お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

コーヒーが冷めないうちに

G

あの日に戻れたら、あなたは誰に会いに行きますか?

時田数(有村架純)が従兄で店主の時田流(深水元基)と切り盛りする、とある街のとある喫茶店「フニクリフニクラ」。そこには、不思議な都市伝説があった。それは店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるというもの。ただし、そこにはめんどくさい……非常に面倒くさいいくつかのルールがあった。今日も不思議な噂を聞いた客がこの喫茶店に訪れる。どんなことをしても現実は決して変わらない。それでも過去に戻り、会いたかった人との再会を望む客たち。そこで彼らを待っていたものとは?そして、主人公・時田数に隠された真実とは?

詳細情報

作品公開日
2018-09-21
音声言語
日本語
作品公開日
2018-09-21
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-03-08 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

コーヒーが冷めないうちにの評価・レビュー

3.6
観た人
45421
観たい人
21197
  • 3.7

    hikapiiiさん2021/05/08 19:56

    塚原さん作品はやはり信頼度が高い!好きです!!
    過去に戻るという設定はファンタジーだけど、ファンタジーしすぎてないところが良かった。気付いたら作品の世界に入り込んで自分も喫茶店で様子を見ている客の気分になった。
    認知症の夫婦のストーリー、泣けたなあ。

  • 3.2

    Yukoさん2021/05/08 00:36

    過去に戻っても起こった事は変えられない。戻って知った真実を前にどう今の自分を変えられるか。くよくよ悩んだり、自分の判断を疑ったりする時にこそ、この映画を思い出して、前に前に進んで行きたい。

  • 3.6

    tomoさん2021/05/07 20:08

    4つのストーリー、それぞれ泣けるテイストが違くて心温まりました。一番涙腺が緩んだのは松重豊さんと薬師丸ひろ子さんの夫婦のお話ですね。吉田羊さんと松本若菜さんの姉妹のお話も涙目です‥
    過去に戻れるけど結果は変えられない、タイムパラドックスは絶対に起きてはいけないことです。時間は怖いほど速いスピード過ぎていくので残酷ですけど尊いものですよね。
    自分があの席に座ったらどんな時に戻りたいと思うのか少し気になります。
    主題歌もYUKIの歌声と歌詞が素敵でした!

  • 2.8

    3618さん2021/05/06 23:45

    「花束みたいな恋をした」で有村架純さんを観て、そのつながりで鑑賞。

    ほんわかとしたファンタジーでした。

  • 4.0

    ぺたさん2021/05/06 18:07

    とある喫茶店のとある席限定でコーヒーを頼むとタイムリープできる話。ただし、コーヒーが冷めるまでの時間制限付き。移動先で未来永劫暮らしていくか、現実に戻って心機一転やり直すか、自分次第

    あー、有村架純に大好きって言われたい人生だった

  • 2.7

    いとさん2021/05/06 12:46

    有村架純さんの作品にハマってるので視聴しました。設定も内容もありがちだけど、
    過去に戻っても現在が変わらないなら未来を変えるという言葉が印象的でした。

    "過去を変えても現在は変わらないから未来を変えることにした"

  • 4.2

    うめしゅさん2021/05/06 05:45

    「コーヒー一杯を飲み干す時間だけで、人の心は変われる」
    なんかすごい良かった。個人的にめちゃめちゃ泣いた。老夫婦の物語が良くて、忘れたくないのに認知症で夫のことを忘れてしまうのが怖い妻の心情がすごい伝わってめっちゃ泣いた。薬師丸ひろ子さん、めっちゃ可愛かった。良いです

  • 4.5

    tomoさん2021/05/06 00:27

    過去に戻る条件設定が絶妙で、かつその表現もとても良い。それが、登場人物のストーリーを絶妙な角度で映し出す。観終わって浸れる映画。

  • 3.8

    matchypotterさん2021/05/06 00:18

    「コーヒーが冷めないうちに。」

    さすがTBS。
    ファンタジーをしっかりと地に足につける。

    そこはとある喫茶店。
    そのお店にはとある都市伝説のような曰くがある。
    ある席に座ると、思った過去に戻れる。
    しかし、淹れたコーヒーが冷めるまで。
    そのコーヒーが冷めるまでに飲み干さないと戻れなくなる。

    タイムスリップにいくつかルールを設けたファンタジー。
    過去に戻って確かめたい人、言えなかったことを言いたい人。

    過去に戻って、何かをしても、何かを伝えても過去は変わらないルール。
    それでも戻ることの意味。

    何人かの人がそれぞれの理由で戻ることを決意する話。
    いわば、オムニバス形式と言っても良い。
    それぞれのドラマをぎゅっと凝縮している。それを最後に大きな山を持ってくる作り。

    この短いドラマの連続をそれぞれで完結して胸を打つ流れにしながら、全体で大きくする。

    TVドラマと言えば、TBS。
    それをまさに体現したような作品。
    短いエピソードでも、驚くほどに感動させられてしまう。

    特に松重さんと薬師丸ひろ子の物語はもうズルい領域。
    ただ、それもぎゅっと圧縮してもすっと入ってくる観やすさ、最も簡単に引き込まれて涙無くして観れなくなる。恐ろしい。

    そして、石田ゆり子。美しい。
    最初から何か1人だけ変な空気だと思ったらほんとに変だった。
    で、このまま変なまま放っておいて終わらないでしょ、と思ったらしっかりその期待を超えていく。

    有村架純、林遣都、波瑠、石田ゆり子、吉田羊、松重豊、薬師丸ひろ子、伊藤健太郎。

    グッと、スッと胸に入ってる気持ちよさと、インパクトを兼ねそろえた安定のキャストが感動の物語を清々しく、心暖かく。

    過去は変えられず、過去を悔いながら、変わらない過去をあえて確かめて、あがいて。
    それでも前を見て、その先を切り開かんと前向きになれる作品。

    ここ最近、何作品か観て有村架純がいよいよ可愛く見えてきた。この作品は適役としか言いようがない。

    石田ゆり子、魔女か。この人にはどうしてこんなに角がないのか。勝手に包み込まれてしまう。

    キャストも話もとても素敵。

    喫茶店のマスター。『ウルトラマンR/B』の、あの、ふざけた悪役の人。この役、素敵。

  • 3.1

    naruさん2021/05/05 22:24

    映画としてはあんまり好きじゃなかった、、、
    でも普段は考えもしない、今の自分が戻りたい過去の瞬間はいつなのか。何を伝えたくて誰の気持ちを変えたいのか。そんなことをちょっと想像する時間になった。
    最後にお父さんと話した日に戻れたら、ここまで育ててくれてありがとう。わたしは嫌いになってないからね。って言いたいかなあ、、、

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る