お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

泣き虫しょったんの奇跡

G

ひとりの夢が、みんなの夢になった―。将棋界の歴史を変えた感動の実話!

26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。奨励会退会後、将棋とはしばらく縁を切り平凡な生活を送っていたしょったんに突然訪れた父親の死…。親友・悠野ゆうやら周囲の人々に支えられ様々な困難を乗り越え、再び駒を手に取ることに。しかし、プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい――」。35歳、しょったんの人生をかけた二度目の挑戦が始まる。

詳細情報

関連情報
原作 瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊):音楽 照井利幸:製作 大村英治:瀬井哲也,太田和宏,吉野達也,坂本健,杉田成道,安部順一,宮崎伸夫,松田美由紀,鈴木律子,大関雅人,吉羽治,エグゼクティブプロデューサー 青木竹彦:岡本東郎,企画・プロデュース 森恭一:プロデューサー 大瀧亮:行実良,平部隆明,撮影 笠松則通:照明 水野研一:録音 柿澤潔:美術 橋本創:衣装 宮本まさ江:ヘアメイク 小沼みどり:装飾 渡辺大智:編集 村上雅樹:スクリプター 長坂由起子:VFXスーパーバイザー 道木伸隆:サウンドエフェクト 北田雅也:助監督 佐和田惠:制作担当 中村哲也:制作プロダクション ホリプロ:エフ・プロジェクト,特別協力 公益社団法人日本将棋連盟:配給・宣伝 東京テアトル:宣伝協力 ミラクルヴォイス:フラッグ,星貴子
音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-11-27 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

泣き虫しょったんの奇跡の評価・レビュー

3.7
観た人
3843
観たい人
7772
  • 3.5

    のさん2021/12/30 11:47

    華々しさ、過剰さはなく、比較的淡々とした描写で、それが将棋界のリアルに通ずると感じて好ましかったです(最近は将棋もファンダムが盛り上がって華々しくなってきている気もしますが……)。
    丁寧な作品でした。

  • 2.5

    うぉっちめんさん2021/12/27 00:52

    将棋わからないからか楽しめなかった。シーンの起伏が少ないので盤面自体を理解していないときつい。
    音楽の付け方も雑でげんなりした。

  • 3.6

    maturさん2021/12/22 15:41

    子供の夢に本気で向き合ってくれる大人、いいよね、必要だよね。
    そして良きライバルってのも必要なんだねー。

  • −−

    ぽとすさん2021/12/17 08:47

    2021.12.17 Abema

    将棋棋士・瀬川晶司の自伝
    規定に存在しないプロ編入試験を実現して
    初めてアマチュアからプロに。

  • 3.8

    soraさん2021/12/16 22:13

    将棋好きは楽しんで見られると思います。
    自分は好きなので。

    藤原竜也があれだけなのはどゆこと?
    ちょっと気になりました。

  • 4.1

    フミさん2021/11/23 20:23

    これこそ奇跡!
    実話をもとにしてるって知ると更に感動する、、素敵な巡り合わせばかり
    何度、頑張れしょったんって心の中で言ったかな
    はちゃめちゃにかっこいいしょったん
    将棋の世界って知れば知るほど奥深そう
    そして、松田龍平万歳!

  • 3.0

    ずんさん2021/11/23 18:20

    豪華キャストに実話原作を想うとグッと来る
    ただ対局中の葛藤だったり迫力が皆無
    この男が生んだ奇跡がこれからも多くの軌跡を残す

  • 4.1

    ぽろりさん2021/11/15 03:20

    素晴らしい作品でした😭
    諦めない事は正直美徳では無い世の中になってきて、自分もそう思ってるのだけど、また新たに切り開く力という実際に体現している人がいるという
    まだまだ自分自身頑張ろうと思いなおしました👍

  • 3.6

    肉鹿さん2021/11/03 18:27

    ドラえもんが好きなのび太くんのような少年が出会ったのは『将棋』 順調に強くなってプロまであと一歩のとこまで迫る。チャンスはあと8回。8回"も"あるつもりだった———将棋界の常識を変えた実話を映画化。

    豊田監督は作中の主人公と同じように、プロ棋士を目指す人たちが集まる奨励会会員だったそうです。
    9歳で入会して才能の限界を感じて17歳で退会。
    そんな人が作るのだから、将棋シーンのこだわりはかなり感じました。

    特に感じたのは盤上の駒を指す手の動きだけ映すシーンが多いとこ。
    指先の美しさや「パチン!」という小気味良い駒の響きを執拗に映すことが多くて、まるで将棋に敬意を表してるよう。

    そして、大好きな気持ちにあぐらをかいて全身全霊を懸けて夢に向かって頑張らなかったシーンも上手!
    お父さんへ向けて告白するシーンは泣ける😭

    松たか子さん筆頭に脇役の人が豪華なのも見どころで、見つける驚きと楽しさがあります。藤原竜也さんなんて完全にわざわざシーン作り足した感じでおもしろかった😂

  • 3.7

    kazmiさん2021/10/29 00:30

    やっと観れたぞ!

    思ってたより、幼少期からの心の変遷が丁寧に描かれてた。実話ベースだもんね。
    地面に飲み込まれてく心情表現、スゴイ。
    しかしキャストが隅々までゴーカだな。通りすがりのタツヤ フジワラ(笑)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました