お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

死の谷間

G
  • 吹替
  • 字幕

第2のアダムとイヴに告げられる衝撃の黙示録ー

戦争か、事故か。死の灰に覆われ壊滅した世界に唯一、核汚染を免れた奇跡の谷(第2のエデン)があった。緑豊かなその谷には、アン・バーデンという女がたった1人、かつて家族と暮らしていた農場で強い信仰心に支えられ生きていた。相棒は、物言わぬ愛犬ファロだけ。長すぎる孤独。ひょっとして自分だけが唯一の生存者なのではないかと恐怖に震えていたある日、その男はやってきた。ジョン・ルーミス、安全な避難場所を求めて放浪していた科学者だ。人種も考え方も異なる2人だったが、共に生活をしていくうちに慎み深くも濃密な“2人だけの関係”が芽生え、その先に、明るい未来の兆しが見えた……が、もう1人の生存者である謎めいた美しい男ケイレブが現れ、彼らの生活は一変する...。

詳細情報

原題
Z For Zachariah
作品公開日
2018-06-23
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
作品公開日
2018-06-23
制作年
2015
制作国
アイスランド/スイス/アメリカ
対応端末
公開開始日
2018-10-05 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

死の谷間の評価・レビュー

3.1
観た人
1307
観たい人
2438
  • 2.6

    YutakaKomoriさん2021/10/21 16:21

    2021年10月16日

    Huluで初見です。
    面白かったです。
    こういう作品には、弱いです・・
    深い事考えず、ただ身を任せて…

  • 3.5

    JBさん2021/10/19 13:53

    前から気になってたこの映画、Huluにあったので見た。

    登場人物は、マーゴットロビー、キウェテルイジョフォー(この表記正確じゃないみたいだけど前例に倣って)、クリスパインの3人のみ!
    極小体制だけど豪華な出演者(だいたいの有名俳優DCかMCUに出てる…)

    どうやら終末最終戦争っぽいのがあった後の世界で、ほとんどの人類は放射能で死滅して、残った人々が地下やら影響を受けない僅かな土地で暮らしている(らしい。詳しくは語られない)。

    そんな奇跡的な谷間の土地の一つで1人暮らすアン(マーゴットロビー)。家族は他の生存者を探しに出かけて戻ってこなかったので、1人(と犬1匹)で農作業して自給自足で暮らしている。
    そこに、防護服を着て旅してきた男ジョン(イジョフォー)が現れ、だんだん仲良くなっていくが、そこにさらにケイレブ(クリスパイン)という男が現れ、その関係性に変化が……

    というお話だけど、とても好きな雰囲気の映画だった。
    谷間の景色綺麗だし。

    マーゴット演じる純真で心優しい田舎娘は、少し視野が狭そうだったり騙されやすそうだったり危なっかしさ含め、実際にいそうな感じ。
    クリスパインのケイレブは、『ワンダーウーマン』の運命の男スティーブとは違って捉え所のない少し悪魔的な感じがある。

    非常にキリスト教ベースのお話のようで、あまり知識がないので解説が欲しいところ。
    アンとジョンがアダムとイブで、ケイレブが誘惑する蛇、というのはなるほどって感じだけど。

    ジョンはヨハネで、ケイレブはカレブ。カレブは旧約聖書の人物でモーセに命ぜられて約束の地の偵察に行った人らしい。
    ケイレブはアントンという「約束の地」を目指す。

    原題は『Z for Zachariah』
    ザカリアはヨハネの父。

    映画の中で非常に思わせぶりに『A is for Adam』の本(子供がアルファベット覚えるための本)が映し出されていた。

    宗教的な解釈はさっぱりわかりません!

  • 3.0

    KK2PANTSさん2021/10/18 22:29

    イット・カムズ・アット・ナイトのような視聴者を疑心暗鬼にさせるような映画かと思っていたが、男女の匂わせだらけのまさにテラスハウスのような中身のない映画だった。冒頭にお気持ち程度の終末感を漂わせて後はずっと男女の話。人間の本性や嫉妬などの描写がもう少し欲しかったところ。SFでもないし、サスペンスですらない。明日への生存がかかっている極限的状況なのにイチャイチャを繰り広げるな

  • 3.0

    akinaさん2021/10/18 21:08

    マーゴット・ロビーが出演していたので観てみたけれど、生きることののみの状況下で、人は信仰あるいは信念と生理的欲求(衝動)のバランスをどう取るのかってことかしら。
    とても静かで淡々としていて、何も残さず終えていった、、、

  • 3.0

    こつぶライダーさん2021/10/18 14:52

    終末世界のアダムとイブの物語。
    "旧約聖書"の中にある『アダムとイブ』は有名な話ではあるが、キリスト教に馴染みが薄い日本人には分からず、故にこの作品は響かないかもしれない。
    ただ、聖書を知らない人でも、テーマとしてあるのが"罪"と"報い"であることを感じれれば、作品の持つ想いは伝わるだろう。

