お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

友罪

G

心を許した友は、あの少年Aだった。

ある町工場で働き始めた、元週刊誌ジャーナリストの益田と、自らの経歴を一切語らない鈴木。年齢以外共通点は何もないふたりだが、同じ寮で暮らすうちに友情を育んでゆく。そんな中児童殺害事件が起こり、17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が囁かれる。当時14歳だった犯人の少年Aはすでに出所していて、今度も彼の犯行ではないかというのだ。ネットに拡散していた少年Aの写真を見た益田は愕然とする。そこに鈴木によく似た少年が写っていた。驚きと疑問に突き動かされ、調査を始める益田。それは、17年前に犯した”自の罪”と向き合うことでもあった。一度は、人生を捨てた二人の過去と現在が交錯し、止まっていた時計が激しく動き始める。それはまた、二人にかかわる人々の人生も大きく動かすことになるー。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-02-05 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー邦画ランキング

友罪の評価・レビュー

3.2
観た人
24595
観たい人
24921
  • 3.1

    ayanaさん2021/09/20 17:13

    全体的に暗すぎて病んだ、、

    罪の重みに違いがあれど
    何かしら、誰もがそれぞれの闇を抱えつつも、
    うまく折り合いつけて生きてるんだなと
    なんか考えさせられた

    私もいちいち病むのやめよっ

  • 4.2

    シンシンさん2021/09/20 01:48

    個人的にはすごい面白かった
    出演者が豪華で皆さん演技ハマってて良かった
    終始重たい雰囲気ですが、見る価値ありです!

    普段目にしている事件事故のニュースのその後の加害者や被害者の家族や身の回りのリアルを見る事ができます。
    命の重さやそれを奪う事がいかに許されない事かをリアルに叩きつけられた衝撃があります。

    元ネタは少年A?
    その事件を軽く調べてから見るとよりこの映画にのめり込んで観る事が出来ると思います。

  • 3.2

    づかしさん2021/09/19 08:59

    「償いきれない罪を犯してしまった。」

    少年期に罪を背負った二人の物語。
    罪悪感は消えることなく、人生を蝕んでいく。それがどれほどの“罪“であるかを問わず。

    犯罪者に対する世間からの評価がよく描かれていて、清美(山本美月)セリフの節々には、どこか犯罪者はどこまでいっても犯罪者なのだ、といった見方が感じられた一方、

    作品としてはむしろ、贖罪を終えた人々がどう生きていくのかに焦点を当てていて、
    監督の少年法などに対する意見・立場は分かりませんが、『赦し』を描いた作品であったように思います。

    たとえ無罪であっても、逮捕されなくても、「罪悪感が身を滅ぼす」というのはドストエフスキーの『罪と罰』でも描かれていることですが、もし仮に全くそれを感じない人がいるのならば、と考えさせられてしまう問題かと思います。

    私個人としては、少年犯罪に対する日本の司法のあり方に賛同しかねるため、あまり感じられたものは多くありませんでした。

  • 3.2

    だよさん2021/09/18 17:19

    考えさせられる映画
    瑛太の演技が凄すぎる
    ずっと目に心がない感じがリアル
    本当の少年Aも改心してるのかな?

  • 3.3

    のすけさん2021/09/18 05:25

    んー、悪くはないのだが、もっと良い映画にできたのではないかと感じる。
    佐藤さんの物語はいらなくないか?繋がりがないような。
    罪の重さを伝えたかったのかもしれないが、友の罪ではないし違和感。
    結構良い感じで進んでいたのに、ラストがパッとしなくて残念。

  • 2.4

    まおさん2021/09/17 02:36

    暗いし重かった…
    軸となる人間が多すぎて、
    主役の2人だけでよかった気がする

    生田斗真の
    じゃあねと勝手にすればが一番ずっしりきた。
    瑛太演技うますぎ。。

  • 3.4

    hyggeさん2021/09/16 15:23

    ジャーナリストの夢を諦めて町工場で働き始めた益田は、同じ時期に入社した鈴木と出会う。
    無口で影のある鈴木は周囲との交流を避けている様子だったが、同じ年の益田とは少しずつ打ち解けていく。
    しかしある出来事をきっかけに、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人なのではないかと疑いを抱くようになる。

  • 3.5

    牡馬三冠さん2021/09/16 00:28

    胸糞悪りぃ映画だった。
    あの事件にそっくり。
    物語としては面白い。

    人殺した奴もいじめる奴も人の人生面白がるマスコミも後輩いじめるやつも女苦しめるやつもいて、
    いやーなものの縮図だった。そんな奴らが表を歩けなくなるようになればいいのになぁー。

  • 3.5

    しんちゃんさん2021/09/15 15:54

    全体的に重い映画。

    でも嫌いじゃないなあ、こういうジャンル。
    リアリティがあって演技がすごかった。

  • 3.6

    にゃん吉さん2021/09/15 15:12

    邦画らしい。終始重いです。
    考えさせられました。観て良かったです。
    瑛太の演技力が光っていますね。佐藤浩市さんも。
    私は親の立場でもあるので、父親の方にも感情移入してしまい、辛かった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す