お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

A.I.ライジング

G
  • 字幕

ベオグラード国際映画祭5部門受賞!!各国の映画祭で絶賛のSF映画!!

宇宙飛行士と「奴隷のように言いなりの」美しいアンドロイドの、44年にわたる宇宙探査飛行―。世界が注目する若手クリエイターTOP20に選出された新鋭監督【Lazar Bodroza】、初長編映画作品!!映画祭でも数々の映画賞を受賞し、スーパーモデルのようなスレンダー・ボディを披露する、現役ポルノ女優【ストーヤ】!

詳細情報

原題
A.I. Rising
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
セルビア
対応端末
公開開始日
2019-11-06 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

A.I.ライジングの評価・レビュー

2.3
観た人
145
観たい人
214
  • 1.6

    まっちゃんさん2021/07/22 20:10

    なにしに行く探査やねん。
    44年もかかる探査にアンドロイドと人間1人って、、、宇宙船めちゃくそ暗いし。

    話しの流れ的に、アンドロイドに恋をした人間がアンドロイドを人間にするために、ソフトウェアをアンインストールしたけど、違った自我が目覚めてしまい絶望にくれていたが、ロボットも自分の気持ちに気付き感情を持ち始め、最後命懸けで自分を助けてくれた人間に、自分の本当の気持ちに気づくというもの。

    だけど、終始よくわからない映像表現と2人のセックスシーンと、アンドロイドの充電シーンが占めている作品でした。

  • 2.2

    叡福寺清子さん2021/06/05 20:37

    「フガフガッツフガフガフガカ」「なんだよ,延.何言ってんだかさっぱりだぞ.あぁ,口のボールが邪魔で喋れないのか.じゃあ下の口で喋ってみろよ」「フガフガフガガフッガ(もっと苛めてほしいけどご褒美もそろそろ欲しいんですがね.二人ともエッチ過ぎて愚息がどうにかなりそうっすぅぅぅ・・・・・・・・・・・・)」゙

    昨日はとても気持ち良い夜でした(オンネリとアンネリのおうちのレビューを読んでいただければ事情はわかります).こんばんわ三遊亭呼延灼です.

    反対に本作はとても気持ちの悪い作品でした.グロとかじゃなく,登場人物の思想というか発想とか心持ちが気持ち悪いくらいに頭おかしかったです.頭がおかしいというワードは,私的には褒め言葉ですが,本作の限っては本当に頭おかしくって気持ち悪かったです.
    そもそも行き過ぎた資本主義の反動で,チュチェ思想が支配的になるという設定からして頭おかしい.実際インターフェイスにハングル文字が垣間見えたわけですが,あの国の頭おかしい独裁者の末裔だったら英語表記・・・いや英語そのものを駆逐してるはず.その辺の中途半端も気持ち悪い.
    宇宙に活路を求めて巨大企業が送り出した宇宙船.搭乗員はベテラン飛行士と多機能女性アンドロイド.当然のように起動初日からおセッセに励みます.外見や音声はオレ得仕様だもん.おセッセしますよね,猿みたいに.でも,カウンセラー10%メンテ要員2%セックス80%みたく,使用目的の頻度を巨大企業に報告されるのはものすごい羞恥プレイだと思うの.
    その後いろんなことが起こって,ものすごくつまらない結末を迎えますが,何度も何度も抽象的な風景やアンドロイドさんの不可思議な行動が挿入されてつまらなさが加速されるもんですから,エンディングの頃には誰も真っ当に作品を観ていない状態.監督の意図が全く不明で,今度は観ているこちらが頭おかしくなりそうでした.
    なお,女性アンドロイドさんに,私の愚息が一度たりとも反応しなかった事だけは明言しておきます.私にも助平としての矜持がございます.

  • 2.1

    hasseさん2021/05/30 12:00

    演出2
    演技2
    脚本1
    撮影3
    照明3
    音楽3
    音響3
    インスピレーション1
    好み1

    『エクス・マキナ』に続けてAI物2本目。
    脚本にかなり無理がある。
    主人公は女性アンドロイドに恋をし、言われるがままではなく自立的に主人公を求めるようになってほしいと望む→だからソフトウェアを初期化。初期化したら任務の阻害要因となるセックスをアンドロイドが求めるはずがない、と少し考えれば分かるはず…。
    アンドロイドは、主人公の鬱の根本的な要因を治療する必要があると知る→自分が原因なので、自殺を図る。そんなことしたら、主人公はもっと鬱になっちゃう。それこそ自殺しかねない。アンドロイドの職務としてでいいから、彼を好きになってあげることが最善策だったのでは。きっとラストの大団円に持っていくためのステップなのだが、無理が際立つ内容だった。

    ストーリーや思想もすかすか(社会主義とか絡めないのか?)、利口のモードで出てくるワードがシュレディンガーの猫ってあたりも作り手のお里が知れるというか、何だか残念。

