お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ライオン・キング 本編

G
  • 吹替
  • 字幕

果てしなく続く命<サークル・オブ・ライフ> ― 想像を超えた感動は、新たな伝説となる。

命あふれるサバンナの王国プライドランド。未来の王<シンバ>は、ある“悲劇”により父<ムファサ>を失い、王位を狙う闇に生きるライオン<スカー>の企みにより王国を追放されてしまう。新たな世界で彼は仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていく。王となる自らの運命に立ち向かうために―。1994年にアニメーションで公開されて以来、映画や音楽、舞台など、様々な分野で記録を樹立し、世界中で愛され続けているディズニーの傑作が、フルCGによる驚異の“超実写版”で甦る。俳優としても人気の高いジョン・ファヴロー監督が手掛け、「サークル・オブ・ライフ――命のつながり」をテーマに、運命に立ち向かう物語とそれを彩る数々の名曲に、世代も国境も超えて、すべての人の心に響く唯一無二の感動エンターテイメント!

※こちらの本編は、字幕でも吹き替えでもどちらでもお楽しみいただけます。

お得なパック(1)

詳細情報

原題
THE LION KING
作品公開日
2019-08-09
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
作品公開日
2019-08-09
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2019-10-18 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ファミリー洋画ランキング

ライオン・キング 本編の評価・レビュー

3.8
観た人
68396
観たい人
38595
  • 2.5

    千年女優さん2021/04/19 15:56

    サバンナを統治するライオンの王ムファサの息子として生まれたシンバが、叔父のスカーの陰謀により、父を失い、祖国を追われる失意の底から、様々な出会いを経て這い上がり、王の座へと返り咲く様を描く、1994年公開のアニメーション映画をフルCGで実写化したディズニー映画です。

    動物達を実写と見紛うほどのクオリティーで作り手の意のままに描く「超実写版」と銘打たれた本作は、映像的な技術革新に挑戦しながらも、近年のディズニー作品の傾向である物語の現代的なアップデートを施さないことで生まれるアンバランスさが浮き彫りになる問題作です。

    もともと原作が持っていた「共生」と「サークル・オブ・ライフ」の埋めがたい乖離を、実写化されリアルになった映像が無残にも映し出し、個人的には目を背けたくなってしまいます。『レベルE』の言葉を拝借すると、「明日から寝るなと言われてもオレは眠くなる。食うなと言われても腹はへる。言えることなど何もない」のです。この世界の未来に『ズートピア』があると信じて。

  • −−

    degさん2021/04/19 14:43

    ストーリーは昔と同じですね。
    面白かったのはプンブァが囮になるシーン、美女と野獣のひとりぼっちの晩餐会の冒頭をマネしてました。

    声優陣はほぼ入れ替わったのだと思いますが、ムファサがそのまま大和田さんだったのは感動しました。新しい声優陣も好きです。ティモン、プンブァ、ザズーはオリジナルに寄せた話し方に思え、親しみが持てました。ティモン、芸人のミキの弟なんですね。凄いうまかったです。
    スカーはちょっとセクシーな感じでした。

  • −−

    エリカさん2021/04/18 18:09

    ずっと美しくて、リアルな映像。

    綺麗、リアル、そんで綺麗。
    サバンナとバオバブと、ジャングルと生態系と。
    これは映画館で観たかった!!!!!!!

    思いがけずキウェテル・イジョフォー2連続視聴になった土日でした。

  • 4.7

    純さん2021/04/18 01:31

    映画館行きました!
    あえて動物たちに表情をつけずリアルに描くことを重要視したそうですが、それでも喜怒哀楽きちんと伝わる不思議。フルCGなんですよね?と聞きたくなるくらい、そしてドキュメンタリーなんじゃないかと錯覚するくらい映像がリアルできれいでした。自然はもちろんそこに生きる動物たち、普段なら苦手な虫ですらも美しく見えてきてより強く「生」を感じる画面だなと思います。
    アニメ版の生命力も勿論凄いけれど、実写版の力強さも本当に好きです。大和田伸也さんをはじめ、吹き替えのキャストさんがピッタリ過ぎるうえ上手すぎてそれでも感動しました。大画面で観て良かったなぁと思っています。

  • 3.9

    しょたーんさん2021/04/17 15:45

    ナショナルジオグラフィックから映像素材を流用したんじゃないかと思うような映像美。リアルを求めるCGの極みですね。

    群れのリーダーを父に持つシンバは、巧妙な罠によって父を失う。父の死が自分のせいだと思ったシンバは群れを離れ、出会った猪とかと気楽に暮らす。群れに戻るように説得されたシンバは、群れへと戻り新しいリーダーとなっていた叔父ライオンへとチャレンジする。

    一言で言うと、サークルオブライフだよね。幼き頃にアニメを見た覚えがあるような、ないようなうろ覚えでした。終始、可愛らしい動物が映像に流れているので、多分脳にいいです。

    なんせ私は宮崎あおいと二階堂ふみの見分けがつけられないので、喋っているライオンがシンバなのか、叔父ライオンなのかが分からず混乱しました。首輪とかつけておいてくれると分かりやすいんですけどね。

    でも、そんなことはハクナマタタなので、どうぞお楽しみください。
    ディズニープラスは一旦お休みして、Netflixに戻りたいと思います。ありがとうございました。

  • 3.5

    Kikoさん2021/04/15 20:17

    映画館で大迫力の画面と音で観ました。
    「愛を感じて」はディズニーのオリジナルのまんまと言わんばかりの再現度。
    やはり最初と最後の「サークルオブライフ」は圧巻!!

    吹替えのシンバ(子役)の歌の上手さ!

  • 3.8

    ミラさん2021/04/14 08:12

    全部CGだと思うとすごい。
    ほぼドキュメンタリーのような美しさ。
    多分、ディズニーの俺ってCG得意なんだよね?っていう自慢用の映画。
    子供の頃のシンバがかわいい

  • −−

    HSMTさん2021/04/12 23:18

    ディズニー+で観ようとしたら、タイトル画像が自然系ドキュメンタリーと見分けが付かなくて見つけるのに5分かかった、それくらい自然な仕上がり。
    冒頭のタイトルインは最高潮にアガる。

  • 4.5

    Hsさん2021/04/12 17:53

    幼少期から家にVHSとして置いてある数少ない作品で大好きだった。
    あの頃はすこし怖くて一人では観れないイメージだったけど、十年ぶりくらいに観返すと可愛い作品だった。
    動物って素敵。
    ハクナマタタの意味も改めてしれました。

  • 4.5

    清水康介さん2021/04/11 09:52

    かなり昔の作品なのに古っぽさを感じなかった。今のアニメとは違う方法で作られているのがなんとなくわかって逆に新しいなと思った。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す