お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

G
  • 吹替
  • 字幕

王(キング)の覚醒。

怪獣の研究・保護を目的とする秘密機関モナーク機関の基地を、謎の武装集団が襲撃。女性研究者のエマ・ラッセル博士と娘のマディソンが拉致される事件が発生する。モナークの芹沢は、拉致の原因はエマが研究を進めていたオルカ装置にあるとにらむ。それは怪獣と共鳴する音を発生させ、怪獣を操ることをも可能にする危険な装置だった。芹沢はかつてエマと共同でオルカ装置を研究し、夫でもあったマーク・ラッセルに助けを求める。誰よりもオルカ装置の恐ろしさを知るマークは悪用される前に、一刻も早く怪獣を死滅させるように訴える。しかし、時すでに遅し。異変を察知したゴジラが姿を現した。さらに中国からモスラ、カリブの火山からラドン、南極大陸からキングギドラが目を覚まし、世界各地を怪獣が蹂躙。怪獣同士が覇権争いのバトルを繰り広げる中、誘拐されたエマとマディソン、そしてオルカ装置の奪還に向けてモナークは動き出す。

※こちらの本編は、字幕でも吹き替えでもどちらでもお楽しみいただけます。

詳細情報

原題
Godzilla: King of the Monsters
関連情報
製作 メアリー・ペアレント:アレックス・ガルシア,トーマス・タル,ジョン・ジャシュニ,ブライアン・ロジャース,製作総指揮 ザック・シールズ:バリー・H・ウォルドマン,松岡宏泰,大田圭二,ダン・リン,ロイ・リー,坂野義光,奥平謙二,原案 マックス・ボレンスタイン:マイケル・ドハティ,ザック・シールズ,撮影 ローレンス・シャー:美術 スコット・チャンブリス:衣装 ルイーズ・ミンゲンバック:編集 ロジャー・バートン:リチャード・ピアソン,音楽 ベアー・マクレアリー:視覚効果監修 ギョーム・ロシェロン
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2019-12-18 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ファンタジー洋画ランキング

ゴジラ キング・オブ・モンスターズの評価・レビュー

3.8
観た人
33748
観たい人
14965
  • 3.4

    kaさん2021/04/19 04:00

    怪獣が生物感があってとてもかっこいい。
    吐き出す息が白かったり、質感とかCGでもリアル。
    特にキングギドラはかっこいいです。

    モスラは昆虫感をきっちり残してリデザインされてる。
    ゴジラはあの見た目に声はそのままだから違和感がある。

    人間と親和的な怪獣がいるから殺さないって普通にやばい思考だけど、怪獣を対決させる映画だから細かい事は気にしない!笑
    人間の作った機械で飼いならされるとか、うーんて感じだけど。

    家族愛みたいなのはいらなかった気がするなー
    そこまでストーリーに大きく絡んでくるわけでもないし、特に感動したり共感しない。
    そこ削ってもっと怪獣が暴れまわるのが見たかった。

    第一作でゴジラとともに死んだ芹沢博士が、今回は復活するためにまた犠牲になるというのは一作目へのオマージュか、リスペクトかな。

    モスラのテーマが流れたり、ハリウッドトカゲゴジにはない日本ゴジラへのリスペクトを感じました。

  • 3.7

    shawさん2021/04/18 22:11

    久しぶりにハリウッド超大作を見た。やっぱり本場の映画ってすごいです。飽きるところがひとつもない。

    でもやっぱ最初からいくつか細かいツッコミどころはあって、結構アホっぽい人が多い。現状のキープと、長い目で見てモンスターを解放するのとで迷うのは分かるけど、たまに"え、こいつ何やってんの"ってなる時がある。

    まあこの映画はひとつ、人間の危険さ、愚かしさを描くところもあるから間違ってない描き方だとは思うけど。

    でもアクションエンターテインメントとして半端ないくらい視覚効果がすごい。久しぶりに大興奮した。

    難しい映画を見た後には最高のご褒美。

  • 3.5

    oo2kさん2021/04/17 22:00

    ゴジラ、キングギドラ、モスラ、ラドン。
    何歳になってもワクワクする面子。
    いろいろ深く考えずに見るべし。

  • 4.5

    ペソペンさん2021/04/17 20:42

    モンスターバース3作目。ドハティ監督のゴジラ愛が感じられる作品でした。

    ゴジラ、キングギドラ、モスラ、ラドンが街を破壊しながら繰り広げるド迫力バトルは見応えありました。これは劇場の大画面で鑑賞したかったです。

    登場シーンは少なかったですが、オリジナル怪獣のベヒモスのデザインが個人的に好きでした。

    2014年のGODZILLAに続き芹沢博士役の渡辺謙さんが出演。ゴジラを「友」と呼ぶシーンは感動しました。ストレンジャー・シングスで馴染みのミリー・ボビー・ブラウンも出演してました。個人的にこれからの活躍が楽しみで注目している女優です。