    単純な人間ドラマとして見ると、放射線汚染を免れた谷で暮らすアンのところに辿り着いた元研究員のジョンと、その2人のところに後に現れる男ケイレブとの三角関係の物語。
    そうしてみても楽しめるだけの3人の演技があったわけだが、やはりそこにアンとジョンの人間性や過去が散りばめられていて、そのピースを嵌めていくと、『アダムとイブ』に行き着くことがわかる。

    しかし、ジョンはアダムになろうとしてなったわけではなく、ならざるを得ない流れだったのかも。
    ケイレブは単純に自身が正しいと思った方向で取り組んだだけで、重大な問題を引き起こしたわけでもないし、私からしてみたら被害者…
    神への信仰という面でアンとケイレブは繋がりを持ち始めるが、カラダを簡単には許さずに相手を尊重する精神でいたジョンの方がキリスト教的な教えに沿った人間であったのも皮肉だ。

    また、元研究員として化学を用いるジョンと、農家で育ったクリスチャンのアンの対比が良かったし、先述した皮肉なストーリーにも繋がる。

    にしても、静か過ぎるストーリーで、退屈さは否めない。人間ドラマとして楽しめるほどのディープさはなく、展開も月並みなものでしかなかった。特にケイレブの存在が薄すぎて、彼が悪なのか正義なのかをもっと観客に悩ませる演出を組んでも面白かったかもしれない。恋愛かサスペンスか、物凄く中途半端な出来になってしまったのが残念でした。

  • 4.0

    katohyさん2021/10/14 02:46

    ハントが面白かったので、同ゾベル監督の作品と言う事で鑑賞。
    そしたらまたマーゴットロビー。
    今年彼女作品かなり観てるかも。
    そのマーゴットロビーがが良かった。

  • 2.2

    ミドリババァさん2021/10/05 01:17

    最初の段階で「あっ…設定がグダグダか?」と思うようなシーンがあって(廃墟の街に買い出しシーン)、その段階で「イヤな予感するな~…」と思ってたらそうでもなかった。

    男性2名のキャラクターがとても良い。
    その後の設定も特に悪くもなくて。

    ただな~このスコア(2.2)にしたのは、
    女性キャラのひどさと、単純な三角関係を題材としたところ。
    はぁ~またアルアルか~!と思っちゃったし。
    もうね、ありきたりすぎかと。

    彼女は敬虔なクリスチャンなんだけど、
    この年齢設定で無知を通り越して…白痴とは?
    登場人物が少ない中、唯一の女性キャラで、正直これは見ていてキツかった。

    核の悲劇が起こったのが何十年前とかではなく、おそらく3~4年ほど前なのに、なぜこんな「ものを知らない」設定にしているのかもナゾ。
    ものを知らないだけではなく、単に頭が大変悪い設定にしてある。
    何故なのか……

    三角関係はおいといて、話のテンポや構成も良かったし、男性キャラも(よく見たらクリス・パインじゃねーか!)良かっただけに、この女性の設定が残念。

  • 3.7

    Hiroさん2021/09/28 17:34

    ゾベル監督とマーゴット・ロビーの組み合わせに惹かれて観てみたが、少し退屈。
    ラストをどうみるか。
    キリスト教絡んでるっぽいのは難しい。

  • 3.3

    天然パーマのとおるさん2021/09/23 01:11

    放射能汚染された世界に、風向きの影響か、安全な谷間があり、そこで一人の女性が暮らしていた。もともといた住民たちはさまざまな理由でその土地を離れ、孤独に暮らしていた女性のところに、偶然防護服を着た一人の男性が辿り着くところから物語が始まる。
    安全な場所で二人で暮らし始め、苦難を乗り越え愛を深めるなか、また別の生き残りの男性が谷に辿り着く。

    汚染された世界という舞台は特殊だけれど、結局のところ三角関係の話でした(笑)
    汚染された世界の安全区域という意味と同時に、命懸けの恋愛のギリギリのところにいるという意味も含んでのタイトルなのだろうとは思う。ただ、物語自体が山奥でも孤島でも成り立つシチュエーションなので、なんとも設定がいかされていない感じでした。三角関係の恋愛映画やスリラー映画として面白いかというと、可もなく不可もなく、期待以上の物語を見れたとは言い難い。
    主役がハーレイクイン演じたマーゴット・ロビーということだけが驚かされた(笑)演じる役柄毎に印象が異なっているうえに、良い意味でイメージが固定されない女優さんだなと。序盤の幼さ残る雰囲気と、終盤の"女性"的になった雰囲気の演じ分けも自然に変化を受け入れられた。映画そのものは少し物足りないけれど3人の配役はよかった。

  • 3.5

    SAKIさん2021/09/19 11:40

    結末をこちらに委ねるのね
    静かに交わされる感情

    世紀末のアダムとイヴみたい

    マーゴットロビー、ナチュラル田舎っぺスタイルでも綺麗〜🥺

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す