お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

王の預言書

G
  • 字幕

民衆の心をつかむ者が、明乱の世を動かす。

国政は荒れ、民衆が国への不満を募らせていた時代。作家フンブは、高貴な家の出身でありながら、貧しい民のために尽力するヒョクに出会い、その姿に尊敬の念を抱く。だがヒョクの兄で王朝高官のハンニは、権力をふりかざし、敵対勢力をつぶそうと企てる野心家だった。対照的な二人に着想を得たフンブは、悪政の世を風刺する小説「フンブ伝」を書き上げたことにより、国の未来を左右する謀反の渦に巻き込まれていく。

詳細情報

原題
Heung-boo: The Revolutionist
音声言語
韓国語
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
韓国
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2019-11-06 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

韓国映画洋画ランキング

王の預言書の評価・レビュー

3.4
観た人
53
観たい人
126
  • 3.7

    mimitakoyakiさん2020/07/12 21:01

    韓国の古典「フンブ伝」は、善良な弟と強欲な兄の勧善懲悪モノで、韓国では誰もが知ってる日本ていうところの「舌切り雀」のような話だそうです。
    本作は、そのフンブ伝を現代にも通じるような新解釈で描いた時代劇です。

    主人公の官能小説で人気が出た作家フンブが、子どもの頃に争乱で行き別れた兄を探すうち、その消息を知っている両班(官職の貴族)でありながら貧しい民を助けているヒョクと出会い、ヒョクの実の兄でありながらヒョクとは対称的に強欲で非道な野心家のハンニとの関係から、彼らをモデルにして書いた「フンブ伝」が民衆に広く広まり、やがて時代を変える力になっていくという、「剣はペンよりも強し」的な話です。

    村の子どもたちに教育を授け、農地を耕し、貧しい人たちと共に生きるヒョンの生き様に触れ、小説を書くという自分ならではの力を発揮し、周りの言いなりにしかなれない未熟な王に、政治は誰のためにあるのかという原点を突きつける、そのやり方が面白いんですよね。
    「国の主人公は民衆だ」なんて主権在民を説くセリフはまさに現代的ですが、民衆を置き去りにし、血生臭い権力闘争に明け暮れる大臣達ではなく、殺し合わずに文章で世の中を変えようとしたフンブと民衆の姿は、ろうそく革命で腐敗した大統領を権力の座から引き摺り下ろした韓国の歩みとも重なりました。

    フンブを演じたチョンウも良かったですが、この作品が遺作になったジュヒョクさんがまたね、高潔なヒョンを見事に演じていて素晴らしかったです。
    また、男装してまで作家を夢見るフンブの弟子を演じたチョンウヒがチャーミングなんですよね。
    そんなに出番が多いわけではないけど、しっかりとした存在感があります。
    最後にあの人のカメオ出演もあり、あっ♡と嬉しいサプライズもあるので最後まで消さずに見て下さい!

    この作品の前に「毒戦 Believer」でイカれた演技を見せたジュヒョクさんの振り幅がすごく、あらためて素晴らしい役者さんだったんだと思いました。
    最後の追悼文にこみ上げてくるものがありました。

    47

  • 3.0

    takaGさん2020/04/12 23:27

    いっぱいツッコミどころありますね、、、
    まず民衆どうやって入った?笑

    映画自体はホント至って普通。無ね。

    チョ様ことキムジュヒョクさんの扇子のシーンかっこよす

    でもね、チョンウさん

    きゃー!全て可愛いの
    なんかだらしない感じも子供じみた歩き方も泣きじゃくる顔もぜーんぶ愛おしい

    なんなのこの甘いマスク

    ふぁ〜あんただけで☆3つあげちゃうわ♡

  • 3.8

    Lilyさん2020/03/29 10:54

    春香伝、沈清伝と並ぶ朝鮮古典文学が本作の興夫伝。なんだかんだで伝統芸能のシーンが一番楽しい。日本にはない素朴な華やかさとユーモアがあって。筆の力は権力に勝る。1000年の持続力の差をつけることもできる。ここに記したレビューを読んでくれる最後の人は何年後だろうか。

  • 3.5

    るるんさん2020/03/05 03:17

    日本語の題名が良くない。

    なんにも「王の預言書」じゃないよ!

    そのままの訳で
    「興夫:文章で世の中を変えた者」の方が絶対よかった。

    韓国で有名な古典「興夫伝」を新たな解釈で映画化した作品らしい。

    自分はやっぱり韓国の時代劇が好きなようだ。
    とても面白かった。

    故キム・ジュヒョク氏かっこよかった。

    でもブンフの兄があまり出てこなかったのが残念…ブンフと兄どうなったんだろー

  • 2.5

    カモシカさん2019/12/09 22:46

    「故キムジュヒョク氏と共に過ごせて幸せでした。」って字幕で泣いた。ジュヒョク氏の扇子バサッのシーンがかっこよかったです。あとチングもかっこいい。
    チョンヘイン君の王様は最後までなんにもせんのね。二人目は止めようよーと思った。せっかくのチョンウヒなのにぃ。
    民衆が松明を持って集まるシーンはロウソク集会みたいだった。民衆が団結して国を動かすっていう構図、韓国人好きなんだねぇ。
    韓国人なら誰でも知ってるお話の再解釈とのことなので、説明を省いてる部分が多いのか、日本人の私には色々わからなかった。
    カンハヌル!

