お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

オーバー・フェンス

G

誰もがその場所から飛び立てるのを信じてた

家庭をかえりみなかった男・白岩は、故郷の函館に離婚して戻り、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。日々の楽しみもなく、ただ働いて死ぬだけ、そう思っていた。ある日、訓練校仲間の代島に連れていかれたキャバクラで、鳥の動きを真似る風変わりな若いホステスと出会う。名前は聡(さとし)。どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に強く惹かれていく。遠い幻のように一瞬で過ぎ去ろうとする函館の夏、フェンスの先に彼らが見つけるのは愛か、希望か―。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2016
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-02-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

オーバー・フェンスの評価・レビュー

3.6
観た人
19649
観たい人
21922
  • 4.3

    キョウカさん2021/06/17 00:21

    キャスト最強
    森が何か仕出かしそうてずっと怖かった
    そこのみより救いがあってほっとした
    空中ブランコのシーン可哀想だけど爆笑

  • 4.2

    bluemercenaryさん2021/06/15 17:05

    傷つき壊れた二人 ――― 諦念していた男女が出逢った。

    思い切り絶望しているのは聡。
    壊れて 悪態ついて 怯えて 虚勢張るの繰り返しな毎日。

    白岩は自分が何なのか、どうしてこうなったのか解ってない。
    実は向き合わずに、“フリ”をして怠惰な毎日送ってる。

    心の奥底で"生"に飢えて、"愛"を希求していた事に気付いた二人。
    だから達観した。
    葛藤を乗り越えた。
    特に白岩は“抜けた”感じ。
    その過程は不様で面倒だったりする。
    滑稽だけど意外とリアル。
    でもこれが美しい。
    少し共感。
    結構 この先は修羅なんだろうけど、白岩はそれ解ってるんだよね。

    そんな二人を取り巻く人間たちにもそれぞれの物語。
    物語を包む空気はどこか緩い。
    でも暖かい。
    函館の短い夏と好対照にゆるゆると展開する話はそのゆるゆる感が良かったと思う。

    原作は佐藤泰司で函館三部作の最後と呼ばれる作品。
    意識したかどうか解らないけど「そこのみにて光輝く」には通じてる作品・・・・脚本家同じだった。

  • 4.2

    zoeさん2021/06/15 05:16

    蒼井優さんとオダギリジョーさんが主演ってだけで私としてはもう満足なんだけど、全体的な雰囲気とか物語の流れも好きだった。

    鳥の鳴き声真似する聡がひたすら可愛かった。

    複雑だけど曖昧で、何もはっきりしなかったけど、白岩と聡だけじゃなくて訓練校にいる人たちにもそれなりに生きていける毎日がちゃんと待っていそうで、生きる意味が分からなくても毎日行き当たりばったりでもまあいいでしょって。

    普通とかそうじゃないとか、壊すほうか壊れてるほうかとか関係なくて、その人は他の誰でもないその人で。

    少なくとも私は白岩と聡が出会えて良かったなって思った。

    自転車2人乗りしながら、鳥の白い羽を風に流すシーンと2人して人前でお互いしか見えてませんみたいに踊ってるシーンが一番好き。

    結局、私は最後まで聡が抱えてるものがどんなものなのか分からなかったけど、最初は痛々しく見えてた聡が最後には眩しいくらい笑ってたからそれで良い。

    森役の満島真之介さん、少ししか出番なかったけど強烈だった。もちろんああいう役柄だからっていうのもあるけど、目がすごかった。

  • −−

    leoeueさん2021/06/11 18:54

    函館出身の佐藤泰志原作、オール函館ロケの「函館三部作」と呼ばれる3本(4本)

    ・海炭市叙景
    ・そこのみにて光り輝く

    ・オーバーフェンス
    私にささらなかったのは私が若い学生だから

    ・きみの鳥は歌える

  • 3.8

    二瓶ちゃんさん2021/06/10 16:00

    非常によかった作品。個人的殿堂入り。
    沈黙や表情の中に眠る感情が良かった。変に共感できる。
    職業訓練校のみなさんがラーメン屋かどこかから出てくるシーンとか好き。
    森くんの役者さんわかった方教えてください。
    言いすぎだとは思うけど「オアシス」っていう映画を思い出した。
    それぐらいにはヒロインがパンチある役。
    でも壊す役なのは静かなオダギリジョーなんだよなー。でもでもカッコいい。
    一緒に呑んでた若者に対してキレるシーンだけでもまた観たい。
    函館の映画で今のところいちばん。

  • 4.1

    のりかいなばさん2021/06/10 10:14

    オダギリジョー、蒼井優、松田翔太の時点で優勝
    函館シリーズ観ました〜!

    壊す男と壊れた女の話
    かなり好きだったな〜
    毎日映画観るぞ〜〜〜〜〜

  • 3.5

    HDさん2021/06/09 12:52

    2021年245本目
    FODにて

    終わり方がアメリカの映画っぽい

    オダジョーはどんな服着ても絶対に似合う説

    蒼井優、出来ない演技ない説

  • −−

    Nさん2021/06/05 20:22

    山下敦弘はキャストのルックが的確
    個人的に蒼井優じゃなかったらもっと楽しめた
    お互いのこれまでをぶつけ合うって意図なんだろうけど
    もう少しノイジーな女優のほうがリアリティあるかな
    蒼井優は蒼井優になってしまう

  • 3.7

    みくねえさん2021/06/04 23:49

    ポスターの写真だけみて「あ〜刑務所の話だな?」と勝手に思い込んでいた。いつまで経っても警察が出てこなくてアレレ?ってなってた。
    この作品、まじで人間の描写うますぎない?
    人の内側が見えそうで見えなくて、掴めそうで掴めない、職業訓練所の同期という絶妙な距離感のみせかたも上手いなと思ったし、登場人物のことをもっと知りたい!ってどんどん引き込まれていく。
    こういう人いるよね〜ってタイプの人がいっぱい出てきておもしろかったな。
    何の問題もなく生きてきたのに突然うまく歩けなくなっちゃった人、外敵から身を守るためにプライドだけが無駄に高くなっちゃった人、好奇心と行動力がすごくて独身オーラ全開なのに幸せな家庭を持っている謎おじさん、とか。
    蒼井優はぶっ飛んだ演技が良い意味で似合うしぶっ飛んでても可愛いし尊いんだよね。
    途中で急に声が枯れてるシーンあったけど大声出すカットを何回もやり直したのかな。
    探偵はBERにいるシリーズに出演していた安藤玉恵さんが今回は真面目な母親役で出演していてギャップにおどろき。偶然どっちも北海道の映画。
    最後に森くん出てくると思ったんだけどなー。

  • 4.4

    えーぜっとゆーさん2021/06/02 19:55

    なんかすごい

    もう少し歳を重ねたら、なんかオダギリジョーさんの役の人生諦め感とかに共感できたりするのかな

    なんか色んなとこに意味のある演出がある感じするけど、よく分かんなかったけど、雰囲気に惹き付けられちゃう

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す