    エクスマキナを見た後だと特に、アンドロイドの造形や演技も含め終始内容が薄い印象だった。

    アンドロイドを演じたストーヤの美貌だけが燦然と輝いていた。

  • 2.5

    lalalalabombaさん2021/04/26 23:55

    Alが暴走するという日本映画をアマプラで観られるというので検索したら25時間以内に見放題になるということで関連作品のれを見てみた。

    設定や設定目的はどうでもよくて長旅を癒してくれる人工知能付きラブドールと2人きり。正確には1人と一台だが。

    結局おっさん仕事はほとんどせずにサックスばかりしてて設定通りじゃ飽きたらず、情動や欲求を感じたくてOSを削除したらやらせてくれなくなって鬱になってしまうというどうしようもないストーリー。

    だがスタイリッシュな映像と音楽と美形のロボットでなんとか保たせてくれた。

    これが昭和の南極越冬隊と一緒に行った南極一号の話だったらかなりグロい映画になったと思われる。

    どんな時代にも慰安婦は必要なのか???
    時々ハングル文字が現れるのは彼らのロビー活動の成果でしょうか。

  • 2.1

    ばずっとさん2021/04/18 07:25

    時間がたっぷりあると人間は、自分勝手に妄想し欲望を膨らませ、冷静にその結果を判断できなくなるのがよくわかった。
    今まで、あまり触れられなかった長期の宇宙旅行時の性的処理問題は新鮮やった。

  • 2.0

    Noriさん2021/04/04 23:00

    恒星間移動の長旅と性処理の問題。

    この問題を題材とした映画が、いつかは
    撮影されると思っていましたが、駄作。

  • 1.5

    ぴーとさん2021/03/25 11:30

    このおっさん…見た目は渋くてかっこいいかと思ったらまぁまぁの変態じゃないか。

    まぁ言いたいことはわからなくもないんですよ~…ただそれよりもとにかくセッ○スばっかりしてておっさんが気持ち悪く見えてくる…。
    というかそもそもなんの為に宇宙を旅しているのかわからなくなる…人間そっくりのアンドロイドのニマーニと旅をするおっさんの心理実験が目的だっけ?ってなってしまった…手段の為に目的を選ばず…みたいな。

    微乳のモデルさんみたいなニマーニの裸ばっかりでキレイなんだけど正直「もう裸はいいよ」って見飽きてしまった(女優さんには申し訳ないが)。
    というかこの女優さんていわゆるセクシー女優でそっちが本業なのか…そうか日本でもセクシー女優が主役の映画とかあるけどそういう系のやつだったのね…いろいろと納得。

    恥じらいもなく裸を見せる、スレンダーでオカッパ、アンドロイドというところからだろうけど『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の少佐を思い出した…もしかしたらモデルにしたのかもしれないな。

    セッ○スとエモい音楽と映像で眠気との戦いで実際の上映時間以上に長く感じる観る修行のような映画でした。
    あとポケモンショックに注意。

  • 3.0

    horsetailさん2021/03/24 23:01

    アンドロイドの製造元、〈Ederlezi Corporation〉に聞き覚えがあるな、とネットで検索すると〈Ederlezi〉 はゴラン・ブレゴヴィチの曲名=アルバム・タイトルでした。日本発売されたときに購入してよく聞いたアルバム。懐かしいなあ。YouTubeで簡単に視聴できるので、聴いた。〈Ederlezi〉 は、当時はわからなかったが、ロマ語で聖ゲオルギウスの日を意味するのそうだ。この映画のタイトルも元々は「Ederlezi Rising」だったとか。そんなこと知っても、映画の意味が変わって見えることも、感心することもないのだけれど。キリスト教文化圏のひとにはなにか響くものがあるのかもしれない。

  • 3.0

    涼さん2021/01/22 15:06

    スコア.レビュー見てB級作品なのは分かってたんですがアマプラで配信されてたんで興味本位で鑑賞。
    アルファ星に行くために宇宙飛行士はアンドロイドの女性と共に宇宙船で探査するというSF映画
    エデルレジ社のサイボーグは自分の好みのカスタマイズに変更でき端末さえあれば自分の思うままに行動する様に設定されていて早々に性的関係をする様になる。なんか前半はそういうベッドシーンばかりでこれといって印象的な部分はなく自分の命令で動くサイボーグとの関係も飽きてきたのでエデルレジ社の許可を無視し独自で改造してアンドロイドを人間のようにしたのはいいものの今度は自分の言う事に応えてくれなくなり改造した意味なくね(笑)と思いながらラストまで視聴。
    プラス評価つけるんだったら宇宙の映像はきれいでしたね😃

  • 2.9

    進藤タケスさん2021/01/18 23:25

    んー何だろ?
    ガジェット類もイマイチ。コード類が剥き出し過ぎ。アンドロイドが作れるレベルを考えて宇宙船や計器類をデザインすべき。
    4367光年行ける速度で航行してる感もなし。絶対光の速度より遅そう。何年かかんねん。SFで拘らなければない部分か欠け過ぎ。
    絶対一人でこなす仕事じゃない。クルー何人か必要。
    スキップしながら鑑賞。
    でも最後まで見ました。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す