  • 3.5

    いよらさん2019/12/08 21:29

    キム・ジュヒョクさんの遺作です。やっぱりいい演技するよなぁ。

    韓国の古典文学フンブ伝というのをもとに作られた作品らしいですが、フンブ伝はよく知りませんでした。民衆に人気の話だったみたいですね。その話をきっかけに起こる政権への謀反とか権力争い、兄弟の確執なんかが描かれてます。

    派手なアクションシーンは少ないですが、じんわりくる話です。民衆の心を動かすのは剣の力よりも心に響く想いみたいなものなのかな、と思います。筆は剣よりも強し、ですね。

    チョンウもチョン・ヘインもいい感じです。チン・グがいいところに出てきて、おっ!って感じがしました。

  • 3.1

    IPPOさん2019/11/14 14:31

    チョン・ウ やっぱり韓国版大泉洋に見える問題。
    劇中の名セリフは「剣でなくても 筆でも闘える」。筆一本で悪代官に立ち向かい、民衆を鼓舞する若手作家の奮闘時代劇。

    韓国人なら誰でも知ってるという「興夫伝」という昔話をアレンジした一作。

    チョン・ウにチョン・ウヒ、チョン・ヘイン、チョン・ジニョンとやたらにチョン姓俳優勢揃い。
    個人的にファンであるチョン・ウヒ嬢と期待の星チョン・ヘイン出演ではあったけど、2人の使い方がなんだか勿体なく…
    大好きなチョン・ウヒの渾身の激情演技と、チョン・ヘインのキラースマイルはお目にかかれない。

    韓国映画時代モノはなかなか難しい。
    大作は多くとも自分好みの作品は『群盗』くらい。今後に期待。

  • 4.3

    むらさきの月さん2019/08/07 16:27

    「興夫伝」をモチーフにしたエンタテイメント時代劇
    チョンウ、チョン・ジニョン、キム・ジュヒョク氏らをはじめ
    ホントに豪華な演技派俳優の競演の本作には大満足
    諦めずに日本で公開を待ち続けて 本当に良かった
    そう心から思えた作品だったと記憶しておこうと思う

    日本人の私には「舌切り雀」の方で親しみを感じていた「興夫伝」が
    まさかの国の未来を左右する物語に生まれ変わってしまうとは……
    やっぱり 韓国のエンタメ界は面白い(^^♪

    通常よく視るTVドラマの時代劇のような演出スタイルでなく
    この作品にも登場する韓国の伝統文化パンソリのように
    美しい映像とともに朗々と物語が語られ
    コミカル&シニカルに権力人たちが風刺されていく
    どこか昔話風でコミカルな演者の表現も
    この作品の雰囲気にピッタリとハマっていた
    特に、チョン・ジニョン氏演じた意地悪兄さんは
    昔話に登場する意地悪爺さんそのものだった♡

    絵面も凝っていて
    緊張感のあるシーンなのに小津安二郎的な目線を持ってきたり
    対角線上に または直線状の奥行きを使って 
    同時に二つのシーンを画面に入れるなど
    ちょっとしたカメラの目線が醸し出す画面の違和感が癖になる
    でも 不思議なことに 
    それが時代劇のスタイルにマッチしてくるから超・面白い
    これからも面白い作品が観られそうだから
    この監督のこと、忘れないでおこう

    忘れないと言えば、キム・ジュヒョク氏
    今回も彼の演技は秀逸だった
    良心の両班を自然体で生ききっている姿を見せられてしまうと
    今後、彼の演じ生きる姿を見ることが出来ないことが
    悔やむに悔やみきれない
    「地が天となる世界」のくだりの演出は
    この後に起こる 彼の未来そのものを見てしまったようで
    辛くなってしまったが 
    心に迫る良いシーンの一つだったと追記しておこう

  • 3.4

    yontanuさん2019/07/29 09:24

    カリコレにて
    邦題が悪いなぁ
    「ペンは剣よりも強し」って映画なのにな
    とにかくチョンウがコロコロ表情変わってかわいいね
    時代劇あるあるの最初はコミカル後半シリアス展開
    マンガみたいな話やけどキャストも結構豪華で話は何よりわかりやすすぎて軽く観れていい
    ペンを武器に立ち向かうってかっこいいよね
    キムジュヒョクさんは遺作だったのねぇ
    ご冥福をだよ

  • 4.0

    つさん2019/07/29 07:58

    めちゃくちゃよかったです。音楽とロケーションが最高で、キム・ジュヒョクさんに涙する…って感じでした。最後の最後でちらっと出てくるあのお方、大好き!(笑)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す