    ゴジラは次作でキングコングと対決しますがキングギドラと後だとスケールダウンな気が…と心配になるほどキングギドラが強かったです。

  • 4.2

    あゆぼんさん2021/04/17 17:50

    2021年・26本目
    モンスターバース3作目。人間の手により目覚めてしまったキングギドラをゴジラと人類が迎え撃つ物語。怪獣たちがたくさん登場し、大迫力な映像に眼福。あらゆるところに日本へのリスペクトが感じられたのもよかった。だんだんと広がりを見せているモンスターバースがこれからどのような展開を見せるのかとても楽しみ。

  • 4.0

    ココマメさん2021/04/17 17:36

    2021 30本目。


    モスラにゴジラにキングギドラにラドンって燃えないワケが無く。
    怪獣達の美しさと神々しさに燃え萌えだが、人間ドラマ部分は要らんのでもうちょい怪獣バトル観せてって感じる(ー ー;)
    そしてゴジラさんはちょっとお太りなられた?

  • −−

    kinoooookoさん2021/04/17 17:00

    最高。楽しい。
    仕事が忙しくなるとこういう映画を見ている。ゴジラたちのめちゃくちゃな戦いの中わけわかんない状態で死んでしまったら意味わかんなくて楽しいかもな。むしろあの中なら死んでみてもいいかなーって気分。
    せっかくパラシュートで脱出したのにラドンについでみたいに食われるとか最悪だけど笑える。

    ところでモンスターたちのあまりに人間ルールに則った立ち振る舞いにかなり笑った。あと公開当時のネット上でのラドン熱を思い出しそりゃーあの盛り上がりになるなと思った。
    スマホで見たけどあの嵐突入シーンとかいちいちクラクラするくらいかっこよくてあがる画面がたくさんで、やっぱりちゃんとでかい映画館で見とけばよかった。

  • 3.8

    TxKxHxRさん2021/04/16 10:43

    「ガッジィイラ」ではなく「ゴジラ」!

    ハリウッド版ゴジラの中では最高の出来と思います。
    前作の2014年版もそうでしたが、
    今作もゴジラへのリスペクトやゴジラ愛が、設定・BGM等に色濃く表れているように感じます。
    できれば、映画館の大スクリーンで観たかったぁ・・・

    モンスターバース3作目となっていますが、この作品だけ単体で観ても楽しめると思います。

    キング・ギドラが最強すぎて、色んな意味でカッコよすぎです。

    いつかガイガンとジェット・ジャガー出てこないかなぁ・・・
    と、妄想に想いを馳せつつ
    来月のバース最終作に期待です!


  • 4.0

    シネラーさん2021/04/15 15:47

    劇場で2回鑑賞済み。
    『ゴジラVSコング』に備えて、
    円盤を取り出し再鑑賞。
    不満点はありつつも、好きな作品だ。

    怪獣シーンは最高と言っていい出来で、
    ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラ
    の登場シーンや対決シーンには惚れ惚れする。
    日本版のオマージュを感じられる
    演出もあり、前作同様に
    怪獣のキャラクターは大切に描かれている
    と思った。
    音楽も日本版でお馴染みの
    伊福部昭先生の「ゴジラのテーマ」や
    古関裕而先生の「モスラの歌」が
    劇中で奏でられており、
    怪獣とそのテーマ曲は切り離せないと思った。
    又、エンドクレジットの最後に
    中島春雄さんと坂野義光監督
    が追悼されている事も感慨深くなった。

    不満点としては、
    やはり人間ドラマ部分に関してだ。
    主人公達の家族ドラマは共感しづらく、
    そもそもの諸悪の根源である
    母親は全くもって理解できない。
    更にその娘を助けるという下りが
    終盤まで繰り広げられる為、
    そんな状況じゃないだろうと
    感じざるを得ない。
    又、オキシジェン・デストロイヤーの
    唐突な登場とその扱われ方は、
    不満の残るファンサービスだった。
    更に、前作にもあった安直な核兵器の
    使用が本作でもみられており、
    そこでも物語が大雑把である事を
    露呈していると思った。

    怪獣映画の主役は怪獣であり、
    その怪獣を引き立たせた上で
    物語を盛り上げるのが人間ドラマ
    の役割だと個人的には考えているが、
    本作の場合は怪獣達の魅力だけで
    押し通したような印象を受けた。
    只、前作、シン・ゴジラ、アニゴジと
    近年のゴジラで最も怪獣バトルを描いた
    事もあって、個人的には満足している。
    深く考える必要のない、
    贅沢に予算がつかわれた怪獣映画として
    観れる娯楽作だと思う。

  • −−

    yuumiさん2021/04/15 00:13

    ミリーちゃんのエル大好きだしアホなので何度か「あ、パワー使えないのか」状態に陥った、ミリーちゃん目当てで観たけど
    Mr.クラークも出てて笑っちゃった

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す