お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ファイティン!

G
  • 字幕

この腕で、勝利をつかめ!!

子供の頃にアメリカへ養子に出されたものの、孤独な人生を送って来たマークは、1度はアームレスリングのチャンピオンを目指していた。だが、八百長疑惑をかけられて除名され、今はクラブの用心棒をしている。ある日、自称スポーツエージェントのジンギが現れ、口車に乗せられたマークは韓国に戻って再びアームレスリングの世界に身を委ねて行く。実母のことを知りたくなったマークが住む家を訪ねると、そこには初めて存在を知った妹スジンとその子供たちが住んでいた。一方、ジンギはサラ金とスポーツ賭博を営むチャンス社長にスポンサーを頼もうとするが、彼の条件はマークが八百長できるかどうかだった…。

※3月2日(土)配信開始

詳細情報

原題
Champion
作品公開日
2018-10-20
音声言語
韓国語
字幕言語
日本語
作品公開日
2018-10-20
制作年
2018
制作国
韓国
対応端末
公開開始日
2019-02-12 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

韓国映画洋画ランキング

ファイティン!の評価・レビュー

3.6
観た人
1816
観たい人
1658
  • 3.9

    blueさん2021/02/27 10:59

    ドンソクさんのキャラ可愛かった
    子供たちとや、スジンとの絡みも和んだ
    家族の絆は血縁関係じゃ測れないわ。マークの揺るがない信念と他人を許す寛容な心には学ぶことが多い。最後はオンマと再開して欲しかったなあ
    韓国語のチャンピオンの方がしっくりくるタイトル

  • 3.7

    映画観るマシーンさん2021/02/26 03:22

    腕相撲みたいな地味な競技(アームレスラーすみません悪意は無いです)を題材によくここまで盛り上げたなって
    金のためじゃない、自分が何も持たないチンピラじゃないことの証明のために、過去の輝いていた自分を取り戻すために闘う姿が『ロッキー』とダブったな

  • 4.1

    映画大好きザウルスくんさん2021/02/24 19:18

    いや〜感動しましたよ!
    誰もが圧倒されてしまう怖い顔とデカい身体、でも実際は心優しく不器用で可愛い。そんなマ・ドンソクの魅力を全て活かしきった最高の作品でした!これを観れば彼になぜマブリーというあだ名が付くのか分かると思います。目の付け所も良くて、まさか今の時代に『オーバー・ザ・トップ』の後継作品が現れるとは誰も想像しなかったし、スタローンの他に腕相撲で観客を湧かせる俳優が出てくるとは思いませんでした。これほどまでに男臭い題材をファミリームービー的な哀愁漂うホッコリ映画にしてしまうマ・ドンソクの演技力に脱帽です(あとこう見えてこの映画にはちゃんとアクションシーンがあります…笑)。普段ハートフル系映画を観ない僕ですら感動してしまった本作。確信しました、マ・ドンソク映画にハズレなしです!

     【採点】 41/50
    脚本・設定 8/10
    配役・人物 9/10
       映像 7/10
    音楽・音響 8/10
      面白さ 9/10

  • 4.2

    06さん2021/02/22 20:16

    気持ちよく泣ける家族もの!

    韓国作品によく出てくる調子のいい弟分は、どうしてああも嫌味が無いんだろうか…。
    喧嘩のシーン、英語と韓国語で言語の分断が起きてたり良かった。その後の仲直りもすっきりしている。

    なによりマ・ドンソクの泣き顔が情感に訴えてきて素晴らしい。
    他にもヤクザに見えて警官と腕相撲したり、ちっちゃい女の子に懐かれたり、タコ食えなかったり、つり革引きちぎったり、もー可愛い!


