん2021/06/22 19:48

    最近からラストまで地方都市を舞台に閉塞感を漂わせた映画で希望が見いだせない地方の街が抱える問題「政治」「暴力」「風俗」「外国人労働者」「ヤクザ」「覚せい剤」「血縁」などこれでもかと兄弟が絡め取られていきます。

    地方政治の裏側が垣間見れたりしてゾッとしました。
    地元ヤクザを巻き込んで相続争いの最果てに壮絶な ラストシーンを迎えてしまいます。
    兄弟愛がラストでは見られたのが救いです。

    韓国映画みたいなので私はどんどん引き込まれていく映画でした。

    一郎役の大森南朋さんがとても良かったです。
    渋くてカッコいい横顔がこの役にピッタリ合っていました。
    二郎役の鈴木浩介さんもなんだかとても魅力的でビクビクしている政治家の役を見事に演じていました。
    三郎役の桐谷健太さんは心優しい場面が沢山あり、表情で言葉は無くとも伝わってきてとても素晴らしかったです。
    この映画で桐谷健太さんの事がより好きになりました。

    二郎の奥さん役の篠田麻里子さんも影のある役で全てをお金のために厭わない感じを見事に演じていました。

    う~ん🤔この映画はかなりヘビーですが、日本が抱える問題の一面が見事に描かれている映画なのでバイオレンス好きな方にはおすすめ。

  • 3.4

    bluemercenaryさん2021/06/15 14:02

    今一つ、一郎の内面が窺い知れなかったけど、「抗えない“血”と“地”の呪縛。」――これが全て。
    その“血”と“地”の定義が兄弟で違っていた ―― 否、それぞれの立場がそうさせた。
    “情”と“利”と“理”が、暴力、非情、狡猾、自滅に繋がった。
    地方都市で商売していると否応なしに「抗えない“血”と“地”の呪縛。」を味わう。
    このノワールは限りなくリアルなんだよね。

  • 2.3

    カカオさん2021/06/11 16:57

    失踪した兄が突然登場、
    土地の遺産相続の争い、
    大型商業施設の誘致の利権、
    コミュニティ団体に対する差別と偏見、

















    作品のあらすじを読むと期待してしまったが、傑作とは言えない。



    バイオレンスは迫力あり。
    手の甲とテーブルを貫通する箸は痛そう。




    次男の嫁の意味深な発言と行動。
    その辺も、もっと映像で攻めてほしい。


    数々の事象が繋がると思いきや、何も繋がらず。
    長男が土地を渡さない理由も解せない。しばらく土地を離れていた人の発言なので少々強引だ。

  • 3.9

    sugioseptemberさん2021/05/14 09:04

    大森南朋×鈴木浩介×桐谷健太、トリプル主演。

    注目の監督、入江悠がオリジナル脚本で描く渾身の地方都市ノワール。

    三郎は地元暴力団石部組のヤクザ、大迫に雇われる形でデリバリーヘルスの店長をしています。

    二郎は父の葬儀に出席しなかった三郎を呼ぶと、父の遺骨を渡しました。

    そして、二郎は大泉が進めているアウトレットモールの誘致建設計画のために父が持っていた土地の権利を自分に譲ってほしいと三郎に話します。

    父を嫌悪していた三郎は二つ返事で了承し、二郎のプランは上手くいくはずでした。

    しかし、そこに公正証書を持ったある男が現れ、土地相続の権利を主張。

    その男こそ30年前に二郎と三郎を置いて逃げ出した一郎でした。

    三兄弟を取り巻く事態は凄惨な方向へと動いていく。

    イメージは北関東っぽくてめちゃくちゃリアル。

    けっこうグロい描写もあります。

    差別的な表現もあるので気をつけて。

    大森南朋さんの“謎めいた暴力男”演技、スゴかったです…。

    大森さんは友達のバンドの元ギターで

    何回かLIVE観たけど。

    めちゃくちゃカッコ良かったです。

  • 3.8

    ともみさん2021/05/04 21:24

    キャストがよかった。入江悠作品なのでたのしみだった。観賞後、考察をじっくり読んでまた見直したりして、たのしめたと思う。

  • 3.0

    MasaruOnumaさん2021/05/04 21:02

    かなり痛々しい、どれを取っても悲惨なストーリー。よくもまぁこれだけの災難を重ね重ね描けるなぁと感心。もはや不幸の畳み掛けは入江監督のお家芸。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る