お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

映画 刀剣乱舞-継承-

G

任務、織田信長暗殺———。正しい歴史とは何か。“守るべきもの”を守る戦いが、今始まる!

西暦二二〇五年、歴史の改変を目論む歴史修正主義者によって、過去への攻撃が始まった。時の政府により歴史の守護役を命じられた審神者(さにわ)は、かつての刀剣を目覚めさせた。歴史修正主義者が送り込む、時間遡行軍と戦うために。人の形をとったそれらを、“刀剣男士”という。天正十年六月二日京・本能寺。明智光秀が織田信長を襲撃した“本能寺の変”に、歴史改変の魔の手が迫っていたー。

詳細情報

作品公開日
2019-01-18
音声言語
日本語
作品公開日
2019-01-18
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-06-10 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション邦画ランキング

映画 刀剣乱舞-継承-の評価・レビュー

3.7
観た人
4424
観たい人
1420
  • 4.5

    ICOさん2021/11/27 17:41

    めーっちゃ良かった。
    刀ステとか全然詳しくない時に見たけど、何も知らなくても楽しめた。
    良い映画だった!

    時代劇好きだから余計良かった!



    鈴木さんにはどんどん時代劇もやってほしい。
    あと薬研くんの足!って感動した気がする…

  • 3.8

    ぱじゃさん2021/11/12 23:34

    刀剣乱舞よく知らないけど楽しめた。
    脚本、アクション、演技と思っていた以上によく出来ていてただのファンムービーでは終わらせない気概を感じた。

  • 3.0

    林檎星さん2021/11/05 22:15

    三日月宗近の人の再現度がすごい。ストーリーも無難に面白かった。刀剣乱舞は花丸みたいなほのぼのした感じの方が好きかも。

  • 3.0

    duneさん2021/10/28 00:39

    嫌いじゃないんだけど、「なぜ歴史を変えてはいけないのか」に対する答えが「大勢の命が失われるから」では漠然としすぎている上にテーマとして弱く、最終的に信長に無理矢理折れてもらうことでめでたしめでたしというのでは信長本人でなくとも納得がいかない。明示的な答えを示すのが難しいのなら、観客への問いかけという形でも良いのでもっと大事に扱ってほしいテーマだった。

  • 5.0

    あたままるいさん2021/10/14 22:01

    靖子が脚本を書いた時代劇と聞いて。
    刀剣乱舞のことはなにも知らずにみたけど、とてもよい特撮映画だった。

  • 3.4

    yoshiさん2021/09/26 11:58

    最初から最後まで長谷部可愛いくてシリアスをも勝るキュートさにキュンキュンしたよ
    和物だけど基盤には未来のオーバーテクノロジーがあるわけで、審神者周りの近未来SF感が良い

    やっぱり刀剣男士とか時間遡行組たちの格好は浮いてる感じがしちゃうけど特撮と思って見れば後半には慣れた
    上着脱いでる河原のシーンは全然違和感なく観れたので、コスプレっぽさって装飾品からくるんだなぁと思った

  • 3.0

    PPOさん2021/09/20 19:05

    私は刀剣乱舞知ってるから見ていて面白いし理解できるけど、刀剣乱舞全然知らない映画ファンが観たらどう思うんだろう…と、こんなことが気になる。

  • 3.9

    青鈍さん2021/09/18 21:09

    おもしろかった!!、
    殺陣もっとみたかったな………
    脚本良かった………

    どんでん返しのとこでまじか!ってなったし、タイトルの継承の意味がよくわかった

    私の本丸のみんなに会いたくなったのでまたゲームしよ

  • 5.0

    さみかつさん2021/09/11 22:28

    ゲームからのプレイヤーであり、アニメ、2.5ほぼ全て履修済みだけど、映画はまた違う楽しみ方で本当に楽しませてくれた。
    原作知らなくても歴史物が好きであれば、食わず嫌いせずに見て欲しい…!

  • 4.0

    毛玉さん2021/09/11 22:23

    【擬人化した刀剣たちの歴史戦隊モノ】

    歴史を改ざんしようと企む組織から歴史を守る魂が宿った刀剣たちの物語。
    織田信長に「正しい死」を迎えさせるため、刀剣男士たちの任務が幕を開ける!

    本作は2.5次元舞台やアニメ作品などなど、様々なメディアミックスが行われている一大ムーブメント「刀剣乱舞」の劇場版です。
    僕自身は失礼ながらこのジャンルに全く興味がなく、気に留めていなかったのですが、蓋を開けてみればツルッと観ることのできる快作でした。

    本作は、いきなりクライマックスから始まります。
    本能寺の変で死ぬはずの織田信長を生き延びさせて、歴史に修正を加えてしまおうとする組織と剣を交える刀剣男士たちの奮闘から幕が上がるのです。
    まず、刀剣男士たちのビジュアルの美しいこと。その多様さたるや、必ず1人は好きなビジュアルの刀剣男士を探し当てることができるであろうという具合でした。そもそもに存在する刀をモチーフにしているということで、それがビジュアルにも影響を及ぼしているのが面白いです。
    さらに、このそもそも存在する刀の擬人化という設定が、この刀剣作品に深みをもたらします。本作では、歴史上で織田信長を討つとされている明智光秀の持っていた刀剣の擬人化である刀剣男士も登場します。そのため、そのキャラクターには本能寺の変での記憶があり、持ち主が死ぬことに悲しみを覚えながら任務を遂行するのです。その辺りのカタルシスは他の映画ではなかなか観ることのできない種類の感動で、とても新鮮でした。

    職場の同僚に刀剣乱舞ファンがいて、彼女にオススメしてもらい、鑑賞しました。
    結論、食わず嫌いでした。
    戦隊モノにも通ずる勧善懲悪ストーリーや仲間たちとの友情が楽しいのはもちろん、とあるキャラクターによるミステリー的な要素も少しはらんでおり、最後まで楽しめました。
    個人的には、骨喰藤四郎の中世的でアンニュイなビジュアルが好きでした。

    歴史モノとしても、戦隊的なヒーローモノとしても、もちろんビジュアルを楽しむ映画としても楽しめる一本です!
    オススメです!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る