お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

夜のとばりの物語

G
  • 吹替
  • 字幕

夜のとばりが下りる頃、愛はその深さを試される。どれぐらい私が好き?

夜な夜な好奇心旺盛な少年と少女が、古い映画館で映写技師と共にお話を紡ぎ、6つの世界の主人公となります。その6つの短編作品を通して描かれるのは、愛のお話。呪われた人を愛した時、生贄として殺される少女を愛した時、愛の証に愛する者の命を奪わねばならない時、愛はその深さを試されるのです。

詳細情報

関連情報
音楽:クリスチャン・メイル
音声言語
フランス語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2010
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2020-01-22 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入2,200円~

キャンセル

アニメーション洋画ランキング

夜のとばりの物語の評価・レビュー

3.9
観た人
1196
観たい人
2406
  • 3.5

    ゾロさん2022/01/13 09:59

    夜のとばりが下りる頃、
    愛はその深さを試される。

    オムニバス形式による6つの愛の物語

    鮮やかな色彩の背景に異国情緒を感じる
    登場人物は、影絵を用いたシルエット

    15分程度のショ-トストーリーは
    伝聞したことがある神話や伝説のよう

    登場人物の即断即決が気持ち良い

    物語を盛り上げるための試練が多々あるが
    各主人公の対処法に随所で失笑してしまう

    主演の二人(男女)が決まっている事で
    展開、結末は既定路線に落ち着く

    納得いかねーなーって話もあるけど
    童話や寓話などで感じる矛盾と一緒

    始まってすぐに、電気消した
    物語よりも画を楽しみながら鑑賞

    鑑賞後に、ジャケットみながら
    ニヤリとして、こんな画を飾りたいなーって

    世界観が好きなので続編も楽しみ

    ミッシェル・オスロ監督作品は
    ”ディリリとパリの時間旅行”のみ
    観てるので他の作品も観たくなった

    本作もTLで知りました
    フィルマでフォローしてる方に
    本当に感謝!!

  • 4.0

    キャサリン子さん2021/12/25 08:37

    ミッシェル・オスロ監督による影絵アニメーション。
    6つの愛の物語を影絵で描いた、6編のショートストーリーです。
    キャッチコピーは、『夜のとばりが下りる頃、愛はその深さを試される』


    Yuiちゃんのオススメ☆
    目をみはるような美しい映像と独特なストーリー。
    「部屋を真っ暗にして観るのがおすすめ」と書かれていたので、そのようにして鑑賞しました。

    ひたすら美しかった…。
    濃い色と淡い色のコントラスト、夜の帳が下りる頃の青から蒼へのグラデーション、時折見せるキラキラとしたまばゆい光…
    圧倒的な映像美はまるで魔法のよう。


    カラフルな色彩が好きな方や、ポスター画を見てキレイだなと感じた方は、ぜひ。



  • 4.0

    yuzさん2021/12/24 16:44

    色合いが美しい
    けれど、切なさや物悲しい雰囲気が感じられる世界観にハマる
    短いお話のひとつひとつも、
    なんとも言えないストーリー
    素敵、だけど少し怖い、切ない
    いちばんは、不思議

  • 5.0

    里美さん2021/12/10 21:26

    前にプリンス&プリンセスを見て面白かったから気になってこっちも見た!やっぱりいい!話は単純だけど、絵とか雰囲気に飲み込まれて面白い!あとフランス語ってのがいい。

  • 3.7

    kさん2021/12/03 00:52

    全編影絵で登場人物はみんな黒、背景はいろんな色で曼陀羅や草花の繊細な切り絵みたいでとても綺麗だった
    オムニバスで見やすい

  • 3.9

    Yuiさん2021/11/30 20:33

    『ディリリとパリの時間旅行』の鬼才、ミッシェル・オスロ監督が光と影と独特な色彩美で紡ぐ6つの愛の物語。

    アニメーション映画は本当に色んな手法を観ているのが楽しくてよく観る方なんだけど、ミッシェル・オスロ監督の作品も個性的で好きだな~。比べる必要もないのですが、漫画アニメと違ってアニメーション映画って映像がもう芸術なんですよね。想像力や感性が豊かになりそうなこういうアニメーションも流行ればいいのにと思う。

    部屋を真っ暗にして観るのをオススメしたくなる、暗闇に浮かぶ美しい色。影絵のような切り絵のような、光と影、色彩美に魅入ってしまう。オムニバス形式の大人の紙芝居って感じ。

    大胆に色を使ったと思ったら、自然を描く細さに衝撃!質感も不思議で、色んな所を観てしまう。平面なのに奥行きがあって、魔法みたい。ビビッドカラーや淡い色、グラデーションや同系色、どんな色もケンカしなくて本当に綺麗。

    独特の映像美が他に類を見ないので、この監督さんの作品は制覇したいです。

    絵が美しすぎるので+0.1

    西島秀俊が吹替えしてるのですが、予想外に良かったので吹替えオススメです🙆‍♀️吹替えにしてアニメーションにうっとりして下さい💖


    2021-442

  • 3.9

    Nealさん2021/11/26 13:12

    〜夜中に部屋を暗くして観ましょう〜

    平面だけなのにその世界が広がってみえる表現力、アニメーションとしてだけでなく一つの芸術作品として鑑賞できる。

    部屋にこの絵飾りたいかも。

  • 4.2

    しょこさん2021/11/21 19:15

    なんて素敵な、大人のおとぎ話。
    終始、美しい切り絵の数々にうっとりしてしまう。肝心の中身としては6つの短編で構成される映画となっている。

    ①狼男
    ②ティジャンと瓜二つ姫
    ③黄金の都と選ばれし者
    ④タムタム少年
    ⑤嘘をつかなかった若者
    ⑥鹿になった娘と建築家の息子

    ティジャンと瓜二つ姫が1番お気に入りだった。
    本編再生中、原語であるフランス語版で見た時に演劇の始まり時、掛け声を合わせる歳の

    「「Oui〜!!」」

    が個人的にドツボでした。
    この陽気さは海外ならではだな、と。

    オススメされてかなり時間が経っていたが、
    もっと早くに見ればよかった。

  • 3.6

    大粒牡蠣さん2021/11/11 12:39

    影絵アニメーション6話入り。各話のつなぎにちょこっと映るフクロウが良い。ホーホー
    キリクと魔女に似た雰囲気の「タムタム少年」が好きだったのと「嘘をつかなかった若者」の曼荼羅が素晴らしくてテンション上がった

    おとぎ話や童話において、兄姉が弟妹に比べて悪い役回りにされがちなのって何か謂れがあるのだろうか

  • 4.0

    ゆいさん2021/11/10 14:17

    夜寝る前に夢中で見入っちゃって全然眠れなくなった 一つ一つの物語も、アニメーションも音楽も壮大で夢みたい 映画館で見たかった…

    狼男: 満月の夜が最高に綺麗
    ティ・ジャンと瓜ふたつ姫: 空腹の敵を食べ物で懐柔する作戦 情けは人の為ならず
    アフリカ: 合唱に圧倒される
    タムタム少年: ダンス
    嘘をつかなかった若者: チベットの曼荼羅も空の色も好き こういうどちらかの命を選ぶみたいな話マジでつらくて嫌
    鹿になった娘と建築家の息子: 洞窟がタイの寺院みたいな色(中世ヨーロッパの話だけど)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました