お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

愛がなんだ

G

全部が好き。でもなんでだろう、私は彼の恋人じゃない。

猫背でひょろひょろのマモちゃんに出会い、恋に落ちた。その時から、テルコの世界はマモちゃん一色に染まり始める。会社の電話はとらないのに、マモちゃんからの着信には秒速で対応、呼び出されると残業もせずにさっさと退社。友達の助言も聞き流し、どこにいようと電話一本で駆け付け(あくまでさりげなく)、平日デートに誘われれば余裕で会社をぶっちぎり、クビ寸前。大好きだし、超幸せ。マモちゃん優しいし。でも・・・。

※予告編にて本編映像の冒頭4分間をお楽しみいただけます。

詳細情報

関連情報
監督:今泉力哉/原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)/主題歌:Homecomings「Cakes」(felicity/SECOND ROYAL RECORDS)/脚本:澤井香織、今泉力哉/音楽:ゲイリー芦屋/エグゼクティブプロデューサー:福嶋更一郎、成 宏基/プロデューサー:前原美野里、新村 裕、村田 亮/撮影:岩永 洋/照明:加藤大輝/録音:根本飛鳥/美術:禪洲幸久/装飾:うてなまさたか/スタイリスト:馬場恭子/ヘアメイク:寺沢ルミ/編集:佐藤 崇/助監督:八神隆治/制作担当:柴野 淳/企画協力:KADOKAWA/企画・制作・プロデュース:アニモプロデュース/制作プロダクション:アンリコ/製作:「愛がなんだ」製作委員会/宣伝協力:イオンエンターテイメント/配給:エレファントハウス/助成:文化庁文化芸術振興費補助金
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2019-09-27 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,037
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,546
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー邦画ランキング

愛がなんだの評価・レビュー

3.7
観た人
44407
観たい人
54438
  • 4.8

    もしもさん2020/07/09 21:39

    罪な男
    でもそんな男に救われる、囚われる、乱される
    そんな自分が嫌になる
    最後の最後まで信じたい
    わかっているのにさよならできない
    私は女だからマモちゃんの気持ちわからないけど、囚われたら逃れられないよね

  • 4.4

    Cezanさん2020/07/09 19:45

    ガサツ女に憧れても結局ガサツな人はガサツだから、自分も大切にされないよ、と分かっていてもそっちになびいちゃうマモちゃん。

    山田が鏡みて号泣するラストを若干求めていたのかも。

    恋愛のあるあるモノマネをずっと見ているようで心地良くて、まだ見ていたいと思ってしまった。

    セリフと言い回しが現代邦画の中でも群を抜いてうまい。

    そして若葉竜也がキャンプ場で怒ったときのあの目!

  • 4.7

    面へらちゃんさん2020/07/09 14:19

    タイトル通りの作品。愛とか好きとかなんなんだろう。依存って何よりも怖い。そして、成田凌さんのクズ男感すごすぎる(笑)

  • 4.3

    さいとうさん2020/07/09 12:08

    映画館で見て、男女のリアルって感じがした。好きな男にはついていっちゃうよね〜愛が依存になったら終わる

  • 4.5

    映画漬廃人伊波興一さん2020/07/09 06:44

    大胆にもエリック・ロメールを引き合いに出したくなる誘惑にさえ駆られます。
    恋愛映画とご覧になるかはご随意のままに。
    この軽妙さは安易な悲劇を軽々超える残酷さに満ちている。

    今泉力哉『愛がなんだ』

    この作品が口コミを通じてロングヒットした事に驚きと喜びと恐怖が絶え間なく交錯します。

    ここまで書いたらテルコの声が聞こえてきそう。
    (何それ?意味わかんない。)

  • 3.5

    たそさん2020/07/09 02:17

    成田凌すげえ。。。と思った。そしてまだまだ子供の私にはこの映画はレベルが高かった、、。愛と執着は紙一重、ですか?

  • 3.8

    negitorotabetaiさん2020/07/08 23:10

    正しいとか、こうあるべき、とか、そんなのが通用しないのが恋愛、ってみんなどこかでわかってるのに、つい求めてしまったり、それに傷ついたりしちゃう。この心の動きが愛なのか恋なのかわけわからなくなっちゃった考えすぎの大人には、じわじわとそして時にはドーンとくると思う。場面によっていろんな人に感情移入しちゃっていそがしい。

  • 4.1

    Momonaさん2020/07/08 02:15


    成田凌のクズ感たまらんかったけど
    クズすぎてイラッともなった


    とはいえ角田光代さんに、今泉監督
    たまらんな!!


    愛って難しい
    自分のことを考えた
    とある診断テストで、
    メンヘラと真反対がわたしって出た私でも
    テルちゃんが好きになる気持ちも理解できるし、すごく好きになるのもわかる
    でも途中からはテルちゃん わからんねえ〜

    果たして愛と呼べるのか
    愛って形はなんなのか
    愛じゃないとはなんなのか

    その人をただ好きでいたくて、
    自分を好きになってほしくて、
    ただそばにいたくて、
    想いを伝えられなくて、
    本当は寂しくて、
    相手の幸せのために身を引いて、
    いつも強がってて弱みを見せなくて、
    側から見れば都合のいい女になってて、
    でもそれでもよくて

    そんな5人なんだよなあ


    相手のことを好きでいる自分が好きなんやろ!
    恋に恋しとんやろ!
    と、よくお母さんに言われたのを思い出した


  • 4.4

    HITSUJIさん2020/07/07 21:52

    登場人物によって恋愛の価値観が異なるから傍から見たら異常に思うが、本人からしたらこれが正しくて、だから悩むし苦しい。
    自分も置かれた状況次第で、どの登場人物の考え方にもなり得る気がする。

  • 1.0

    麺類さん2020/07/07 21:13

    ま〜ん(笑)スイーツ(笑)恋愛脳(笑)

    これ見て共感できるとか泣いたとか抜かしてる奴とは絶対にお近づきになりたくない。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す