お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ポエトリーエンジェル

G

叫べ、魂を!笑って、泣いて、アツくなれ!

玉置勤(岡山天音)は高校卒業後、実家の梅農家で働くが、その仕事に満足していない。妄想癖があり、自分の妄想が発揮できる場所を探していた。そんな玉置がふとしたきっかけで声と言葉のスポーツ“詩のボクシング”の 説明会に参加したところ興味を持ち、「詩のボクシング教室」に通うようになる。そこには指導する先生(角田晃広)、自称のラッパー(芹澤興人)、暗そうな女性(山田真歩)、年金暮らしの老人(下條アトム)など、ひとクセある面々が集まっていた。
そんなメンバーたちが力試しに高校生と強化試合をすることになるが、彼らの詩に足りないものは何なのか模索していくと、各メンバーに秘密があることがわかる。そして、ある出来事により女子高校生の丸山杏(武田玲奈)が新たなメンバーとして加入することに。ただ、彼女はある悩みを抱えていた…。
※『詩のボクシング』とは?
ボクシングリングに見立てたステージ上で、二人の朗読ボクサーがオリジナルの詩を声に出して表現し、どちらの言葉が聞き手の心に届いたかを判定して勝敗が決まる声と言葉の格闘技。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2017
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-02-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

ポエトリーエンジェルの評価・レビュー

3.5
観た人
1337
観たい人
1811
  • 4.0

    あゆぼんさん2021/05/26 14:49

    2021年・43本目
    「詩のボクシング」という特殊な競技をテーマにしたヒューマンドラマ。シュールに話が進みながらも最後にはグッとくる展開でとても好みだった。「大人が子供に見せるべき姿は大人げなさなんです。」というセリフ、なんかいいなと思った。岡山天音ってなんでこんなにも人生に迷ってる青年が似合うんだろ。「踊ってミタ」もよかったし、飯塚監督の次回作が楽しみ。

  • 3.1

    ひな鳥ピヨーさん2021/05/23 20:38

    詩の概念変わったわー
    なんでもありなんだね。

    自作の詩を感情込めて音読するとそれはもう…寸劇だ、笑
    ピン芸人目指せるよ

    畑泥棒でも最低だと思うのに収穫含め全ての労力使わせて窃むとか下衆

  • 4.2

    obaさん2021/05/02 16:42

    個人的に学生のころこういう朗読大会に参加して戦争とか平和を訴えた相手にボロ負けした経験があり、それを芝居で殴って勝ったのが気持ちよかった。

    トラディショナルできれいな詩を読んでいた甚次郎さんが退場しても、言葉のきれいさだけじゃなくどれだけ剥き出しているかで殴り合えるいいスポーツですね。ってのを伝えたかったのなら100点。

    言葉足らずで不器用なのは若者だけじゃなくて、仕事仕事の大人だって関係を埋めるための言葉を、誤解を解くための言葉を失っていることがあるんですよね。登場人物に代わってなんとか言えよ!と言いたくなるような、明日から言ってみよう、声を聞いてみようと思えるような作品でした。

  • 4.0

    ぎょさん2021/04/28 22:24

    演技と独白の間みたいな
    自分の言葉を聞いてる人たちの視線を浴びるのって怖いよねー でも常日頃そうなのかなぁ

    講習で習ったことを草刈りながらやってみてるのが面白かった そういうときあるよね その場ではやらないけど家ではみたいな

    天馬!!!!と思った
    詩のボクシングといえば天馬だよね

  • 3.5

    カーネルさん2021/04/14 20:04

    「大人が子供に見せるのは、
       大人げなさなんですよ!」
    角ちゃん演じる市役所の林さんの言葉。
    まさに、そんな映画でした。
    田辺・弁慶映画祭記念プロジェクト作品。
    味わい深さに、なるほど〜!


    本当に申し訳ない。家事をしながら軽く見るのに良いかと全然期待しないで、岡山天音と山田真歩で選びました。
    20分ほどは家事をしつつ横目でながら見。
    詩のボクシングって、なんのこっちや?
    だったのですが、(実在する朗読競技でした)どーも、思ったより真剣に詩というものに取り組んでるのがわかってきて、これは………、と初めから見直しました。
    ボクシングスタイルの詩の朗読対抗戦。

    参加メンバーのキャラ、繋がり、背景、を言葉にうまく載せていて感心しました。
    俳優さんの頑張りも勿論ですが、やはり型破りな朗読に興味を持ちました。
    武田玲奈、上手かった。
    岡山くんも良かった。草刈り機の他の作品も聞いてみたいと思わせてくれました。

    派手さは一切ないけど
    良い作品だと思います。

  • 3.5

    YKさん2021/03/24 10:19

    面白い。地域振興に繋がって欲しい。
    天音くんが最高なのと武田玲奈ちゃんが可愛い。
    詩のボクシングメンバーも個性豊かで良い味だった。

  • −−

    yy22さん2021/03/02 17:38

    2021.3.2 地上波061
    実家の梅農家で働く玉置勤は、ふとしたきっかけで声と言葉のスポーツ「詩のボクシング」に興味を持ち、教室に通うようになる。そこには指導する先生や自称ラッパーなど、ひとクセある面々が集まっていた。そんな彼らが力試しに高校生と強化試合をすることになるが、彼らの詩に足りない物を模索していくと、各メンバーに秘密がある事がわかる/主題歌:Mrs.GREEN APPLE「soFt-dRink」

  • −−

    ゆめさん2021/02/27 22:31

    やっぱり天音くんいいなあ…( ; _ ; )🤍

    詩を通して、憂鬱な日常を変える5人が素敵だった。高卒後 実家を継いで毎日毎日同じ日々を過ごす玉置、吃音の杏ちゃん、そして自称ラッパーと暗い女性。
    詩ってどういうものか、詩のボクシングっていうのがあるのは知らなかったけど素敵だなあと。

    山崎賢人と富田望生がでてきてびっくり😂

    2021年56本目

  • 3.7

    みっしぇるさん2021/02/14 23:09

    山崎賢人!
    観なきゃ!!
    ただのチャラ男…しかも一瞬笑

    詩のボクシング🥊
    心の叫びが爆発すると人の心を動かせる。

    梅の香が薫る爽やかな青春映画だった。

  • 4.9

    nachiさん2021/02/03 14:01

    主人公のもがく姿から変わって成長していく姿が最高にいい。

    Mrs. GREEN APPLEのエンディングも最高にいい。

    この映画で「デベロッパー」という言葉を覚えた。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す