お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

母さんがどんなに僕を嫌いでも

G

”大好き”をあきらめない。20年以上、母の愛を諦めなかった息子の実話

一流企業で働き、傍目には順風満帆な生活を送る主人公のタイジ(太賀)だったが、実は幼い頃から母・光子(吉田羊)に心身ともに傷つけられてきた経験を持っていた。辛い気持ちを悟られまいと、つくり笑いを浮かべながら、本心を隠し精一杯生き抜いてきたタイジ。やがて大人になったタイジは、心を許せる友人たちと出会い、彼らに背中を押されながら、かつて自分に手をあげた母親と向かいあう決意をする。

詳細情報

作品公開日
2018-11-16
音声言語
日本語
作品公開日
2018-11-16
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-04-10 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

母さんがどんなに僕を嫌いでもの評価・レビュー

3.7
観た人
6979
観たい人
12887
  • 4.0

    ぱぴこさん2022/01/21 16:39

    母親役がリアルすぎて怖かった。けど、タイジのお母さんへの愛とかはどれだけ嫌われても消えないのかなって思った。最後感動した

  • 3.5

    hikariさん2022/01/16 21:48

    歌川たいじさんの実体験をもとに描かれた映画。
    映画を観てる時は母親が怖すぎて苦しくて、苛立ちさえ覚えて。何を見せられているんだろうか…と複雑な気持ちになって途中で見るのをやめようかとも思った。
    最後、感動的な終わり方ではあったけど、母親の未熟さや自分勝手さが頭の中をチラついて心から入り込めず。
    でも、見終えてから色々な記事を漁り、本当に実話に近い形でのストーリーであること、むしろ映画で描かれていること以上にひどい虐待を受けていたことを知って、そのうえで歌川さんの感想を見てたら涙が出てきた。
    もっともっと、虐待に対して厳しい世の中になってほしいなって

  • 4.0

    たけしさん2022/01/16 03:55

    ずっと気になってたのだが、やっと見れました。
    タイトルが全てを語ってると言えばそれまでだが、酷い母親です。
    それにしても、主人公は、回りの人に助けられ、よく頑張った。

  • 4.0

    aaakkkさん2022/01/16 00:03

    どんな毒親でもたった一人のかけがえない人。逆もしかり。あの子がどんなに私を避けても...ね。

    吉田羊さんの毒親っぷりに惚れ惚れ。

  • 3.3

    彩音さん2022/01/15 00:10

    お母さん酷すぎ
    よく耐えた
    周りの優しい人たちに助けられながら
    主人公も暗くならず
    一生懸命生きる姿はグッとくる

    が、辛かったら逃げてもいいんだよ
    自分がこわれる前に

  • 1.5

    なみちょりさん2022/01/14 13:46

    結構話題になってたから観たけど、題名に負けてるというか何となく薄っぺらくて残念。
    どんなに僕を嫌いでも、無償の愛って親から子では無く、子から親なんだと感じた。
    映画だから綺麗事だけどリアルな大人なら絶縁って選択肢もあっていいと思う。

  • 4.1

    どぅいさん2022/01/14 02:26

    展開が上手くいきすぎて、どうしても
    映画だな〜って思ってしまう部分はあったけど、凄く良い映画だった。
    おばあちゃんと真剣に話をするところ、1番主人公の気持ちが溢れ出てる気がしてめっちゃ泣いた。。

  • 3.5

    hiromixxさん2022/01/09 00:51

    所々にメッセージが投げかけられていて観る人や立場によって受け止め方や感じ方も違うんだろうなぁ〜と思った。よかった!

  • 4.0

    Yumiさん2022/01/08 12:04

    ちょっとだけテンポ感が速く感じたけど、めちゃくちゃ泣きました。

    私も母親と似てくる、あんなに嫌な思いをしたのに口調とかが似てくるところに凄く共感した。
    自分を見つめ直すいい機会になった。

    周りにいる友人で性格が変わるというのも凄くわかる。
    卑屈で何もなく空っぽだったのに色んな世界を見て凄く成長するところとか。

    やっぱりお母さんは正義なんだなぁ。

  • 3.9

    ずきさん2022/01/07 10:12

    どんなに辛いことがあっても、周りには素敵なおばあちゃんがいて、友人には恵まれてほんとによかった
    どうしても憎んだ方が気が済むのに、愛することができたたいちゃんには勇気をもらった。自分も憎むより愛せる人間になりたいと思った。そしたら、相手は変わってくれるのかも。

    2022年1本目

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る