お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

七つの会議

G

正義を、語れ。

都内にある中堅メーカー・東京建電。営業一課の万年係長・八角民夫は、所謂“ぐうたら社員”。課長の坂戸からはその怠惰ぶりを叱責されるが、ノルマも最低限しか果さず、定例の営業会議では傍観しているのみ。ある日突然、社内で起こった坂戸のパワハラ騒動。 そして、下された異動処分。訴えた当事者は八角だった。そんな中、万年二番手に甘んじてきた原島が新課長として着任する。成績を上げられずに場違いにすら感じる原島。誰しもが経験するサラリーマンとしての戦いと葛藤。だが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー邦画ランキング

七つの会議の評価・レビュー

3.8
観た人
44710
観たい人
19583
  • 4.0

    まっつーさん2021/11/24 20:13

    サラリーマンって難しいね。
    俺は今年新卒入社した社会人1年目なんだけど、こういう会社の物語って好きだな。
    みんな頑張って働いてるんだよな、俺も頑張ろうって思える。
    ノルマがある営業職は大変そうだけど。

    これは池井戸潤の小説が読みたくなる一本。
    半沢直樹や下町ロケットが好きなら絶対おすすめ!

  • 3.7

    ジョンさん2021/11/23 00:47

    楽しめたけど、損害額の規模感に対する会社の厳しさとか会議室の規模感とかちょっとズレてる感が否めなかった

  • −−

    UKさん2021/11/21 17:04

    2時間とは思えないくらい中身の濃い面白い話だった。どんな会社にも大なり小なりこういうことはあるもので、勤め人なら誰かに共感できるんじゃないかな。大袈裟なくらいの演技だけど、スケールが大きい話なので寧ろ自然に感じた

  • −−

    れいさん2021/11/20 01:29

    伝統的な喜劇の要素を取り入れた企業サスペンスです。おもしろいのはお歴々方の演技で、観応えあります。一番うけたのは橋爪功さんで、中盤辺りのシーンで笑いました。しどろもどろになるところが絶妙で、さすがです。香川照之さんもきれ気味の演技で、さらっていきました。片岡愛之助さんはすごくて、歌舞伎らしい表情のきめがはまってました。
    ドーナツのアイデアはいいと思いました。仕事の休憩にドーナツ出たら、嬉しいです。とりあえずドーナツを食べたくなりました。
    TVの手法で撮られた映画で、画面をきめられる役者さん揃いです。ばちっとはまる画作りがまた積み重ねを感じて、映像の歴史をイメージします。映像技術が作られていく過程の一段面としてお楽しみくださいませ。^_^🙇‍♀️

  • 3.7

    IDLMsのshukiさん2021/11/19 17:06

    めっちゃ歌舞伎だし半沢だけど面白かった。
    布石の回収、役者の表情をあえて見せず想像力を使わせる、エンドロールの演出など監督の実力もよくでた作品

  • 4.8

    ぐーみんさん2021/11/19 14:56

    最初から最後のエンドロールまで
    超高級ディナーフルコース
    ~時々歌舞伎を添えて~
    って感じの濃い濃い作品だった。
    見応えあった。

    どの立場の人も、それぞれに家族がいて部下がいて、生活がある。そのためには良くないと分かりつつ破ってしまう事もあるのかな。いけないことだけどね。
    でも不正があるからこそ、正しいことがまかり通らない世の中だからこそ、分かることがあるんだろう。

  • 4.0

    ぽぽんたさん2021/11/19 14:20

    脇役も全部豪華!
    こういう会社に詳しくなくても、さりげなく説明もあって分かりやすい映画だった!
    展開が読めないのもいいー!

  • 3.7

    海賊Kさん2021/11/18 23:44

    サラリーマンって大変。基本残酷で、この日本の資本主義を象徴する大企業カーストの話。

    上に行けば行くほど腐ってる社会の構図は、元職場で嫌というほど見てきた。

    しかしホンマにこの時代の人達はよくみんな辞めないよな。ホンマに腐ってる世界の狭さとしてのそこの常識を立て直したい。

    だからこそ、すべてをかけて人としてを取り戻す人がかっこいいんやろなぁ。

  • 3.7

    ちづさん2021/11/16 16:05

    面白かった!池井戸潤の小説の映画化。これも大企業の闇を垣間見られる。どうしても空飛ぶタイヤと重なるところがあって新鮮味は感じられなかったのが残念。だけど二転三転する展開は普通に面白いし、脇役まで大御所揃い。よって演技力も安定なので見応えあり。
    エンドロールの野村萬斎のトーク。良かったね。企業に依存する体質は何百年前からより日本人の培ってきた歴史によるものなのか。。と妙に納得。

  • 2.5

    みやびさん2021/11/15 10:42

    オススメされて観賞。野村さんの演技最高やったんと、エンドロールの使い方好きすぎた。
    本当エンドロールをただのエンドロールにしない映画、個人的にそれだけで好き。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました