お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―

G
  • 字幕

ジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編。

80万の曹操軍をわずか5万で迎え撃つ劉備・孫権連合軍は、軍師・孔明の知略と指揮官・周瑜の活躍でどうにか撃退に成功する。思わぬ大敗にも依然圧倒的な勢力を誇る曹操は、2000隻の戦艦を率いて赤壁へと進軍する。そんな中、曹操軍には疫病が蔓延してしまうが、非情な曹操は死体を船に積み、連合軍のいる対岸へと流す。これにより連合軍にも疫病が拡がり、ついに劉備は自軍の兵と民のため撤退を決断する。ただひとり戦地に残り、周瑜とともに戦う道を選んだ孔明だったが、劉備軍が持ち帰ったことで生じた矢の不足の責めを問われてしまう。すると孔明は、周瑜に3日で10万本の矢を調達してみせると宣言するのだったが…。

詳細情報

原題
RED CLIFF:PARTII
字幕言語
日本語
制作年
2009
制作国
米・中・日・台・韓
対応端末
公開開始日
2014-09-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―の評価・レビュー

3.6
観た人
14991
観たい人
2490
  • 4.0

    けいおですさん2021/04/21 08:45

    仁義に仕えた蜀呉に胸熱
    諸葛亮の知が組み合わさり生まれた赤壁の戦いでの戦略は、時代やスケールは違えど現代でも活かせることが沢山あるはず

    個を捨ててでも国のために死ぬって今では考えられんけど、よく耳にする現代中国の爆発力に通ずる何かを感じた
    習近平のマインドは曹操寄りだと思うけど…

    損得ではなく正しいことのために動ける人間になろう

  • 4.1

    まるてんちさん2021/04/06 16:07


    個人的には一作目より好き!

    だって金城武がかっこいいんやもん。

    あの女の子めちゃくちゃ少林サッカーのイメージ濃かったのにい

    全員イケメンで美しすぎねえ

    蓮の花も枯らす腕前ですから
    に類似する言葉探して使っていきたい

  • 4.0

    deenityさん2021/04/05 00:54

    中国の赤壁の戦いを描いた二作目。
    前作から引き続きの後半になるので、様々な局面での争いが楽しめますが、同盟軍の読みは素晴らしいですね。中でも諸葛孔明の矢の生産方法とか発想が素晴らしいですよね。さらには天候をも味方につけるところとか。博識であり、柔軟な発想力もある。いかに彼が聡明な人物であったか、というのは言うまでもありませんね。

    どちらが勝つかなんてのは明らかですし、本作で描かれているのはやはり孔明と周瑜の絆がメインなので、自ずと敵国が噛ませ犬になってしまうのはやむを得ないのですが、それにしてもちょっとかわいそうですよね。曹操も丞相になるほどの人物なのだからもうちょっと立たせてあげてもよかった気はしたのですが。せめて口の持つ力くらいは明確に示すとか。
    魏の圧倒的なポイントはやはり数にあるわけで、数の差に圧倒されるという演出は正直もっと欲しかったところ。時代の技術はあれど、数を言葉ではなくもっと可視化すれば迫力もあったはずだし、絶望感もあったはず。これだとどう考えても勝つ匂いしかしなくて、あまりに曹操が愚かすぎる演出かと。。笑

    戦闘シーン自体は頑張って迫力あるように描いていましたね。ただ、正直主要人物以外はどっちがどっちなんだかわかりませんでした。だって、似てるんだもん笑

    この戦いのメインなだけあってシンプルに面白かったです。中国史において、三国志は欠かせないと思いますし、勉強にもなったので満足です。

  • 4.2

    あやねさん2021/04/01 23:01

    トニーレオンと金城武かっこよすぎ、、

    最高に面白かったけど、ただ終盤の戦いのとこは登場人物が多すぎて見せ場作ろうと思ったらそら長引くよな🤣て感じ。

  • 3.5

    ぎーさん2021/03/13 14:02

    【ジョン・ウー特集2作品目】
    レッドクリフ2部作の後半戦。
    前半戦は正直ちょっと長いなって思っちゃったけど、後半戦は赤壁の戦いがメインで動きが激しくって目が離せなかった。

    1番印象に残っているシーンは、小喬が曹操の元へ行ってしまって不安になる周瑜を中心に呉の軍勢が気勢を上げて、冬至の日の団子を分け合い、心を一つにする場面。
    この後の戦いは本当に悲惨なものになる。
    どうして皆命を落とすことも恐れずに立ち向かっていけるのか。
    この場面があるからこそ納得できた。
    熱気を画面越しにガッチリと感じることができる、素晴らしい演出だった。

    パート1より遥かに有名な場面が次々と出てきて面白い。
    諸葛孔明が魏の矢を大量に奪ったり、周瑜が計略を巡らせて曹操の水軍の大将が裏切ってると思わせて処刑させたり。
    小説の名シーンをよく映像にしたなって思う。

