お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

泣き虫しょったんの奇跡

G

ひとりの夢が、みんなの夢になった―。将棋界の歴史を変えた感動の実話!

26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。奨励会退会後、将棋とはしばらく縁を切り平凡な生活を送っていたしょったんに突然訪れた父親の死…。親友・悠野ゆうやら周囲の人々に支えられ様々な困難を乗り越え、再び駒を手に取ることに。しかし、プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい――」。35歳、しょったんの人生をかけた二度目の挑戦が始まる。

詳細情報

関連情報
原作 瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊):音楽 照井利幸:製作 大村英治:瀬井哲也,太田和宏,吉野達也,坂本健,杉田成道,安部順一,宮崎伸夫,松田美由紀,鈴木律子,大関雅人,吉羽治,エグゼクティブプロデューサー 青木竹彦:岡本東郎,企画・プロデュース 森恭一:プロデューサー 大瀧亮:行実良,平部隆明,撮影 笠松則通:照明 水野研一:録音 柿澤潔:美術 橋本創:衣装 宮本まさ江:ヘアメイク 小沼みどり:装飾 渡辺大智:編集 村上雅樹:スクリプター 長坂由起子:VFXスーパーバイザー 道木伸隆:サウンドエフェクト 北田雅也:助監督 佐和田惠:制作担当 中村哲也:制作プロダクション ホリプロ:エフ・プロジェクト,特別協力 公益社団法人日本将棋連盟:配給・宣伝 東京テアトル:宣伝協力 ミラクルヴォイス:フラッグ,星貴子
音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-11-27 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

泣き虫しょったんの奇跡の評価・レビュー

3.7
観た人
3719
観たい人
7657
  • 3.3

    Aiさん2021/09/11 17:02

    プロ棋士にはどうやったらなれるのか、知らないことばかりだった。子供の頃先生に言われた言葉って、いいものもいやなものも結構覚えてるよね。大豆田とわ子なふたりが先生と生徒として出てて不思議な感じがした。

  • 3.5

    たいぺさん2021/09/09 00:31

    ヒカルの碁、がリアルタイムな世代としては何となく感じてた将棋(ヒカルの碁だと囲碁ね)の特異性と、齢30過ぎて身にしみる社会性がリンクして、登場人物の心情が把握できる作品だし、その描き方がとても良かった。

    それが感じられるのはちょうど前半1時間。
    プロ養成所(と敢えてわかりやすく言う)の奨励会にて、限られた時間の中の、特殊なプレッシャーで生きる、主人公と周りの切磋琢磨するライバルの描き方。
    これがとーっても良かった。
    限られた時間の中で、限られた枠を、気の知れた仲間の中で競うという、厳しさと、その中で確実にある連帯感(みんなで頑張ろ!?)とのアンバランス感が凄く上手く描かれてた。

    そこがリアルで、目の前に迫るようでやられた感がありすぎて、後半の期待値に追いつかなかった感があり少し残念。。
    いや、もちろん盛り上がる要素はあるんだけど、もっとやって欲しかった!!

    特に、青い春の監督と松田龍平のコンビであれば
    、あの最後のドライブ感で、「あぁ!最高!!」っていう映画的カタルシスを味合わせて欲しかったなー!!

    と、思うけど。
    とてもいい映画でした◎

  • 3.6

    すしすきさん2021/09/07 23:40

    え、良かった
    将棋のこと全く知らなかったけど面白かった
    観終わってから勉強するっていういつものパターン、いい加減学んでくれ私、先に基礎知識は入れとこうよ〜

    松田龍平、行天と違いすぎてすごい、役者ってすごいな
    洋次郎はいつでも大体洋次郎

    大人になってもああいう友達がいるの、いいなあ
    生きるの心細くなさそう

    本人は見えてないかもしれないけどすごくたくさんの人に支えられてるんですね
    でもそれは誰かのためにっていう理念で動くことができる人だからなのかな

  • 3.7

    ひな鳥ピヨーさん2021/09/07 21:41

    タイトルから想像すると将棋を覚えた少年が困難を乗り越えてプロになるとか名人になった奇跡って思うよね。

    が、"茨の道"とかの予想してたのと違って"沼からの崖越えジャンプな道なき道"の邪道系

    会社や学校でも入試が超難関で入ったら底のほうはぬるま湯でグダグタってありがち。
    身内には情けかけるのに関係ない人には鬼の所業ってのもなかなかえげつないけどね…大人になったからこその世間を知っての強さもある

  • 3.9

    すぽんじさん2021/09/05 17:50

    泣いた〜。
    イッセー尾形はズルい。やられた…
    イッセー尾形に泣かされるの3回目w
    個人的には映画の『3月のライオン』より将棋が楽しいって伝わった。観てて楽しい。
    にしてもキャストぜいたく!!!

    2018.09.09劇場

  • 3.3

    mikumiku1188さん2021/08/25 23:02

    この作品は“藤井フィーバー”に代表される将棋ブームに併せて実在の棋士の自叙伝的小説を原作として製作された作品でした。

    藤井王位の歴史的快挙で昇進されて行った事が大きな話題になりましたが将棋の世界のプロになるには厳しい試験制度と共に年齢制限が存在している。

    そんな世界の事を勉強させてくれる興味深い作品でした。

    26歳の誕生日を迎える前に4段に昇格出来なければプロになる資格を失ってしまうそうだ。

    実在のプロである棋士がその挫折を味わってしまった後に起こる奇跡を描いています。

    主役の棋士を演じた龍平クンや小林薫さん以外にも大勢の人気者の俳優さん達が顔を見せているのには驚きました。

  • 3.0

    yuuさん2021/08/14 00:40

    本物のプロ棋士が出てるのが嬉しかった
    将棋は良い
    運やタイミングに作用されず
    殆ど実力で決まる
    そんな世界で慎ましく生きる棋士たちは尊敬に値する

  • 3.7

    深さん2021/08/04 19:34

    自分の幸せや成功が、ひとの幸せになること 自分が思っていたより自分のことを想う人がいることに気付く ところが刺さった
    さすが豊田監督、音楽の使い方かっこいい〜

  • 3.0

    Yoshiharuさん2021/07/25 10:14

    プロ棋士になるのに年齢制限があるんだ。
    大器晩成の人もいるし、期限決められるとドキドキしてできなくなる人もいるんだけどね。

  • 3.5

    つよさん2021/07/20 07:19

    将棋が強い小学生。友だち出来るけどライバルでもあり。
    大人になって、強くても年齢制限でプロになれず。
    でも挑戦する。
    将棋の先生良かった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す