お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

Ryuichi Sakamoto: CODA

G

これは最終楽章のはじまりなのか--

2012年から5年間という長期間に渡る本人への密着取材によって実現。さらに膨大なアーカイブ素材も映画を彩ります。

坂本龍一は、1978年、「千のナイフ」でソロデビュー。同年、細野晴臣、高橋幸宏の3人でイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成し、そのポップロックとシンセサイザー音楽を融合させた革新的なサウンドで、世界的人気となった。80年代には、『戦場のメリークリスマス』、『ラストエンペラー』に出演しその音楽も手がけ、多くの賞を受賞。映画音楽家としての地位も確立した。以後、作曲家、演奏家、音楽プロデューサーとして幅広いジャンルで活動。90年代後半になると、社会問題・環境問題に意識を向けるようになり、その変化は音楽表現にも表れていった。2014年、中咽頭がんと診断され、1年近くに及ぶ闘病を経て復帰。2017年春、8年ぶりのオリジナルアルバム「async」をリリースした。現在65歳の坂本は、その40年以上にわたる音楽活動において多くの作品を生み出し続けている―
震災以降の坂本の音楽表現の変化に興味をもち、密着取材を始めたのは、本作が劇場版映画初監督となるスティーブン・ノムラ・シブル。坂本龍一が「全てさらけだした」という本作は、過去の旅路を振り返りながら、新たな楽曲が誕生するまでの、坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えたドキュメンタリー。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2017
制作国
アメリカ/日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2018-05-25 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

その他邦画ランキング

Ryuichi Sakamoto: CODAの評価・レビュー

3.9
観た人
1278
観たい人
1174
  • 3.3

    tonyさん2020/06/01 20:26

    原発の見学からの癌宣告の流れは、科学的根拠がないため直接的に言っていないが意図的であるだろう。
    この映画の内容だけみると坂本さんは意識高い系の人である。原発事故現場や森林や北極やあらゆる極地へ出向く、そこでの感覚やサンプリングにより音楽をつくる。極地でないと彼の琴線に触れないのであれば、彼はなかなか麻痺していると思うし、私のような一般人はその音楽を別次元のものと思ってしまい共感できなさそうである。
    しかもその表現方法が、人間がつくった道具(楽器)を使ったものであって、とても縛られている感じもした。近頃プロゲーマーがメディアに取り上げられるようになったが、私はとても違和感を覚えている。人間がつくったプログラムの中で表現しているということで、坂本さんもゲーマーも一緒なのかな?とても都市的で、文化というより文明人という印象を持った。

  • 5.0

    Hazukiさん2020/05/30 09:48

    ドランに対する完璧な感動と同種の完璧なシンパシー。
    バッハのようなものを書こうとしてタルコフスキーに悔しがる姿。
    様々な映画音楽の小噺最高。
    my own Choral

  • 4.2

    fさん2020/05/29 13:59

    KADOKAWA映画の1週間無料キャンペーンにて視聴。

    冒頭の「Merry Christmas Mr.Lawrence」で泣いてしまった。こんなに、こんなに美しい音があるだろうか。澄み渡るようなクリアなピアノの音、そしてそこに折り重なる弦楽器。跳ねるバイオリンと撫でるようなコントラバスに、私はもう溶けた液状の何かになっていた。坂本龍一はすごい。本当にすごい。この曲は母親が好きだから何回か聴いたことはあったけど、もう、なんか言葉にするまでもなかった。当たり前に美しく、当たり前に真理だった。ドキュメンタリーは面白かったけど少し冗長で、途中ちょっとだけ眠くなってしまったけど、起きても軟なアンビエントが耳朶を撫でる感触はちょっとだけ心地よかった。途中でもう何回も観た東風のライブ映像が挿入されたり、若き日の坂本龍一が登場したり。母親がYMOだと坂本さんが一番好きという意味がわかった。

  • 3.7

    みそさん2020/05/29 01:20

    滑り込み観賞。社会派やなぁと思ってたけど、ほんとに社会のど真ん中で生きてはる人なのね。隙がなさすぎて北極にサンプリング行って、音とれた!って喜んでるところが一番気を許してた顔な気がする。ストイック…

  • 4.0

    いどさん2020/05/28 23:36

    前に細野晴臣のドキュメンタリーを見て、その対比で見ると面白かった。

    坂本龍一はいろんなことに真剣なんだなと思う。

    彼の作品集を改めて聞き直したくなった。

  • 4.2

    おがふぃんさん2020/05/27 13:27

    坂本龍一の日常、製作の現場を追う作品…。

    3.11の被災地を訪れるシーンや、そこで津波に浸かったピアノを弾くシーンなどは、必涙。

    個人的には、NYの自宅の庭で、バケツを頭から被って雨音を聴いてる坂本龍一と、北極で雪解け水の音を録音しながら、「I'm fishing sound」て言う所が好きです。

    フィールドレコーディングは自分もやろうと思ってやらずに終わった事だったので、教授がどんなセンスで、どんな風に仕上げるのか、これからの教授にも目が離せない!!

    て感じです。

  • −−

    のりちりさん2020/05/27 01:47

    YMOとしてコンピューターを使った音楽をしていた、若さでいきがっていた彼が、環境について考え出す。
    あらゆる周りの音を聴いたりするのは意外だった。

    自分がガンになって、人は人生に限りがあると分かったとき、残せるものを残していきたいと音楽を作る。
    彼の頭の中は音楽でいっぱいなんだろうな。

    出てきた映画は、ディパーテッドしか観てないが、機会があれば観たい。
    バッハを敵対しているところがいい。

  • 3.7

    3さん2020/05/26 20:06

    「食えない人」だと思った。

    世間では環境活動家としての顔の方が下手すれば有名な「主体」の人だが、このドキュメンタリーを見ていると、発言などの節々にどこか他人事めいた視点が見受けられる。
    いわばエリート主義というか、彼の人生に直接食い込んでこないからこそ本気になれるような人ではないかと思う。

    逆に9.11やガンという個人的危機が迫った時には音楽を失ってしまっていた(闘病期間中に取り組んでいたのは「与えられた」映画音楽である)のは皮肉である。

    とはいえ、だからこそ癌を乗り越えた先の『async』というアルバムが凄まじい退廃感で死を平然と見据えていたように思えるし、その「食えなさ」が彼の強さだと思う。

    ドキュメンタリーとしての内容は普通で、時系列などは特に定まってない。タイトルの諧謔性も含めて、元同僚の細野晴臣の『NO SMOKING』には負けるかなと感じた。失礼ながら。

  • 3.9

    百花さん2020/05/26 19:54

    ことばを発する前の沈黙。それから血の通ったことば。人の顔よりも手がすき。相手への心遣いや暮らしやこころのささくれもよく見えるから。からだのどこかがしにながらいきるってどんなかんじだろう。自然やテクノロジーとちょうどいい距離でいるひとだなぁとおもった。じぶんの美学をもって好き勝手であろうとするひとはかっこういい。わたしたちが暮らすなかでただしいとされるものは不自然かもしれない。それが自然である必要もないかもしれない。

  • 3.3

    YUIさん2020/05/26 13:29

    坂本さんもっと気難しそうなイメージだったけど優しいおじさんなんだ。

    ピアノは不自然とか、北極の水の音を一番純粋な音って表現している一方で電子楽器を多用しているのには違和感はあった。

    自然の音を録音してるとこすごく面白かった。

    ドキュメンタリーとしては時系列がばらばらでナレーションもないから淡々と進む。
    わたし好みではなかったかな。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す