    曹操は今回も良いところがない。
    周瑜の計略にのせられて部下を殺しちゃうし、小喬にデレデレして戦いのタイミングを逃しちゃう。
    でも史実では三国をほぼ統一しちゃう勝者なんだよね。
    孫権達は絶対ラストで曹操を殺すべきだったよね。

    孫権の妹の勇気は素晴らしいし、兄や呉を想う気持ちに心を打たれるけど、流石に王様の妹が敵国の軍隊にスパイとして潜入するのはやり過ぎでしょ。
    偉い人だし、そもそも女性だし。
    しかも蹴鞠の名人と恋に落ちちゃうみたいになってたのはよく分からなかった。
    蹴鞠の名人を戦いの中で助けようとしたのかもしれないけど、結果的には孫権妹のせいで死んじゃった気もした。
    小説の世界を素晴らしく映像化した映画だとは思ったけど、ちょっとやり過ぎかもね。

    それが1番出ちゃってたのが、やっぱり小喬が曹操の元へ行く展開。
    結果的に上手く戦いのタイミング遅らせられて、風向きが良くなったけど、絶対に普通はああはならない。

    三国志っていうと劉備達三兄弟の活躍ってイメージがあるけど、レッドクリフでは意外にも脇役なんだね。
    もちろん、関羽も張飛も最強っぷり発揮してはいたけど。
    むしろ趙雲が最初に魏の軍隊に突っ込んで行ったり、小喬の命救ったり目立ってた。

    中村獅童はパート2でも目立ってた。
    威圧感凄くって流石だった。

    小喬とか孫権妹の当たりがちょっと現実離れしすぎちゃってるところはあるけど、間違いなく赤壁の戦いの迫力は抜群だと思う。

  • −−

    卍地球マン卍さん2021/03/10 00:52

    part2!part1の丁寧な描写、やりとりから打って変わってド派手アクション多い!好きなエピソードがっつり描かれるのも熱いなぁ。テーマ曲は神。

  • 4.0

    かめさんさん2021/03/08 04:17

    DVD📀所有、再鑑賞。「男たちの挽歌」のジョン・ウー監督作品。金城武、トニー・レオン主演映画。金城武が劉備軍の軍師 諸葛孔明です。時代は後漢後期208年長江の赤壁の戦いが舞台です。

    風を読む。いよいよ決戦です。迫力満点の戦闘シーン、物凄い数のエキストラ、物凄い量の火薬、圧巻です。最後は愛が勝つ。

  • 3.3

    ゆきじさん2021/03/06 23:05

    もともと歴史ものだから実写に慣れた分楽しみ度は下がるものでして。
    ちゃんと面白かったし、風のくだりはシュールでよかった。

  • 4.5

    yuuuumiさん2021/03/03 13:35

    舞台は赤壁の戦いへ…。

    劉備と孫権が曹操を倒す為に同盟を結ぶ後半の戦い。
    後半では孫権の妹、尚香がキーパーソンとなり、女性でありながらも活躍する姿が描かれています。

    疾病により亡くなった死体を同盟軍に送り届けてきた曹操の残酷さ。この『乱世の奸雄』と呼ばれた曹操、この作品では敵側に描かれていますが、人生において、実は戦にもたくさん負け苦い経験もたくさんしてきた人物です。

    曹操と孔明、孔明と周瑜の頭脳戦がみどころでもある後半の物語。
    孔明の風や雲、天候、地形、風水を支配できる知識の深さがまた凄い。
    赤壁の戦いにおいて風はとても重要な役割を果たします。
    そして三国志において有名な、10万本の矢を3日で孔明が集める話はほんとに驚きます。
    そして手紙一つで人をおとしめることができる三国志の恐ろしい時代。同盟を結んでいるとはいえ牽制し合う様子も描かれています。

    この赤壁の戦いでは尚香や、周瑜の妻である小喬がとてもみどころで、女性が勝利のために貢献する勇敢さを教えてくれます。
    尚香と曹操軍に潜入していた時の友との戦いはフィクションである部分ですが、心を通わせた人との戦いは、やはりドラマチックであると感じます。

    この戦いでは同盟を結んだ孔明と周瑜も、この戦いが終わればまた、三国統一の為の敵どうし。
    また次に会う時は戦場となる再開。三国志に登場する人物たちの友情が描かれたこの戦いのスケールの大きさに圧倒されました。

  • 3.0

    ご自由さんさん2021/03/03 10:06

    2011.01/25 鑑賞。
    盛り込みすぎて中途半端。戦闘シーンは兵士の人海戦術、用兵、騎馬、陣立て等面白く結構迫力あり。
    2015.04/03 2回目鑑賞。
    尚香の役割がうそっぽく、軽くしている。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す