お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ジャンクション29

G

僕らには大人になる自由がある

親のすねをかじりながら映画を作る“自称映画監督”。愛なんて信じない、結婚はビジネスと割り切る結婚相談所の“カリスマ仲人”。バイトもせず、家にこもってくだらない自作動画の投稿を続ける“バズチューバー”。そして3人と交差することになる、もう一人の29歳。売れっ子漫画家を目指している丸山は偶然同級生と出会い・・・。4人の若者たちがそれぞれ織り成す“等身大の29歳”の物語。

詳細情報

作品公開日
2019-02-22
音声言語
日本語
作品公開日
2019-02-22
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-08-23 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

ジャンクション29の評価・レビュー

3.6
観た人
92
観たい人
162
  • 3.7

    まさん2021/09/20 03:31

    面白い。
    面白いのだけど…。
    大仰な演技が多くてさめる瞬間もあった。
    主演はみんなあまり演技したことないのかな。

    でも絶対脇役にうまい人置いてるよね。じゃないと回らないし。
    やはり日本の映画やドラマは主演より脇役の方が圧倒的にうまいし面白いっていうのを改めて感じたりもしました。

  • 3.2

    EDDIEさん2021/08/20 08:38

    4つの短編で構成される29歳の男性たちが主人公の群像劇。人生の分岐点に差し掛かり、4者4様の生き様を見せる。
    全体的に舞台演技のようで稚拙さすら感じられたが、脇役が演技面で支えている印象。リアリティに欠ける演出が多いのはきつい。

    とはいえ、4人の青年の群像劇はなかなか面白かったです。
    本日から公開の『うみべの女の子』鑑賞に先立ち、同じウエダアツシ監督作品を観てみました。

    10人組の男性グループBOYS AND MENのメンバーから4人が各短編の主人公を演じたみたいですが、私はBOYS AND MENを知りません…。
    「ツチノコの夜」「結婚の条件」「バズる」「ジャンクション」の4編でしたが、それぞれの話自体はそれなりに面白いのに、主演の演技や細かい演出、小道具の使い方が気になり高評価には至らず。
    もともと前者3編はテレビドラマで放送されていた内容ということで、話はそれなりに面白いんですが、どうしても映画としてはチープさが拭えませんでした。

    「ツチノコの夜」は主人公が自主制作映画にこだわりながらも大成していない自称映画監督。同窓会で再開した憧れの女性と友人、先生が入り混じるワンシチュエーションもの。
    本田力と佐藤玲、菅原大吉と脇役3人が素晴らしかったですね。佐藤玲ちゃんの小悪魔っぷりがとても良くて、この子になら騙されてもいいかなとさえ思いました。
    主演の田中俊介はドラマや映画でも何度か観たことあってそんなに悪い印象はありませんでしたが、主役として見るとちょっときつかったですね。

    「結婚の条件」は主人公が結婚相談所で働くカリスマ仲人としてメディアにも注目される存在。風俗店経営者の鳶田のやる気のない結婚相談に乗るところから人生振り回されていきます。
    個人的には一番楽しかったですね。これか「ツチノコの夜」が好きでした。
    主人公役の水野勝も他の3人と比較すると良かったです。けど、何よりも鳶田役の細田善彦が素晴らしかったですね。彼こそ本編の主人公といえるかもしれません。
    中村中を久しぶりに見ました。

    「バズる」は主人公が売れないバズチューバー。いわゆるYouTuberですね。サラ金から借金もしており、人生詰んでる状況。バズることを夢見ていても、動画の平均再生回数は20回とかそこら程度。だけど、とあるきっかけでバズったことで起死回生を図っていくという物語。
    ストーリーとしては「結婚の条件」と並んでしっかりしていました。ただいかんせん主演の本田剛文の演技が良くない。いや、良いところと悪いところがハッキリしすぎている印象。
    バズチューバーとして配信してる時はいい演技してるんだけどな…。まぁあれは素なのか。
    それにしても心ないネット民たちが1人のバズチューバーに対して浴びせる誹謗中傷の酷いこと。その辺はリアルでしたね。

    「ジャンクション」は主人公が漫画家を夢見る青年。小林豊演じた主人公の丸山はほかの3編とも繋がりのある人物。
    作品としてのメッセージもわかりやすく、これをラストに持ってくる意図は理解できますが、残念ながら話が全然面白くない…。
    エンドロール後に1シーンあるんですが、その結びが酷すぎて終わり悪ければ全ての印象が悪くなるという感じ。
    だって手元に漫画雑誌抱えてるだけで「え?漫画家さんですか?」って普通聞かれないでしょ。意味不明でした。

    もともとテレビドラマで放送された3編はそれなりに面白かったのに、最後の「ジャンクション」が面白くなさすぎてこのスコアに落ち着きました。

    自宅のテレビで鑑賞するにはちょうど良い気軽さはあるので、主人公たちと同じく30代突入手前とか、人生の分岐点に差し掛かっている人たちには良いメッセージ性はあるかもしれません。

    ※2021年自宅鑑賞179本目

  • 3.6

    さくさん2020/08/22 22:54

    諦めずにやればいつか上手くいくことをどストレートに伝えられた
    29歳、夢追い続けられるっていい事なんだな、どんな夢でも。

  • 3.5

    ららまるさん2020/04/16 20:33

    オムニバス形式の映画は初めて観ましたが結構面白かった。
    「結婚の条件」と「バズる」は考えさせられた。前者はテンポが良くわかりやすい内容だったから4作品のなかで1番好き。

  • 4.2

    zgzgさん2019/12/31 13:57

    再鑑賞。
    29歳男性、それぞれの人生。
    どの話もシュールだなぁ。
    いちばん好きなのは「ツチノコの夜」

  • 3.6

    りーせーさん2019/11/23 00:28


    ツチノコの話が個人的には1番好き笑

    演劇っぽさってやっぱわかるもんなんやな

    さまざまな分岐点を超えてきた僕ら!!

    あの時死んでしまったアイツにならないように必死で生きたい


    2019年ー82本目

  • 2.2

    sideBatsu2015さん2019/05/19 18:54

    田中俊介さんが出てるってので見たのだけど、、、つまらんかった事しか覚えてなく、内容もほぼ忘れてしまった。。。

  • −−

    ゆかちーさん2019/02/26 20:52

    全くの情報なしで見にいってしまった。
    ボイメンですね。
    あまり興味がないのと自分がもう少し若ければ楽しめたのかもしれない。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました