お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

トロッコ

G

芥川龍之介の不朽の名作『トロッコ』を原案に、舞台を現代の台湾に置き換え“家族の絆” と“少年の成長”をまっすぐなまなざしで描く、珠玉の感動作。

ある夏の日、敦(あつし)8歳と凱(とき)6歳の兄弟は、旅行ライターをしている母親・夕美子に連れられ、亡くなった父親・孟真(もうしん)の故郷を初めて訪れる。急死してしまった父親の遺灰を届けるために、東京から台湾東部の花蓮(かれん)の近くにある小さな村までやって来たのだ。
村では、台北に住む孟真の弟、孟堅(もうけん)夫婦が、母子を迎えてくれた。玄関の前で、いきなり白い顎ヒゲの老人が「親不孝者めが!」と、遺灰の箱を杖で叩く。それがおじいちゃんだった。台湾では子供が親に先立つのは大罪だから叩いて叱って家に入れる習わしだと、孟堅の妻がそっと夕美子に耳打ちして教える。
敦が大切に持ってきた、亡くなる前にお父さんから手渡された古い写真。そこに写っているトロッコを押す少年は、戦前のおじいちゃんだった。写真の場所を忘れたおじいちゃんは、敦と凱を連れてトロッコの線路を探し始める。村を歩きながら「明治神宮も靖国神社の鳥居も、みんな台湾ひのき。」と、おじいちゃんは誇らしげに日本語で語り出した。「この線路、あの山の木を、日本に運ぶためのものだった。子供のころ、この線路をずっと行くと日本に行けると思っていた。とても憧れていた」と。そして、おじいちゃんは母親に叱られた敦をなぐさめてくれたり、お風呂に入れば体を洗ってタオルで拭いてくれた。おじいちゃんと敦の距離はどんどん縮まっていった。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

トロッコの評価・レビュー

3.3
観た人
242
観たい人
244
  • 3.5

    つるみんさん2021/11/21 20:13

    【大人になったら決めろ】

    芥川龍之介の原作が元となっている作品。

    台湾人の父親と日本人の母親の間に生まれた兄弟2人。大好きな父親であったが、亡くなってしまい台湾に遺骨を持っていくのだが…。

    全く違う環境に溶け込むのは難しさもあるが、あのくらいの年齢の子供は慣れるのが非常に早い。彼らが台湾で経験する全ての物事は、自分達が住んでいた日本のことをよく知るきっかけにもなる。戦争が残したモノを静かに触れながら、父親が亡くなってから変わった母親との関係を主軸に描くのが巧妙であった。

    日本語を使い、日本名を名乗り、日本統治時代に作られた輸送用のトロッコを利用する。日本の為に戦った太平洋戦争が残したモノが今でも残っているのは、日本人にとって複雑な気持ちになる。常にどこかの支配下にいた台湾。自国独自で形成される事のなかった国は、日本統治時代の発展があっただけで、今も日本を慕ってくれている。

    そのどちらの血も持っている兄弟2人。
    日本の良さも台湾の良さも、両方吸収して欲しいという願い。

    決して説教臭くなく、真摯に歴史と向き合うこの映画を私はオススメする。

  • 3.0

    Keengooさん2021/08/27 00:34

    台湾へ行きたくなった。
    今の日本人よりもずっと古き良き日本の姿な感じ。
    夏休みに毎年行ってたおばあちゃんちを思い出した。
    自分にも小さいときにそんな場所があって良かったなと思う。

  • 3.3

    Pewterspoonさん2021/07/13 22:09

    [あらすじ]
    ライターの夕美子は急死した夫の納骨のため,敦と凱の2人の子どもを連れて夫の故郷である台湾の山奥の村へ向かう。夕美子は亡き夫の両親と初対面し,しばらく二人の子どもとともにのどかな台湾の山中で生活をすることになる。