  • 3.0

    ゾウさんさん2021/02/21 17:44

    『アンダードッグ 二人の男』『犯罪都市』などのマ・ドンソクを主演に迎え、アームレスリングに生きがいを見いだす男を描くスポーツドラマ。養子としてアメリカに渡った主人公が、祖国に戻りアームレスリングの世界に身を置く。『殺戮にいたる山岳』などのクォン・ユルや、『春の夢』などのハン・イェリらが共演する。
    生まれて間もなく韓国からアメリカに養子に出された男(マ・ドンソク)は、かつてアームレスリングでトップになることを志していた。孤独な彼はクラブの用心棒として働いていたが、スポーツマネージャー(クォン・ユル)の甘い言葉に乗せられ、再度アームレスリングに挑戦することを決意して韓国に戻り、実の母親を訪ねる。
    2021.02.21

  • 3.4

    Kajikさん2021/02/21 14:32

    アメリカへ養子に出された孤独なマークがアームレスリングで再起する。

    子供好きとか、バスの吊革引きちぎるとか、借金取立てのチンピラをビンタしたり、私たちの観たいマブリが満載。

    人間模様の温もりもいい下地として活かしてあり、元チャンピオンの再起ものってど定番ながらも、マークがなぜこんなに腕相撲に人生わかけているのか、ストレートに入ってくる。
    アメリカでボディビルトレーナーとして生計を立てて、韓国で再ブレイクしたマドンソクの半生ともかぶり、熱い声援をあげたくなる。

    アームレスリング映画といえば、「オーバーザトップ」。

    スタローンも「ロッキー」で浮かばれなかった役者半生をかけた背景もあり、スタローンという肉体派俳優の礎にオマージュを捧げる映画人としてのマドンソクをもっと好きになる。

  • 2.8

    MamiWatanabeさん2021/02/19 12:41

    兄貴ってば黒ダルマみたい。。。
    目つきの悪さすら可愛い。
    ストーリーにはわざとらしいエピソードが多くて特に惹かれないけど兄貴さえいれば!
    ところでパラピリポって何?

  • 3.8

    ゆりぺさん2021/02/16 15:51

    アームレスリングを題材にしている、と聞いて何だか地味と思ってしまったが全くそんなことなかった! 
    幼い頃養子に出されてずっと孤独に生きてきた主人公が、アームレスリングの大会にでるために韓国に戻ってきて家族を見つける。
    マドンソク、なんてキュートなんだろう。
    アメリカ育ちのため韓国文化に疎く、カルチャーギャップコメディ的なシーンの彼の表情が最高。笑顔かわゆす。
    アームレスリングの大会シーンでは、競技ののテクニックも知る事ができたし、音響やカメラワークで試合シーンもしっかり盛り上がるしちゃんと競技として魅力的に描けていた。
    そして決勝戦。彼の右手には彼や家族の思いが全て詰まっているんだと観客に伝わるシーンは胸熱くなる。
    さらに韓国で彼と出会った人々が試合を見守り勝利を喜ぶのも良かった。

    いやーよく出来ているし、とっても素敵。

  • 3.0

    ねこ忍者さん2021/02/13 22:15

    恵まれてない境遇から、家族や仲間のためにチャンピオンを目指す王道中の王道ストーリー。

    たぶん韓国で有名な俳優だと思われる主人公の強面ながら親しみやすいルックスは好感を持てました。

    退屈な映画ではないですが、何百本と映画を観てきた人にとっては目新しさのないストーリーなのでオススメはしません。

  • 3.8

    レッドキングさん2021/02/13 21:50

    ドンソク兄貴が腕相撲大会を通して、家族や仲間との絆を紡いでいくサクセス・ストーリー。

    ドンソク兄貴の腕っぷしが堪能ができるだけでも大満足ですが、本作はカッコ良さよりも「マブリー要素」が他の作品に比べて多め!
    こんなにガチムチで愛嬌があるって最高ですな。

    主人公は幼少期にアメリカに養子に出されて、スタローンが出演していた「オーバーザトップ」という腕相撲大会の映画を観て腕相撲を始めたという設定ですが
    ドンソク兄貴自身も家族でアメリカへ移住し、「ロッキー」を観た影響で俳優を目指すようになったそうなので、かなり人物像が重なりますね。
    韓国ってお国柄なのか、かなり血の繋がりに固執するようですが
    養子に出され、血縁と呼べるひとがいなくなっても「家族」と呼べる共同体をつくっていくという感動作です!

    今日から「パラピリポ」が口癖になりそうです。

    #ファイティン!
    #ドンソクぱいせん
    #マブリー要素多め

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す