お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

映画『空飛ぶタイヤ』

G

観る者すべての勇気を問う、世紀の大逆転エンタテインメント!

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”―。果たしてそれは事故なのか、事件なのか。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

映画『空飛ぶタイヤ』の評価・レビュー

3.6
観た人
25627
観たい人
12153
  • 5.0

    gさん2021/04/20 22:51

    これぞサラリーマンを知り尽くす男の作品。

    小説は読んだけど、やはり池井戸潤作品は実写でやっても面白い!

    ハードボイルドな長瀬智也に、脇を固める寺脇さんや名脇役のじーさん、配役が絶妙。 

    最後はお決まりのスッキリなので、サラリーマンがちゃんと明日も頑張るぞ!という心境になれる作品。


    ビジネスの世界だからと、平気で道徳心のないような事が横行している事がある。
    パワハラモラハラを受けても生活の為にしがみつくしかない。
    会社都合な事を平気でお客様にお願いしないといけない。等、数え切れぬ程の泥水を飲みながら生活している人は多々いるはず。

    八方塞がりで、もうこれ以上は立っていられない…と思った時にまた観よう。

    現実は映画みたいにスッキリしない事が多いけど、スッキリする事をイメージするにはちょうどいい作品。

  • 2.5

    chichichiさん2021/04/20 20:43

    池井戸潤の原作は、読んでますが映画は観たことなかったです。やっぱり、文庫本上下巻2冊を120分に収めるのは無理だと納得でした。

    ドラマにして財閥系自動車会社のリコールの事件性や対峙した中小企業経営者の苦悩、被害者の無念さ、など深く掘り下げた方がいい。

    リコール隠し経験しても変わることのできない罪罰系大企業の社風の酷さ、大企業に振り回されて涙を呑んできた中小企業の経営者たちの悲哀さがまったく伝わってこない。

    豪華俳優の無駄遣い、長瀬くんは嫌いじゃないけど原作の赤松の中小企業の運送会社の社長にしてはイケメン過ぎるし苦労、苦悩が伝わってこなかった。

    週刊潮流の新聞記者も女性より原作通り男性だった方が説得性があった気がした。

    唯一安心して観られたのが、悪役である岸部一徳演じる狩野常務。倫理の欠片もない表情と台詞には原作のイメージそのまま。


    著者の池井戸潤さんは、
    「反省もなければ、後悔もない。あるのはただ、歪んだエリート意識のみ。かくして、人を殺し、客を騙す――これほどまで、怒りに駆られて書いた小説はない。迷惑しているのは、世の中の方だ」
    と言うことがどれだけ伝わったのかが心配になった。

    サザンは好きだけど…
    エンドロールのサザン?これ合わないでしょ…

  • 4.3

    Rainbow30さん2021/04/19 21:33

    TOHOシネマズ上野にて鑑賞。

    原作未読だったが、素晴らしい感動作であった。
    あちらこちらで感動するので、泣きまくった(笑)

    物語は映画タイトルどおり、大型トラックのタイヤが外れて、ある母子連れに向かってタイヤが空を飛び、死亡事故が起こる。
    「整備不良」ということで片付けられそうになったが、運送会社社員は通常よりも充分過ぎるぐらいの点検作業をしていた。
    運送会社の社長は、他の事故も調べると、同じ自動車メーカーのトラックが同様事故を起こしていたことから、「大会社(自動車メーカー)のリコール隠しではないか」と戦い始める……。
    この後、素晴らしい人間ドラマも織り交ぜながら物語は続くが、また涙が出そうなので、この辺で(笑)

    近年あまり無い、なかなかの感動作であった。

  • 3.0

    bumbumあやかさん2021/04/17 21:46

    ロサンゼルス帰りの飛行機でみた。
    面白さはあるけど
    2時間に納めたダイジェスト版のように感じるなんか残念さがあった。
    人物それぞれもっと深めたい。
    原作読むか?

  • 3.4

    なつきさんさん2021/04/17 16:45

    和田聰宏と佐々木蔵之介が見れて最高だった 内容否定の意味ではないけど会社員だぁ〜こんないやに現実味帯びすぎてるの見てたくない〜と思ってしまった

  • 3.8

    ゆりなさん2021/04/17 13:44

    長瀬かっこいーーー!!!
    スーツがよく似合う🥺❤️
    深キョンいい奥さん👏

    大企業って大変🙄
    会社員って大変🙄

  • 3.3

    るんちゃんさん2021/04/16 08:24

    七つの会議を見ていたから、比較して鑑賞してしまった。

    今回は大企業内だけでなく中小企業も
    戦う。正しいことをしてるのに、目に見えない大きな敵に何度も潰されそうになって、普通だったら丸め込まれ大人しく退くしかない。
    自分たちのせいじゃないのに、社会から、被害者から責められ、侮辱され、頭を下げなきゃいけないなんて理不尽すぎる。

    社長と沢村さんタッグ組んで戦うのかと思いきや…等予想外だったけどそれがリアルだよね。

    うん、七つの会議の方が好きかな。

  • 3.1

    バジリコさん2021/04/15 23:37

    イマイチ盛り上がりに欠ける。
    ラストシーンの意味は伝わるが、それまでの積み上げが下手なので感動しなかった。勿体ない。

    オイシイ役どころの沢田を生かしきれていなかった。ミステリアスな雰囲気は良かったが、それだけだった。

    脚色の問題だと思うが、高橋一生と小池栄子ペアは「何でお前らいるの?」感が強かった。全編カットしたところで1ミリも作品に影響しない。

  • 3.5

    サコさん2021/04/15 16:06

    小さいプライドが、本当を隠す。
    本当はこの会社が好きだったのに、

    家族を亡くす痛みを本当にあじわえ、
    誰もが自分のことばかりかんがえてる

  • 3.4

    たなかさん2021/04/15 00:40

    淡々としてた。
    映像渋かった。
    淡々とかっこいい長瀬くん。
    ちょろっと出てくる佐々木蔵之介が気持ち悪くてよかった。

    沢田役、ドラマでは家族がいたけど、映画では単身になってた。そこ結構重み違うと思うんだけど、消化不良にしないために削ったのかな。

    長瀬くんが言うと我が社にもコンプライアンスがありますから、って台詞が決め台詞になるもんだなぁって感心しました。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す