    台湾での生活を通じて,夕美子は夫亡き後の子どもとの関係を見直し,敦と凱は,祖父の少年時代の写真をめぐる冒険を通じて精神的に成長し,3人は日本へ帰国する。

    [感想]
    都会の喧騒から離れたのどかな田舎暮らしにより,己と向き合い,挫折から立ち直っていく・・・スローライフ系映画の王道であった。

    『ホノカアボーイ』のときもそうであったが,舞台が海外となると,やはり非日常感が増幅され癒しの効果は大きいものがあると思う。

    どことなく日本を思わせる,台湾の里山。

    日本統治時代の遺物が,台湾と日本の結びつきを感じさせる。
    また,元・日本人として生きる祖父の下に,恩給欠格の通知が届くエピソードも,台湾人の日本に対する複雑な想いが描かれているのは興味深い。

    何気なく見ていると,ああのどかな風景だな、で終わってしまうが,細かいエピソードによくよく立ち止まってみると,かなり味わい深い作品である。
    (2010年7月19日@シネスイッチ銀座)

  • 3.8

    nekonekoさん2021/06/11 22:42

    🌿ノスタルジックな台湾の小さな村を舞台にした「ひと夏」の兄弟と家族の物語

    急死した父親の納骨のために初めて台湾の祖父母を訪ねる日本人の母親(尾野真千子)と兄弟が主人公ですが……
    私の1番の胸熱は…お爺さんでした💧
    …静かでジワっと心温まる作品

    📌リー・ピンビン氏(撮影監督)の撮る美しくて✨叙情的な映像が好きです
    「ノルウェーの森」「空気人形」「夏至」「恋恋風塵」……などなど✨✨✨

    芥川龍之介の原作は残念ながら読んでいません…

  • 2.0

    Taulさん2021/05/22 04:00

    『トロッコ』(2009) DVD。急死した台湾人の夫の故郷を訪ねる家族。両国の「しこり」や「距離」を感じ、それを人の繋がりとおおらかな自然が包み込んでいく。侯孝賢組参加のリー・ピンビンの撮る花蓮の森林が美しい。尾野真千子がいい味。川口浩史初監督、強い個性はないが雰囲気が良かった。

    2015年8月鑑賞

  • 3.9

    ちほさん2021/03/26 09:15

    あまり起伏がなく、少しスローすぎるなと思うシーンもあったが、あつしの心の揺れ、母の葛藤が、台湾の美しい景色とともによく描かれていた。

    「お母さん、僕のこと大事?」には胸打たれた。生徒たちと一緒に観られて良かった。

  • 4.5

    くれおさん2020/12/08 11:26

    台湾の田舎町
    異国だけど亡くなったお父さんの故郷
    子供達にとって不思議な感覚の場所だろう

    最初はなじめなかった兄弟だけど
    優しい祖父母の愛に触れ
    日本と台湾の歴史に触れ
    母の愛に触れ
    郷愁漂う風情あるこの地での体験は
    一生心に残るだろうな

    台湾の景色が印象的
    静かに心温まる素敵な作品

  • 2.5

    ZAKKさん2020/09/09 06:01

    特にこれと言った事件もなく、淡々と物語は進み。風景が素晴らしく、音楽もいい、母親役の尾野真知子も綺麗でなかなか。どことなく懐かしい風景と少年の頃の思い出がシンクロして…少しだけグッとくる。久々に素敵な映画を見た気がする、満足。

  • 3.3

    今帰仁さん2020/04/29 18:43

    旦那が死んで、子供の接し方が分からなくなってしまう。
    子供には伝わってしまうんだなぁ

    台湾と日本のつながりも分かる映画でした。

  • 3.0

    tetsuさん2020/04/11 15:48

    台湾で撮影したというのがミソなのかな。死んだ夫の実家に帰った日本人妻と子供たちの話。子への接し方に変化が生じる。悪くないんだけどゆったりしたいうよりゆっくり過ぎて入るんでは

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る