お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

トロッコ

G

芥川龍之介の不朽の名作『トロッコ』を原案に、舞台を現代の台湾に置き換え“家族の絆” と“少年の成長”をまっすぐなまなざしで描く、珠玉の感動作。

ある夏の日、敦(あつし)8歳と凱(とき)6歳の兄弟は、旅行ライターをしている母親・夕美子に連れられ、亡くなった父親・孟真(もうしん)の故郷を初めて訪れる。急死してしまった父親の遺灰を届けるために、東京から台湾東部の花蓮(かれん)の近くにある小さな村までやって来たのだ。
村では、台北に住む孟真の弟、孟堅(もうけん)夫婦が、母子を迎えてくれた。玄関の前で、いきなり白い顎ヒゲの老人が「親不孝者めが!」と、遺灰の箱を杖で叩く。それがおじいちゃんだった。台湾では子供が親に先立つのは大罪だから叩いて叱って家に入れる習わしだと、孟堅の妻がそっと夕美子に耳打ちして教える。
敦が大切に持ってきた、亡くなる前にお父さんから手渡された古い写真。そこに写っているトロッコを押す少年は、戦前のおじいちゃんだった。写真の場所を忘れたおじいちゃんは、敦と凱を連れてトロッコの線路を探し始める。村を歩きながら「明治神宮も靖国神社の鳥居も、みんな台湾ひのき。」と、おじいちゃんは誇らしげに日本語で語り出した。「この線路、あの山の木を、日本に運ぶためのものだった。子供のころ、この線路をずっと行くと日本に行けると思っていた。とても憧れていた」と。そして、おじいちゃんは母親に叱られた敦をなぐさめてくれたり、お風呂に入れば体を洗ってタオルで拭いてくれた。おじいちゃんと敦の距離はどんどん縮まっていった。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2009
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2018-10-01 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

トロッコの評価・レビュー

3.4
観た人
203
観たい人
205
  • 3.3

    今帰仁さん2020/04/29 18:43

    旦那が死んで、子供の接し方が分からなくなってしまう。
    子供には伝わってしまうんだなぁ

    台湾と日本のつながりも分かる映画でした。

  • 3.0

    tetsuさん2020/04/11 15:48

    台湾で撮影したというのがミソなのかな。死んだ夫の実家に帰った日本人妻と子供たちの話。子への接し方に変化が生じる。悪くないんだけどゆったりしたいうよりゆっくり過ぎて入るんでは

  • 3.8

    Saadiyatさん2020/04/08 04:17

    台湾の緑が美しい。
    帰省した時、弟と二人乗りで遠出して道に迷った時のこと思い出した。
    尾上真知子うまいなあ

  • 4.0

    渡辺watanabeさん2020/03/09 23:51


    2020/03/09
    DVDにて鑑賞

    子供の一夏の経験って2度とない経験だし、この作品の物語は特に素敵

    撮影順は分からないけど、2人の男の子の顔つきが変わっていく感じが良い

    親も悩むし、小学生の子供だって悩む
    悩んで苦しんだりするのは日本人も台湾人も一緒

    清々しいというか、台湾の空気感が伝わってくる好きな作品です

  • 3.4

    かるまるこさん2020/02/21 08:44

    【リー・ピンビンの撮るDSLite】

    てっきり限定カラーかと思ったら、まさかの「ガリガリ君」カラー(アイスブルー)。
    肉眼で見たらあんなに安っぽい「ガリガリ君」カラーも、リー・ピンビンの手にかかると急に高級感を醸し出すから不思議。

    物語は芥川龍之介の『トロッコ』+小津安二郎。
    リー・ピンビンで小津をやったら、それはもうホウ・シャオシェンなので、新味はない。

    リー・ピンビンといえば「緑」。

    恐らくこの企画、思う存分彼に「緑」を撮ってもらうために立ち上げられたに違いない。
    気持ちはわかる。
    ただ家の壁や家電まで緑で揃えるのは逆にちょっとやり過ぎ。

    とにかくリー・ピンビンの撮る「緑」を愛でるためだけにある映画。
    嫌いではない。

  • 4.0

    抹茶さん2020/02/16 16:20

    台湾が反日ではないだけに心に刺さった。おじいちゃんに軍人恩給を支給し、報いたらいいのに…。トロッコを押すシーンで涙が出た。台南の景色がものすごく綺麗。行きたくなった。

  • 3.5

    KICCoさん2019/09/14 14:00

     日本人であることを私は誇りに思うよ

    とても美しい映像でした。
    去年、空気人形ですっかり魅了された李屏賓さんの撮影(台湾チーム)に浸り、
    もう、ほぼ泣きっ放し状態になってしまった私ですが、
    この作品の感想はちょっぴり書きにくい。
    それは日本と台湾の歴史に関することでもある所以なのですが、
    実際に背景を体験していないことは、自分の判断を信じきることができない。自分が善しと信じてきたものが悪いことだと突きつけられ、裏切られる経験が如何なるものなのか、安易に言葉にするのを憚られる。(‥‥と書きつつ、これも私の逃なのかもしれないけれど。)
    今年、「海角7号」という台湾映画をみたのですが、なんだか相通じるものがあったような気がしています。

    結構ほっぽり出したままのエピソード(山の人だとか、お母さんだとか、弟夫婦など)や、苦手な尾野さんが気にはなりますが、
    祝芥川龍之介の短編映画化ということでこの★。
    (映画生活投稿分2010)

  • 4.5

    やまもとさん2019/08/06 12:28

    私的には相当神映画。
    子供の頃を思い起こさせるし、とにかく自然が美しい。
    霧の立ちこめる鬱蒼とした森の中を私も歩きたい。

  • 2.9

    Kazuhikoさん2019/07/30 18:11

    「日本人はどうして我々を日本人として認めてくれない…。」

    深いところに行きそうで、ストーリーは浅目。

    台湾の雰囲気を味わうのには丁度良い映画。

    子供達の表情が一番ドラマチック。

  • 4.3

    Ponihaさん2019/06/30 22:05

    夕美子は台湾人の夫孟真を亡くして、アツシ、トキの二人の息子を連れて、遺骨とともに台湾の夫の実家に帰って来た。義父はかつて戦争中日本兵、日本人として命がけで戦った人だった。。

    ほんとに静かに淡々と台湾の緑濃い田舎の風景を背景に家族の姿や日本と台湾との関係が描かれています。母親と長男、兄と弟、父親と息子、祖父母と孫、義父母と義理の娘、義理の姉と義理の弟、夫と妻。そして台湾の人たちの日本に対する複雑な想い。私にとってすごく心に残る大切にしたい作品となりました。

    昔、台湾に出張した時、後輩と2人で色々なお惣菜を自分で選んでお弁当にしてくれる街のお弁当屋さんに行ったことがありました。初めてのお店で、どう注文していいか分からず困っていたら、お店にいたお客さんのおじいちゃんが、とても綺麗な日本語で注文の仕方を教えてくれました。その時、私はとても感激したし、やっぱり台湾って親日的でいいなと思いました。でも、この映画を観て、単純に喜んではいけないし、日本人としてもっと知っておかないといけない台湾との歴史、複雑な想いがあるのだと感じました。あのお弁当屋さんのおじいちゃんも同じような想いがあったのではないかと思えてきて、涙がこぼれて来ました。

    明治神宮や靖国神社の⛩鳥居が台湾ヒノキで台湾の山から切り出してつくられていたなんて全然知らなかった!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る