お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

友罪

G

心を許した友は、あの少年Aだった。

ある町工場で働き始めた、元週刊誌ジャーナリストの益田と、自らの経歴を一切語らない鈴木。年齢以外共通点は何もないふたりだが、同じ寮で暮らすうちに友情を育んでゆく。そんな中児童殺害事件が起こり、17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が囁かれる。当時14歳だった犯人の少年Aはすでに出所していて、今度も彼の犯行ではないかというのだ。ネットに拡散していた少年Aの写真を見た益田は愕然とする。そこに鈴木によく似た少年が写っていた。驚きと疑問に突き動かされ、調査を始める益田。それは、17年前に犯した”自の罪”と向き合うことでもあった。一度は、人生を捨てた二人の過去と現在が交錯し、止まっていた時計が激しく動き始める。それはまた、二人にかかわる人々の人生も大きく動かすことになるー。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-02-05 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー邦画ランキング

友罪の評価・レビュー

3.2
観た人
22934
観たい人
24460
  • −−

    佳さん2021/06/19 21:01

    瑛太の怪演に驚いた。ああいう喋り方ってお芝居でできるものなんだ、元々あの喋り方なのかと思うくらい自然に不自然だった。

    少年犯罪よりも、遺族の話の方が中心に思えた。
    山内さん家族や、最初の場面で出てきた現在起きている子供の死などは、青柳の事件と直接関わりはない(よね?)けれど、事件に関わった人たち=加害者の家族、被害者の遺族 の様子がばらばらに描かれていたように思えた。

    青柳が子供の頃事件を起こした背景や、今何を感じているかなど、あまり詳しく裏側が描かれなかったように思う。原作ではそのあたりに触れているのか、それとも話自体が青柳の背景とかじゃなく今を描いているものだからあえてそこは触れないのか…とりあえず映画では後者だと思った。
    いいのか悪いのかはわからないが、ちょっと青柳の背景が薄いな、と思う気持ちもあり、でもそれより今に重きを置いた話なんだろうなと思ったり、、という感じ。

  • 3.9

    rinorinoさん2021/06/19 17:39

    罪を犯した人と家族のその後、報道、社会のあり方を考える上で意義のある作品だと思った
    実際に難しい問題だと思うし、色々考えさせられて少しもやもやした

  • 4.5

    レントゲンさん2021/06/17 15:23

    加害者側視点の映画。

    益田が鈴木に言った「お前は自分のことばっかだな」というセリフが印象的だった。

    以前に、重犯罪を犯した人達が入る刑務所のドキュメンタリー番組を観た時に、
    受刑者が「被害者に対して申し訳なかったって思ってる人はほとんどいませんよ」と発言していて衝撃を受けたことを思い出した。
    反省してる人も中にはいるんだろうけど、自分がどう生きるか、どういう感情を持ったらいいのか、結局相手のことまで考えることが出来ない人達が多いんだろうなと思った。

  • 3.0

    てやんさん2021/06/16 11:46

    41
    罪を犯した人間の生き方、償い方、考え方、罪を犯した人間との関わり方、そういうことを描きたかったのだろうけど、少し詰め込みすぎかなあと思ってしまった。鈴木くんと益田くんが心を許せるほど仲が良かったのか?と思ってしまうほど、掻い摘んで話を作った感。役者陣が最高だったからこそもったいなく感じてしまったな。。。瑛太のお芝居すごい、特に最後、惹き込まれて周りの音が何も聞こえなくなった。すごいなあ。

  • 3.2

    bluemercenaryさん2021/06/15 11:24

    益田、鈴木、山内、美代子・・・・過去に罪を犯した人間、間接的に加担した人間、係わった人間、被害者である人間。
    誰もが出口が見えない、解らない。
    立ち直れる術が見えない、あっても挫かれる。
    過去に向き合って、朧げに見える光を求めて、恐らくはもがきながら必死で生きていく・・・これが現実の姿。

    伝えたい事は十二分に解るけれど、余りに詰め込んでるし、余りにも殺伐としすぎ。
    誰も救われないエンディングは重すぎて息苦しさを感じてしまった。
    この作品こそ「64」みたいに前後編に別ければ良かったのに。

  • 3.5

    るさん2021/06/15 03:42

    演技がひたすらに良すぎて、逆に内容に『???』ってなるところがあったのが悔しかった、、
    めちゃくちゃ一人一人の物語とかが良くて移入がすごかったのですが、その分『ええ、なら余計絶対そんな動きしいひんでしょ、、』とか『そこでその言葉が出てくるのか、、』とか言うのが少し多かったように感じてしまいます、
    あとは、2人の関係性があってこその話なのにそこまでの仲をわたしは感じられなくて、けどこの距離感がむしろいいのか?とかちょっといろいろ考えさせられました

  • −−

    1999さん2021/06/14 08:02

    重い、重いぞ。
    瑛太の演技良かった。
    これからふたりはどうなってしまうんだろう。
    どうして、そこまでして生かしておきたいと思うのだろう。
    そこらへんが、瑛太への思いが少し描きが甘くてラストは偽善だとすら感じてしまった。

  • 4.0

    うずらさん2021/06/13 19:29

    たとえ刑法に触れていなくとも、生きていく上で、「贖罪の意識」を抱えずに生きている大人なんているのだろうか?
    自分のやってきた事全てが正しく、誰にも恨まれておらず、誰も傷付けておらず、真っ当で清く美しく生きてきた、なんて思っている人が?果たして?居るのだろうか?
    きっとそんな人は少数で、そしてこの映画を見る中でどこか共感する人は多いだろう。誰しもが十字架を背負っていて、けれど歩みを止められない。そんな業のようなものが描かれている。

  • 3.5

    muさん2021/06/13 17:19

    罪を償って更生したら人生のリスタートと
    とも思うが、自分が当事者だったら許す事はできないだろうというどうにも出口の見えない問題だが、このストーリーでは最後救いがあってよかった。

  • 3.5

    ほしさん2021/06/13 16:18

    重い重いグロい辛い。
    でも 見て後悔はない。

    瑛太の演技がすごい。今にも壊れそう。
    ずっと怖い。

    被害者と加害者と。
    イジメが無くなる世の中になって欲しい。
    それだけ。
    苦しいので終わり。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す