アダルト
  • トップ
  • ランキング
  • 無料動画
  • 定額見放題
  • キャンペーン
  • 作品配信カレンダー
  • パ・リーグ
  • ジャンル
  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 韓国ドラマ
  • 中国・台湾・タイドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • キッズ
  • 宝塚
  • 舞台
  • グラビア
  • パチ・スロ
  • スポーツ
  • バラエティ
  • ミュージック
  • ドキュメンタリー
  • ライブ
  • アダルト
  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 韓国ドラマ
  • 中国・台湾・タイドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • キッズ
  • 宝塚
  • 舞台
  • グラビア
  • パチ・スロ
  • スポーツ
  • バラエティ
  • ミュージック
  • ドキュメンタリー
  • アダルト
楽天TV > 映画(洋画) > 歴史・戦争 > リービング・アフガニスタン

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

リービング・アフガニスタン

G アプリでDL可: レンタル 購入
1時間53分 字幕あり 音声:ロシア語

1989年、アフガニスタン。実行不可能な奪還作戦に挑んだ、不屈の男たちがいた。

1989年。ソ連・アフガン戦争は、ソ連軍の撤退により幕を下ろそうとしていた。そんな中、第108自動車化狙撃師団に、ある極秘指令が下される。戦闘機が撃墜され、将軍の息子であるパイロットがイスラム組織ムジャヒディンの捕虜になってしまったのだ。兵士たちは人質救出のため、敵地に潜入し激戦を繰り広げる。一方、KGBのドミトリッチ大佐は、ムジャヒディンとの人質交換取引を模索していた。ゲリラが支配するサラン峠は、撤退ルートとして避けては通れない。だが捕虜が脱走を図ったこ…続きを見る

リービング・アフガニスタン

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

詳細情報

イメージを拡大する

あらすじ

1989年。ソ連・アフガン戦争は、ソ連軍の撤退により幕を下ろそうとしていた。そんな中、第108自動車化狙撃師団に、ある極秘指令が下される。戦闘機が撃墜され、将軍の息子であるパイロットがイスラム組織ムジャヒディンの捕虜になってしまったのだ。兵士たちは人質救出のため、敵地に潜入し激戦を繰り広げる。一方、KGBのドミトリッチ大佐は、ムジャヒディンとの人質交換取引を模索していた。ゲリラが支配するサラン峠は、撤退ルートとして避けては通れない。だが捕虜が脱走を図ったことから、事態は予想外の方向へ展開してゆく……。

最新!歴史・戦争洋画月間ランキングもっと見る

1917 命をかけた伝令 1917 命をかけた伝令

2人の主人公たちの行動に寄り添い、究極の没入感を表現するため、約二カ月の撮影期間を経て全編を通してワンカットに見える映像を創り上げた。

¥440

(3.7)

ジョージ・マッケイ

1

フォードvsフェラーリ 本編 フォードvsフェラーリ 本編

マット・デイモン×クリスチャン・ベール共演。絶対王者に挑め!奇跡の大逆転を描いた感動の実話。

¥440

(4.5)

マット・デイモン

2

ミッドウェイ ミッドウェイ

1942年6月4日、日米艦隊は北太平洋のミッドウェイ島沖で激突した。この戦いに勝った方が、太平洋戦争の主導権を握る。負けることは許されない、すべてを賭けた総力決戦。米軍の若きパイロットたちは、“運命の戦い”に挑んでゆくが……

¥440

(0.0)

ジャド・ネルソン

3

レッドクリフ Part I レッドクリフ Part I

私財10億円を投げ打ってジョン・ウー監督が完成させた未曾有の赤壁の戦い。

¥330

(3.3)

トニー・レオン

4

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦― レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―

ジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編。

¥330

(3.5)

トニー・レオン

5

米中開戦 20XX年:悪魔のシナリオ 米中開戦 20XX年:悪魔のシナリオ

これが絵空事だと、あなたは言い切れるか?世界最終戦争の悪夢を描く、近未来シミュレーション・軍事アクション!!

¥330

(2.4)

グラハム・ヴィンセント

6

ダンケルク ダンケルク

追い詰められた40万人―――史上最大の救出作戦。

¥275

(3.6)

フィン・ホワイトヘッド

7

ハクソー・リッジ ハクソー・リッジ

戦場で一切の武器を持たず、1人で75名の命を救い続けた兵士がいた――戦争の常識を覆し続けた男の、奇跡と驚愕の実話。

¥330

(4.5)

アンドリュー・ガーフィールド

8

リービング・アフガニスタンの評価・レビュー

3
観た人
71
観たい人
68
  • 3.0

    ホテルスターさん2020/07/21 19:11

    WOWOW.

    10年にも及ぶ泥沼化したソ連、アフガン戦争の末期を実話に基づいて描いた戦争映画。
    人物の思考をちゃんと描いていたと思うのでわかりやすく面白かった。
    ソ連兵士が陽気な感じに描いてたのが最もな皮肉なんだろなあ。戦争を終わらせるのは始めるより難しいだそうです。帰還した兵士がこの後どうなったか気になるとこでした。

  • 2.5

    風来坊さん2020/07/21 03:28

    実話ベースの戦争映画。実際も混沌とした状況だったのかも知れないが、状況が掴みづらく物語の流れを把握しにくいです。

    昔の話なので雰囲気を出す為の演出だと思いますが、映像画質が荒いものになっていて少々観にくい。

    根本の原因が欲をかいた太っちょ軍人。撤退のきっかけが11歳の少年というのが何とも言えない歴史の妙を感じました。

    戦闘シーンは派手さがないリアルな感じ。爆発シーンは火薬を使用した実際の爆発でなかなかの迫力。過酷な状況下での兵士の日々はよく描かれていると思う。

    事実を淡々と大まかに映したという感じで映画的な面白さには欠けますが、戦争史に興味がある方には興味深いのかなと思います。

  • 3.0

    アサコさん2020/06/24 10:19

    実話を基に、ということでわりとありのまま描かれているんですかね。
    分かりにくいというかただその風景が映し出されているだけでドラマ性は無く娯楽の観点から見ればあまり楽しめる作品ではありません。
    ただ戦争の不条理さみたいなのはめちゃくちゃ伝わって来ました。
    "戦争を終わらせるのは始めるよりも難しい。"
    なるほどな〜〜と思いました。

  • 2.3

    しおむすびさん2020/06/03 16:57

    実話を元にした作品らしいが、前半が登場人物と展開に付いてくのに苦労した。
    なんでいきなり戦闘してんの?って思ったら、あ、命令シーンは無しで作戦行動してんのねってなったり、シーン割りは親切ではない気がする。
    戦争不条理劇と称されていることもあって、物語は不条理だらけ。ひとつの出来事で全てが狂っていくのが戦争。
    意味不明なシーンがあったりしたのは、観てる方的には不条理。

  • 2.7

    MayumiMさん2020/06/02 21:27

    たかが11歳の少年のせいでアフガニスタン紛争からの誇り高き撤収も、人質の無事奪還も適わなかったという物語で、実話をモトにしてるらしい古き良きソ連時代を描いたロシア作品。何処までが事実なのかは判らないけど、KGBの大佐が出てくるあたりに検閲避け含めてるのかな……と野暮ってみたり(笑)。
    ともあれ、色んなエピソードが興味深くはあるんだけど、とにもかくにもピックアップされたキャラクターが広く浅く活用されてて散漫な印象があるのが残念。とはいっても、所詮戦争に正義なんかないというメッセージは極めて直球なあたり、やっぱりKGBは検閲避けなのかも(笑)。

  • 3.5

    aoponさん2020/05/12 21:43

    登場人物を把握するのに戸惑うが
    後半になって裏切りありの権力者の理不尽な行動ありので
    戦争の悲惨さを上手く描いてた。

  • −−

    るうLechattigreさん2020/05/05 23:43

    ソ連軍のアフガン侵攻からの撤退。
    ロシア映画でソ連時代の反戦の作品は時代の変化を感じます。
    戦争アクションと言うより濃密な物語。
    実際の話だけれどどこまでホントなのか分からないし、装甲車、ヘリが本物ってのが今のロシア映画らしいです。

  • 3.0

    ジョーさん2020/05/02 11:48

     旧ソ連によるアフガン侵攻でモスクワオリンピックを日本やアメリカや西側諸国がボイコットして、当時金メダル確実と言われたマラソンの瀬古が出場できなかったことを想い出す。金メダル確実だったと言うけれどそれは走ってみなければわからないだろうと僕は冷ややかな目で見てたっけ。驚いたのはこの戦争10年も続いてたんだね。膠着状態だったというのがいやな話だ。
     僕は同じアフガン侵攻でも、アメリカの9.11テロ以降の侵攻を描いた『ローン・サバイバー』のファン。ベトナムはジャングル、アフガニスタンは標高3000m級の岩山というくらい、過酷な環境の中での戦争を知るにはうってつけの作品。『ローン・サバイバー』と比べると、本作は峠越えは戦車や装甲車で、平地での市街戦が主。市場で日本製のポータブルカセットデッキを旧ソ連兵が買うシーンも出てくる。
     『ローン・サバイバー』の怖さは、標高3000m級の山の斜面にいる米兵が、どこから弾が飛んでくるのかが予想がつかないことにあったが、本作はそこまでの緊迫感はない。おそらくそれは単純に山岳戦と市街戦の違いだろう。本作はアフガニスタン側の人物描写は結構丁寧で、イスラム組織ムジャヒディンの首領の人物像も浮き彫りにされている。組織にいた少年の描き方などは、あの『バベル』で、ケイト・ウィンスレット演じる女性に銃を誤射した無垢な少年を彷彿とさせる。
     私見では、すっかり忘れかけていた旧ソ連によるアフガン侵攻の貴重な映像を見せてもらって得した気分になった。

  • 3.3

    あさおさん2020/05/02 02:57

    非常に渋い。
    ソ連がアフガニスタンから撤退するときの実話が元になっているらしいが戦場の 不条理が詰まっていてハリウッドものの(アメリカ軍がメインの)映画でありがちなわかりやすいヒーローは誰も出てこない。

  • 3.6

    レフポールさん2020/05/01 03:08

    33

    実話という事で、作り話だったらそんなバカな展開があるか、という展開になっていく。

    統率のとれていない私兵部隊みたいなのが本当のソ連軍なのか、この映画のなかだけなのかわからないが、私利私欲で動いたりする人間模様があって、成る程戦争を終わらせる事が難しいのがよくわかる。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

「リービング・アフガニスタン」:評価・レビュー

レビューを投稿してください。
平均評価:

(5点満点中 点 / レビュー数 件 )

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。



    Rakuten TV ガイド

    Rakuten TVアプリ

    表示モード:
    スマートフォン
    PC